育ちの違い

水絵遊びコーナーで、

年少、年中組の子ども達が遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

同じ遊びをしているようでも、

年齢によっては違いますね。

 

年少組は、

ただただ無邪気に塗り込みます。

年中組は、

丁寧に細かな部分を塗り込みます。

 

育ちの違いは、

細部に宿るようです。

集団での遊びができることが

年長組子ども達が、

ウノを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

集団での遊びができることが、

幼稚園ならでは、

学びが出来ることだと言えます。

親子教室 杜のイドバタ

やっと始まりました、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杜のイドバタは、

井戸端です。

 

井戸端の側で、

豊かな人間関係が

構築されることを願っています。

エンドレスリレー

神社境内で、

年長組がエンドレスリレーをしています。

 

久々の と言いますか、

4ヶ月ぶり?のチーム戦。

 

 

 

 

 

 

 

でも、

とても 輝いて見えますね。

朝のお参り

朝のお参り

 

今は集団ではなく、

クラス単位でのお参りです。

 

大人の援助

0歳児の園庭あそびです。

 

先生が子どもの前に、

土を用意し触らせてあげます。

 

その土を子どもが触って、

隣の器に 「ポトッ」

 

 

 

 

 

 

 

子どものモノとの出会いは、

大人の援助があれば、

広がりますね。

園庭

園庭

 

ネズミモチの花

自律心

「もうご飯の時間だよ」

「いやー、まだしたいー」

 

 

 

 

 

 

 

よくある姿ですね。

でも、

この遊びの終わりこそ、

丁寧に関わる必要があるのではないでしょうか。

 

丁寧に関わることで、

子どもがやりたいことを終えることが出来る力、

「自律心」を獲得するのだと思います。

単に遊具で遊ぶ姿ですが、

園庭の「杜のとりで」で、

年長の子どもが登り降りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

端から見れば、

単に遊具で遊ぶ姿ですが、

実はこの子は、

年長になる頃にトライするようになりました。

 

子どものトライは、

時期とタイミングがあるようです。

 

そんなところを、

しっかりと見ておいてあげたいですね。

 

楽しそうに遊ぶ中で

タライの水で、

水遊び。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョウロで水を出し入れしたり、

手ですくったり、

水面をたたいたり、

最後は飛び込んだり。

 

でも、楽しそうに遊ぶ中で、

水の性質を理解したり、

力の調整を学んだりと、

子どもの脳と体はフル活用です。