メンチカツとミックスジュースとコーンスープ 12/6

今日は、キャベツ入りメンチカツとコーンスープとミックスジュースを作りましょう。

ミックスジュースに入れるバナナの皮をむいて、小さくして袋に入れて、冷蔵庫で凍らせました。

メンチカツ作り。キャベツと玉ねぎを粗みじん切りにしました。

切ったキャベツと玉ねぎをボールに入れて塩を加えて混ぜました。

そこに、豚ひき肉、パン粉、片栗粉、卵を入れて、よく混ぜました。

衣の材料をボールに加えて混ぜて用意して、こばん型に丸めて形を整えました。

ソースやマヨネーズを使って、ソース作りもしました。

衣をつけてパン粉をたっぷりとつけて、揚げました。

コーンスープ作り。玉ねぎをみじん切りにして、鍋にバターを入れて、塩を加えて炒めました。

じゃがいもの皮をむいて、小さく切って、電子レンジで加熱しやわらかくしておいて、鍋に入れました。

コーンクリームタイプ、牛乳、水を加えて、チキンコンソメも加えて、塩少々で調味してブレンダーで混ぜて煮込んで、コーンスープできあがり。

ミックスジュース作り。ミキサーに、牛乳、桃・みかん・パイン、さっき凍らせたバナナ、砂糖を入れて、よく混ぜて、ミックスジュースのできあがり。

キャベツ入りメンチカツ、コーンスープ、ミックスジュース、上手に出来ました。いただきま~す。

次回メニュー

キャベツ入りメンチカツ

コーンスープ

ミックスジュース

ピンチョス風ロールサンドとオニオングラタンスープ 11/22

今日は、ピンチョス風ロールサンドとオニオングラタンスープを作りましょう。

ロールサンドに使う、きゅうりを板ずりしました。

バナナ、トマト、キュウリを切りました。

カスタードクリームと、ツナとコーンとマヨネーズを混ぜたものも用意して。

ラップを敷いてサンドウィッチ用の食パンをのせて、具を広げてくるくるとまいて、ラップでしばらく固定していきました。

ラップをはずして、3等分に切り分けて、それぞれのトッピングに串を刺してロールサンドが広がらないように、巻き始め、巻き終わりに刺し込んでいきました。

ピンチョス風ロールサンド、できあがり。

オニオングラタンスープを作り。たまねぎをみじん切りにして、フライパンにバターを敷いて、玉ねぎをきつね色になるまで炒めました。

たまねぎの色が変わったら、水、コンソメ、しょうゆを加え煮詰めていきました。器に入れて、バゲットとチーズを入れて、オーブンで焼きましょう。

ピンチョス風ロールサンドとオニオングラタンスープ、いただきま~す。

ピンチョス風ロールサンドとオニオングラタンスープ 11/11

今日は、ピンチョス風ロールサンドとオニオングラタンスープを作りましょう。

ロールサンドに使う、きゅうりを板ずりしました。

ロールサンドに使う、カスタードクリーム作り。卵黄に、牛乳、砂糖、生クリームを計量して入れて。

薄力粉も加えて、よく混ぜました。

カスタードクリーム、出来ました。

バナナ、ミニトマト、ソーセージも切って、ツナマヨコーンロールサンド用に、ツナ、コーン、マヨネーズ、塩を混ぜて。

 ソーセージは、炒めました。

ラップを敷いてサンドウィッチ用の食パンをのせて、具を広げてくるくるとまいて、ラップでしばらく固定しておきました。

ラップをはずし3等分に切り分けて、それぞれのトッピングに串を刺してロールサンドが広がらないように、巻き始め、巻き終わりに刺し込んで、ピンチョス風ロールサンド、できあがり。

オニオングラタンスープ作り。オニオングラタンスープに入れるバゲットを切って、玉ねぎを薄切りにして。

フライパンにバターを敷いて、玉ねぎをきつね色になるまで炒めたら、水、コンソメ、しょうゆを加え煮詰めていきました。

器にに適当な大きさのバゲットを入れて、オニオンスープを流し入れ、チーズを散らしました。オーブンで、焼き目が付くまで焼きましょう。

ピンチョス風ロールサンドとオニオングラタンスープ、上手に出来ました。

いただま~す。

次回メニュー

ピンチョス風ロールサンド

オニオングラタンスープ

やさいたっぷりの担々麺とクッキー 11/8

今日は、やさいたっぷりの担々麺とクッキーを作りましょう。

担々麺のスープ作り。野菜を大きめにちぎって、しょうがとにんにくは、すりおろしてます。

熱したフライパンにゴマ油を敷いて、豚ひき肉を炒めています。色がかわったら、しょうがとにんにくのすりおろし、大きめにちぎった野菜を加えて、炒めていきました。

しんなりしてきてから、ウェイパー、味噌、水1400ccを加えて煮立たせて、白ねりごまを加えて、辛味調味料を少しずつ加えて味をととのえていきました。

担々麺のスープ、できあがって、麺もゆがけました。

クッキー作り。無塩バターを、小さく切っておいて、ボールに無塩バターを入れて、薄力粉、砂糖を加えて、指先でバターを潰しながら、すり潰していきました。

卵黄1個分を入れて混ぜ合わせ1つに丸めて、打ち粉をして、麺棒で伸ばしました。

型抜きをして、クッキングシートを敷いた上に並べていきました。

さあ、オーブンで焼きましょう。

上手に焼けました。

やさいたっぷりの担々麺とクッキー、いただきま~す。

やさいたっぷりの担々麺とクッキー 11/4

今日は、やさいたっぷりの担々麺とクッキーを作ります。

担々麺作り。まず野菜をザク切りにして、しょうがとにんにくを、すりおろしました。

熱したフライパンにゴマ油を敷いて、豚ひき肉を色がかわるまで炒めました。

色がかわってから、ザク切りにした野菜を加えて、すりおろした、しょうがとにんにくも一緒に炒めていきました。

野菜がしんなりしてきてから、ウェイパー、味噌、水を加えて煮立たせて、白ねりごま、辛味調味料を少しずつ加えて味をととのえて、スープのできあがり。

クッキー作り。小さく切った無塩バターと、薄力粉と砂糖を加えて、指先でバターを潰しながら、すり潰して、卵黄1個を入れて混ぜ合わせました。

よく混ぜ合わせて、1つに丸めました。

麺棒で伸ばして型を抜いて、クッキングシートを敷いた上に並べていきました。

さあ、これを温めておいたオーブンで焼きましょう。

クッキーを焼いているあいだに、中華麺をゆでて、ラーメン鉢に盛りつけて、やさいたっぷりのたんたんスープをかけて、やさいたっぷりの担々麺、できあがり。

上手にクッキーも焼けました。

やさいたっぷりの担々麺とクッキー、いただきま~す。

 

 

 

次回メニュー

やさいたっぷりの担々麺

クッキー

かぼちゃプリンとロコモコ丼 10/29

今日は、かぼちゃプリンとロコモコ丼です。

まずはお米を計量して、とぎました。

玉ねぎをみじん切りにし、油を敷いたフライパンで塩少々して、炒めました。

ロコモコ丼に使う、ハンバーグ作り。ミンチに、塩を加え粘り気が出るまでよく捏ねて、炒めた玉ねぎ、水切り豆腐、パン粉、卵、ナツメグ、コショウを入れて、よく混ぜ合わせて。

よく混ざったら、ふっくらとした、小判型にしました。

フライパンに油を敷して、強火で両面を焼き、色を付けて、弱火にして、水をふりかけて蓋をして弱火で蒸し焼きにしました。ハンバーグ出来上がりました。

フライパンに油を敷き、ハム、卵を割り入れて目玉焼きも作りました。

てりやきソース作り。しょうゆ、清酒、砂糖、みりんを火にかけ、とろっとするまで火にかけました。

御飯も炊けて、これで、ロコモコ丼の用意出来ました。

かぼちゃプリン作り。電子レンジでやわらかくしておいたかぼちゃを、うらごしして、卵、砂糖、ラム酒を入れてよく混ぜ合わせて、牛乳、生クリームを少しずつ加えて混ぜ合わせました。

カラメルソースが入ったココット皿に、作ったかぼちゃソースを注ぎ入れて、さあ、オーブンで蒸し焼きにしましょう。

かぼちゃプリンを焼いているあいだに、ロコモコ丼を盛り付けて。

ロコモコ丼、いただきま~す。

かぼちゃプリン、上手に焼けました。冷蔵庫で冷やしてから、かぼちゃの皮で顔を作りました。

かぼちゃプリン、いただきま~す。

かぼちゃプリンとロコモコ丼 10/25

今日は、かぼちゃプリンとロコモコ丼を作ります。

まず、お米を計量して、洗いました。

ロコモコ丼のために、フライパンに油を敷き、ハム、卵を割り入れて目玉焼きを作りました。そしてハンバーグのための玉ねぎのみじん切り。

みじん切りにした玉ねぎを、油を敷いたフライパンで塩少々し、しんなりするまで炒めました。

合挽肉に塩を加えて、粘り気が出るまでよく捏ねてから、炒めた玉ねぎ、水切り豆腐、パン粉、卵、ナツメグ入れて、コショウをふって手早くよく混ぜ合わせました。

全体によく混ざったら、小判型にして並べて、熱したフライパンに油を敷いて、強火で焼いて、焼き色が付いたら弱火にして、水をふりかけて蓋をして蒸し焼きにしました。

しょうゆ、清酒、砂糖、みりんで、てりやきソースも作りました。御飯も炊けて、ロコモコ丼の準備は整いました。

かぼちゃプリン作り。電子レンジでやわらかくしておいたかぼちゃを、うらごしして、ボールに入れて、卵、砂糖、ラム酒を入れてよく混ぜ合わせ、牛乳、生クリームを少しずつ加えてよく混ぜ合わせました。

次に、カラメルソースが入ったココット皿に、作ったかぼちゃソースを注ぎ入れて、お湯をはった天板に並べて、オーブンで蒸し焼きにしましょう。

上手に焼けました。かぼちゃの皮で顔も作りました。

御飯をよそって、その上に作った目玉焼き、ハンバーグ、そして、てりやきソースもかけて、ロコモコ丼をいただきま~す。

かぼちゃプリンは、もう少し冷蔵庫で冷やして、冷たくしてから食べましょう。