園長通信

もりのこっこ(年少・冬)

冬の もりのこっこ(遠足)です。

 

年少組の「服部緑地の神様を見つけに行こう探検隊」を実施です。

場所は服部緑地。

 

・遊具のある場所、いきません。

・自然のある場所に、いきます。

「もりのこっこ」とは、「鎮守の杜(もり)の子ども(つまり当学園の子ども)」が、「森の子ども」になるという意味です。

園庭

園庭

 

ニシキギの赤い紅葉

園庭

園庭

 

ザクロとイロハモミジのコントラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラの葉っぱ

誕生祭のおやつ「栗きんとん」

当学園では誕生祭に、

日ごろあまり食べることのない、

季節の和菓子を、

誕生祭会で食べています。

 

 

本日は、「栗きんとん」

 

 

 

 

 

 

 

 

「栗きんとんは、「栗金飥」と書きます。

おせち料理の栗きんとんは「栗金団」と書きます。

金の布団と言う意味もあっておめでたい料理です。

「栗金飥」には、由来らしき由来があるわけではなく、栗の産地にて美味しい食べ方として全国に広がったものです。

蒸した栗を、渋皮もついたまま取り出してお茶に合うように、美味しく工夫して仕上げた和菓子です。(栄久堂吉宗)」

もりのこっこ(年長・晩秋)

秋晴れの中 もりのこっこ(遠足)です。

年長組の「大根引き」を実施です。

場所は能勢。

 

・遊具のある場所、いきません。

・自然のある場所に、いきます。

 

「もりのこっこ」とは、

「鎮守の杜(もり)の子ども(つまり当学園の子ども)」が、

「森の子ども」になるという意味です。

今年度の子ども達、 「森のこども」になあれ。

園庭

園庭

 

園庭にもいよいよ紅葉の足音が聞こえてきました。

 

ジューンベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

園庭

園庭

 

園庭の葉っぱは掃除せず、

そのまま置いてあります。

 

菌の分解が始まる証拠として、

葉っぱが白くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

葉っぱが腐り腐葉土となり、

園庭の土が肥えます。

土が肥えると、動植物が育ちます。

 

それは、ヒトを含めてた動植物にとって、

エコロジーで有機的な環境となります。

園庭

園庭

 

実りの秋です。

 

ゆず

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラカンサ

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメリンゴ

杜の子ども会(第4回)

杜の子ども会(第4回)

 

10月6日の、第4回杜の子ども会の様子です。

 

園での手紙をPDF化して、ホームページで公開しています。

『当学園ホームページ』→『保護者のページ』

http://www2.shonai.or.jp/~shonacgi/new_cgi/enter/#information

どうぞご覧下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「杜の子ども会」とは、

庄内神社の鎮守の森(杜)の中にある、

子ども会という意味です。

 

庄内地域で失われてしまった子ども会を、

園で再現し楽しい思い出を作ることが、

いずれ子どもが成人した時の地域社会や、

地域の子ども達に還元してくれると願っているのです。

お兄ちゃん・お姉ちゃん先生

お兄ちゃん・お姉ちゃん先生

 

運動会の振替休日により、

お兄ちゃん・お姉ちゃん先生が来てくれています。

 

いいですね。

こんな姿を見ながら、

卒園児の成長を見られるのは。

 

 

(お兄ちゃん先生・お年ちゃん先生とは)

http://www2.shonai.or.jp/~shonacgi/new_cgi/enter/datas/24-1.pdf

代休や創立記念日などの小学校が休みの日に、園の勝手知ったる卒園児たちが保育参加してもらう事業です。

(在園児きょうだいに関しては、卒園していなくても可としています。)

小学校に行く前の乳幼児期の子ども達が多彩な人間関係を体験することは、とても 大切なことだと考えているからです。

特に学園で最年長の年長さんにとって、自分達よ りさらに年上で様々な事が出来る子ども達と共に生活することは、いつも以上の学びを 得られる機会であると思います。