親子交流会

本日、親子交流会。

 

内容の件は、

またご家庭で 話し合ってください。

 

一番は、

皆さんの表情が、

しんどさ(大人だけ?)を感じながらも、

笑顔でいて頂いたことが、

何よりでした。

 

お墓に埋める

死んだ生き物を、

お墓に埋める 年中さんたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能勢で取ったカエルが 死んじゃった。

なぜだろうね。

どうしたらよかったんだろうね。

 

生き物について、

しっかりと向き合えるのは、

実は生きているものをお世話するより、

死んだ生き物を、

弔いながら 対話する時でしょうね。

水たまり⇒男の子⇒入る

水たまり

⇒男の子

⇒入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜでしょうね。

この公式が、

何十年も受け継がれて 普遍的なのは。

小さな事

泥のついた靴を

ポンプで洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰ですか?

その方が 靴が濡れるじゃないっていったのは。

 

そうかもしれません。

いいんですよ。

こんな小さな事(失敗・チャレンジ)が、

成長の糧となるんです。

透明人間のしわざ

「透明人間のしわざ」

 

朝、バケツを使おうとしたら、水が入っていた。

「何で? きっと透明人間が入れたんやで。」

本人はそう言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の雨が原因なのですが、

子どもの時は これでいいじゃないですか。

きっと 「雨が原因」と知っても、知識が少し増えるだけ。

「透明人間のせい」だと、

たくさんの創造とファンタジーが 舞い降りる。

 

これでいいじゃないですか。

この世に、

神様や サンタクロースや 透明人間が

いつまでもいても。

散歩

乳児クラスの 散歩です。

 

楽しく町探検。

これも「もりのこっこ」の一場面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の世の中 早すぎません?

自転車や 自動車って。

 

歩きながらね

植え込みの花の隙間の雑草や、

とろとろ眠る 飼い犬の表情を、

大人と一緒に ゆるゆる 眺めましょうよ。

数カ月かけて

さくらんぼ組、

いよいよ保護者から 離れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数カ月かけて、

じっくり慣れてゆきましょうね。

 

安定した姿

年少組の汽車遊び。

 

互いに関わりあう姿はなく、

しかし喧嘩する姿もなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

年少さんの この時期の安定した姿、

とても表れています。

まずは、

年少組さん

新入園児さんにとっては、

はじめての 楽器の出会い。

まずは 使い方と お約束から。

子どもの喧嘩

空気を入れた袋の取り合い、

 

どちらも涙を流し、 ハンカチで拭きながら

自己主張中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの喧嘩は

体中の命をぶつけ合っているのですね。

とっても 真剣なんですね。