11月2018

ウサギのぴょんちゃんとの別れ

ウサギのぴょんちゃんとの別れ

 

夕方16時ごろ、

弱っている ウサギのぴょんちゃんが、

亡くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

ウサギを飼っていた、

延長幼児クラスの子と埋葬します。

 

みんなで、

一杯ずつ 砂をかけてあげます。

 

 

 

 

 

 

 

動物が亡くなったときほど、

丁寧に しめやかに。

 

そうすることこそ、

生命の尊厳を

伝えられるのではないでしょうか。

行事の後

行事の後

 

庄内エキスポで使った、

クラスのお店道具を、

他クラス子も使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

行事が終わってからこそが、

その行事を楽しんだかどうか

分かるような気がします。

干柿づくり

干柿づくり

 

自分達でむいた渋柿を、

殺菌のため、湯通しします。

 

 

 

 

 

 

 

その後、

焼酎つけて 干します。

 

 

 

 

 

 

 

この干柿、

鏡餅用と食べるように 作っています。

 

日本の食は、

伝統行事とつながっているところが 特徴です。

考えること

年長が、

もりのこっこで取ってきた大根、

少し傷んでいたり、

小さすぎるモノを再利用。

 

アヒルに。

 

 

 

 

 

 

 

ままごと遊びに。

 

 

 

 

 

 

 

本当は、

資源を無駄なく使うことを考えることが、

大事な教育なのかもしれません。

忍者カード

園庭の遊びを活性化させるため、

「忍者カード」というものを実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

園庭が、賑やかになりました。

園庭

園庭

 

サクラの葉の紅葉

もりのこっこ(年長・晩秋)

秋晴れの中 もりのこっこ(遠足)です。

年長組の「大根引き」を実施です。

場所は能勢。

台風の影響で、

遊ぶ場所は 能勢野外センターとなりました。

 

・遊具のある場所、いきません。

・自然のある場所に、いきます。

 

「もりのこっこ」とは、

「鎮守の杜(もり)の子ども(つまり当学園の子ども)」が、

「森の子ども」になるという意味です。

今年度の子ども達、 「森のこども」になあれ。

動機によって意味合いが違う

明日の行事に備えた、

廊下拭き。

 

 

 

 

 

 

 

 

やらされているなら、強制。

自分でしなければと思ってしたなら、主体性。

 

同じ行為でも、

動機によって意味合いが、

全然違います。

折り紙

折り紙遊びをしています。

 

先生と一緒に、

調べながら、

教わりながら。

 

 

 

 

 

 

 

折り紙は、

こうやって、

対面しながら学ぶものだと思うんです。

試行錯誤の対話記録

庄内エキスポという、

お店屋さんごっこのプレオープンを受け、

年長クラス園児の 振り返り記録。

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤の対話記録です。