日本の男子、400メートルリレーの銀メダル、おめでとうございます(アンダーハンドパスに関連して)

リオデジャネイロオリンピックの後半戦、日本の男子4人(山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥)が400メートルリレーにおいて準決勝を1位通過したばかりでなく、決勝戦においてもウサイン・ボルトが引っ張る陸上王国ジャマイカに次いでの第2位、信じられない思いです。

なるほど、日本チームが今までになく100メートル10秒0○台の選手をそろえたと言っても、(バトンタッチの成功・失敗に関係なく)アメリカを上回るとは、ちょっとでも陸上に関心のある方なら、到底予想できなかった事実ではないでしょうか。なにはともあれ、誠におめでとうございます。

さて、陸上競技においては画期的な技術改革がなされたこともありました。典型的な例は、走高跳びの背面跳びです。(自分たちの時代はベリーロールでした。バーを跳び越すときは、言わば、うつ伏せの状態で跳んでいたものです)それをベリーロールでは芽の出なかったアメリカのフォスベリーという若者が遊び半分試したところ、彼にはこの跳び方がぴったりはまったのでしょう。陸上競技に限れば、これ以外の大改革はなかったのではないでしょうか。

さて、今回、日本チームが銀メダルを獲得した最大の要因はアンダーハンドパスにあったと言われています。このパスは背面跳びのような奇想天外な技術ではありません。小さな改善であろうかと思います。しかし、塵も積もれば山となるとか、一滴の水が岩をもうがつように、コツコツ積み重ねたリーダーたちの信念とこれを信じた選手たちたゆまぬ練習によって見事大輪の花を咲かせたのでしょう。

広野幼稚園はちょっとした改革が大好きな幼稚園です。今回の日本チームの小さな改革を参考に、在籍する子どもたちのため環境や保育の面で小さな改革を続けていきたいと思っています。
このバトンの渡し方は背面跳びのような派手さはなくとも、小さな技術革新です。日本チームは2000年頃から取り組んできたと聞きましたが、その効果が知られはじめたのが、2008年の北京オリンピック、確か、1チームがバトンタッチで失敗したため、日本チームは奇跡の銅メダルを獲得、その頃から少しずつ、脚光を浴びはじめたのではないでしょうか。

もちろん、その当時このような方法があるとはまったく知りませんでした。
すぐにこの競技の第一人者に躍り出たのみならず、今のご時世では、誰ひとりベリーロールを顧みることはなくなったのでした。

それでも、技術的な難しさもあるのでしょうか、アンダーハンドパスを採用する国はありませんでした。オーバーハンドパスに比べれば、さほど差がないばかりか、バトンタッチの難しさもあるのでしょうか。今にして言えることは、日本陸上チームをリードした方々のすばらしい英断があったからのメダル獲得であったのでしょう。

 

保育バカ

あをによし 奈良の都は咲く花の…

8月17日・18日、毎年恒例のききょう一泊研修に小学生50人が行ってまいりました。

お盆休み中(?)のお父さまも多く、たくさんの笑顔に見送っていただきながらのスタートです。

最初に訪れた橿原市昆虫館では、まず生き物タイムトンネルをくぐります。

その先には昆虫大爆発!どこを見ても大歓声です。

昆虫になった気分を体験したり、放蝶温室ではきれいな花のまわりをひらひらと飛ぶ蝶を目の前で見て感動したりと、命の大切さや自然の素晴らしさを肌で感じることができました。

お母さんのお弁当で尚一層パワーアップ!

 

s-DSCF6298  s-DSCF6308

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCF6347    s-DSCF6349

 

 

 

 

 

 

 

 

次に訪れたのは橿原市立こども科学館です。「すごい」のとびらをあけにいこう のことば通りキュリー、ニュートン、ガリレオ先生たちが楽しい科学の世界へと誘なってくれます。実際に触って試してみていいものばかりなのでこども達の好奇心も探求心も満たされます。

実験を熱心に見る子もいれば、館内全制覇を目指す子も…

不思議で楽しい科学の世界に大満足したようです。

s-DSCF6377s-DSCF6370

 

 

 

 

 

 

 

 

二日目は朝の散歩から始まり… ついでにラジオ体操まで。

お世話になった太鼓判 花夢・花夢さまに見送っていただいた後すぐ近くの金峯山寺蔵王堂に立ち寄りました。数年前に園長先生が教えてくださったここは、世界遺産でもあり子ども達にぜひ紹介したい、素晴らしいお寺です。みんなで手を合わせて旅の無事を祈ってきました。

そして… 大滝ダム学べる防災ステーションでは豪雨体験に挑戦しました。長靴をはき、カッパを着て…いざ!!

s-無題

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな自然災害や自分達が住んでいる所の地形を知るいい機会になりました。

最後の目的地は明日香村です。石舞台古墳の大きさにびっくりした子ども達ですが、石室の中に入ると大きな石がうまく積み上げられていることに感心したり、差し込む光に何となく違う空間、空気を感じているようでもありました。

レストランあすか野さんで、おいしいお昼ごはんをいただき帰路に着いたのでした。

 

二日間、お世話になった皆さま、ありがとうございました。お陰さまで子ども達にとって中身の濃い充実した時間になったことと感謝しています。

ご両親から離れて過ごしたこの経験は、子ども達の「これから」にきっとどこかで生きていくだろうと信じています。背中を押してくださったお父さま、お母さま、ありがとうございました。

追伸 この日の深夜、史上初の金メダルを決めたバドミントン女子ダブルスの高橋礼華選手は橿原市出身だったのです!

タカ・マツペア、本当におめでとうございます

 

乗り気コラム

安全安心を

晩夏とはいえ、まだ厳しい暑さが続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、「朝日新聞社の記者が東京から」という

園長先生のブログ(8月2日)に記載されていました

Iくんのお母様にお時間を頂き

ご家庭で取り組まれている安全について

お話しを聞かせて頂きました。

というのも取材された朝日新聞社の記者の方から

Iくんのご家庭での安全面に対する意識が高いという

お話しを伺い、ぜひ私達もIくんのお母様からお話しを

聞かせて頂こうということになったのです。

もちろん皆さまも安全に気を使われていると思いますが、

お話しを聞くなかで、地震時、物が倒れた時の

空間を考えて配置する。

また子ども目線になって部屋の中を見上げて見て

危険個所はないかと考えるなど普段から安全面に

気を気張られていることを感じました。

お話しする中で介護用品が、子どもたちにとっても

自主性を促す用品であることも学ぶことができました。

例えばゆり組にあるトイレのブザーの設置や

バス線ごとに降園時に流す曲であったりと

広野では子どもの自主性が育つ手立てを考え

行っています。

助けることばかりではなく、

子どもの自主性が育つ物として

広野の保育に活躍するツールが

また一つできたように思います。

Iくんのお母様貴重なお時間を頂き

ありがとうございました。

今後より安全・自主性を育つ環境の改善を心がけて

行こうと思います。

ストロベリー

ききょうサマースクール

今日は8人の小学生の子どもたちが来てくれました♪

 

午前中は南ガレージで卓球をしたり、講堂でドッヂボールをしたりと、身体を動かして遊びました。

午後からは”塩絵”を行いました。

砂絵のように画用紙に貼って絵を描いていくのですが、塩には色がありません。そこで、コンテを削って小袋に入れて振り、鮮やかな色を付けました。

その色付きの塩を、すきな形に両面テープを貼った画用紙に振りかけてきました。

塩に色が付くことがおもしろく、絵を描くことだけではなく、「実験中…」と言って混色も楽しんでいましたよ♪

IMG_3141

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3142

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3143

 

 

 

 

 

 

 

完成した作品はこちら♪

IMG_3144

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの個性や性格が出ていました!

 

明日は何をするのかな?♪

 

 

 

Laugh Sketch

 

 

 

 

半年後のお楽しみに(3歳児、満3歳児)

広野幼稚園では10数年前から3歳児を対象として”写真で見るクラス便り”(旧名、いたずらっこげんきっこ、現在名、思い出)を12か月に渡り、月末にお渡ししています。始めた当時は非常に好評だったのですが、今の評価はいかがなのでしょうか。

このお持ち帰りにつきまして、7月からお子さま自らがラップの芯の内側に入れることにいたしました。折り目のないB4版の画像プリントを受け取り、自らがくるくると丸め、ラップの芯に入れることになり、何回かの練習であっさりとこの技術をマスターされ、すっきりした形で保護者のもとに届けることができるようになりました。一つの進歩と言えましょう。

こんなことでこの書類とかかわったことが一つのヒントになったのでしょうか。この夏、少し改良を加えることにいたしました。それは、今までデジタルで撮った写真を一旦プリントアウトし、適当なトリミングをしてから1枚の無地の台紙に張り付けていたのですが、20枚近くの写真をB4版の大きさの紙に置くことはなかなか難しく、適度な大きさにするために何度かカラープリントをしなおすという無用の時間を要していたのでした。

合わせて、今回の改良では、トリミングがパソコン内でできますので、ハサミで切り抜くという徒来の方式に比べると、信じられないほどの時間短縮ができるようになりました。

今回の第一次的改良で、パソコンの使い方に少々慣れた方という限定はつきますが、かなりの時間の短縮が期待できそうです。 やった!やった!

ここで終われば、「な~んだアナログからデジタルに移行しただけじゃないか」と言われそうですが、ここで終わらないのが広野幼稚園のいいところ(?)

来年の3月末にはデジタル画像として残してあるAちゃん、Bちゃん、Cちゃんなど、一人ひとりの写真を集め、Aちゃんのパーソナルプリント、Bちゃんのパーソナルプリントなどと、お一人ひとりのプリントを作成し、配布できるのではないかと思ってます。先のことですが、期待してお待ちください。

 

自称 保育バカ

リオオリンピック開幕…そして

4年に一度のオリンピックが開幕した翌日の6日、広野幼稚園からすぐ近くに新宇治淀線がいよいよ開通しました。この都市計画道路(宇治淀線)は昭和32年に計画されていたそうで、ずっと宇治に住んでいる私は、子どもの頃から「いつかな、まだかな」と心待ちにしていたものです。

道路の整備が始まったのは平成19年ですが、それから数えても10年近い時が流れています。そして、いよいよ本日開通することになり、その上、開通式に参加する機会までいただきました。お世話くださった皆さま、ありがとうございました。

夏休み中の土曜日ということもあり、有志の親子の方々が集まってくださり、“通り初め”を体験させていただきました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

午後3時からは一般車両も通れるようになるので、道の真ん中を歩かせてもらえるのは今だけです。

宇治のキャラクターのまゆめろちゃんたちにも会え、暑さを吹き飛ばし歩いてきました。

DSCN2787

この立派な道路が開通するまでにご尽力いただいた多くの方々に感謝する気持ちを持ち続け、子どもたちが大きくなってからも語り継いでいってくれることを願っています。

 

乗り気コラム

午後からは…

ある年長組のクラスの合奏曲を

先生たちで実際に合奏してみました。

舞台の上にはさまざまな楽器が並んでいましたので、

まずは福留先生が丁寧に楽器紹介をしてくださいました。

打楽器の扱い方を知っていたとはいえ、福留先生が説明してくださったことで

改めて“なるほど”と思うことがいくつかありました。

メロディオン、シンセサイザー、木琴、鉄琴、ティンパニー、大太鼓、小太鼓、ボンゴ…

子どもたちが実際に合奏するさまざまな楽器を使って、いざ練習してみますと

やはり先生たちでも一回でバッチリ合わせることは不可能でした(笑)

 

何回も何回もやっていくうちにだんだん揃ってきて、先生たちの顔も次第ににこやかに☆

小楽器の先生たちは腰を振りながら演奏してみたり、他の先生もリズムに乗りながら演奏したりと

先生たちもとても楽しく合奏することができました♫

DSCN2782 DSCN2783

 

ききょうサマースクールのお友達も、遊びに来て

一緒にノリノリで演奏してくれましたよ♪

DSCN2784

 

福留先生のやる気の持って行き方はさすがでした。

 

さぁ、この曲はどのクラスでどんな曲が完成するのでしょう…

お楽しみに!!

 

 

ベルちゃんのともだち

福留先生の研修に参加して・・・

楽しい夏休みをお過ごしでしょうか。

担任の先生たちから暑中見舞いはお家に届いたかな?

 

今日は全員出勤ということで年少の先生も福留先生の講習に参加させていただきました。

午前中は先ほどsparkさんが書いてくださった打楽器の奏法と、

いちょう組の子どもへのメロディオン指導を実際に見せていただきました。

 

メロディオン指導では春より取り組んでいました、

「かえるの合唱」「きらきら星」「ちょうちょ」「こいぬのマーチ」を奏しました。

さすが年長組の子どもたちです。しっかり音の位置を理解し、奏することができていました。

 

全体的に聞いていますと綺麗に聞こえますが、

個人的に子どもたちを見てみるとどうでしょうか。

今日はたくさんの先生がいましたので、子ども2人につき先生1人の割り合いで

正しい指使いで弾けているか、奏する音が合っているかを確認しました。

多くの子どもが正しく弾けている中、

中には「こいぬのマーチ」の冒頭“ミドミド”の音を3・1・3・1の指使いで弾くところを

3・2・3・2の指使いで奏し、難しそうにしている子どもや、

スケール練習(ドレミファソラシドの音階を指またぎや指くぐりをして奏する)では

指くぐりをする指・タイミングがわからず困っている子どもも数名いました。

 

福留先生は発表会に向けての合奏指導をする前に、

まずはこういった基本の練習を時間をかけて取り組むことが大切であると教えてくださりました。

2学期から年少組もメロディオンに取り組み始めますが、

鍵盤の位置を覚えたり、正しい奏法を知ったりと、楽しみながらも基礎をしっかり行って

年中・年長へと繋がっていけるようにしていきたいと思っています。

 

dokinちゃん

夏期保育中の先生たちは・・・ part2

いよいよ、オリンピックが開催されますね!開会式に先立ち、日本vsナイジェリアのサッカーの試合が行われます。

(このブログがアップするころは勝敗がわかっているかとは思いますが…)

時差の関係で、日本でのリアルタイムでの地上波の放送時間も、子どもたちが見やすい時間になることと思います。

ぜひ、4年に1度のスポーツの祭典を、家族みんなで観戦・応援してくださいね!

がんばれ、日本!!

さて、世間がオリンピックで盛り上がるなか、広野の先生たちは全員出勤して、福留先生を講師にお招きし、音楽の園内研修を行いました。

午前中は主に、木琴・鉄琴のマレット(バチ)の奏法の基本を学びました。これまでも、打楽器の奏法については、

長年に渡り、広野の器楽指導をしていただいていた猪狩先生より指導を受けていました。

そして今回はより丁寧に、より基本に戻って教えていただきました。

打楽器を演奏するときは、マレットを右手・左手と交互に叩くのが基本です。

しかし、木琴や鉄琴のように音階がある打楽器の場合(例えば普通のドからオクターブ高いドまでを一音ずつ叩く場合)は

最初の普通のドは、右手からではなく左手から、高いドから降りてくる場合は右手からとなります。

これを、木琴・鉄琴を演奏するときの基本として、各自がしっかりと頭に入れたところで、

きらきら星、かえるの合唱、子犬のマーチ、メリーさんの羊など、お馴染みの曲で先生たちが順番に演奏していきました。

①きらきら星・・・基本の右手・左手交互に打つ

②かえるの合唱・・・ドレミファミレドのドは右手からではなく左手から打つ。

ド(休み)ド(休み)のところは交互ではなく、右手ばかりで打つ(四部休符のあとのドの出だしや、音の立ち上がりが揃いやすくなる)

③子犬のマーチ・・・テンポの速さに合わせて、打ち方を変える

④メリーさんの羊・・・四部音符だけでなく符点が入る曲の場合は、少し変則的になることもある

(ミーレドレミミミの“ミーレドレ”は基本に忠実にすると右左右左・・・となるが、右右左右の方が揃いやすい)

 

というように、一つひとつ具体的に教えていただいたことで、頭の中がスッキリとしました。

また、同じ楽器で同じメロディーを演奏するときは、全員の子どものマレットの奏法が揃っていた方が、

視覚的に見栄えがするだけでなく、必然的に音も揃うようになることなど、今後の指導に大いに役立つことを

教えていただきました。

 

早速、必要項目を、各学年カリキュラムに入れ子どもたちの活動につなげていきたいと思います。

 

spark

 

 

 

 

 

ききょうサマースクール

今日も元気に小学生の子どもたちがサマースクールに来てくれました。

その日によって、人数やメンバーも変わるので「今日は誰が来るの?」とわくわくするのも楽しみの一つですね。

毎日さまざまな活動が行われておりますが、今日は“こすりだし”で遊びました。

まず白のパスで好きな絵を描き、

s-IMG_2449

描き進めていくと、白のパスなので描いていた線が見えず「あれっ!見えない!」と言っていると、不思議なことに「周りの友達が描いているのは見える!なんで!」と子どもたちで発見し、楽しんでいました。

絵を描いた後は、好きな色のコンテを選んで、網でこすり削り落とします。

s-IMG_2453

さすが小学生!

見る見るうちに削れていき「削るのが楽しい!」とどんどん進めていきます。

「大根おろしかな?ワサビかな?」などど料理人に例えたりしながら、楽しみました。

最後は削ったコンテをふるうと、、、

s-IMG_2455

「出た!!」と絵が浮き出たことに驚き、2回目は色ののせ方を工夫して取り組んでいました。

他にも、坊主めくりやドッチボール、オリンピック競技にもあります卓球にもチャレンジし、選手気分で楽しんでいました。

来週はどんなお友達が集まるのでしょうね。

楽しみにしていてくださいね。

 

カフェモカちゃん