10月2019

もりのこっこ(うさぎ・秋)

 

 

もりの子っこ(遠足)うさぎ組(2歳児)の秋は、

山本農園で芋ほりです。

 

・遊具のある場所、いきません。

・自然のある場所に、いきます。

 

「もりのこっこ」とは、

「鎮守の杜(もり)の子ども(つまり当学園の子ども)」が、

「森の子ども」になるという意味です。

今年度の子ども達、 「森のこども」になあれ。

園庭

園庭

 

金木犀(キンモクセイ)の花

 

 

 

 

 

 

 

秋の深まりの合図です。

園児お神輿巡行

園児お神輿巡行

 

今日は、園児のおみこし巡行です。

 

 

 

 

 

 

 

おみこし巡行とは、

お神輿の中に神様を乗せながら巡行することで、

神様の霊威を取り戻してもらう行事です。

 

 

 

 

 

 

 

お神輿の乗せる神様は、

部屋の神棚のお札です。

 

園児が飾ったお神輿で、

お部屋の神様に喜んでもらい、

霊威を取り戻し、

園児の安全安心を、守っていただきます。

命を頂くにはとても手間暇が

米の脱穀も大詰めです。

 

脱穀したお米は、

庄内神社の秋祭にお供えします。

 

 

 

 

 

 

 

御供えしたお米は、

自分達で飯盒で炊いて食べる予定です。

 

命を頂くには、

とても手間暇かかるということを、

少しでも体験して欲しいです。

芋ばん

芋ばん

 

もりの子っこで取れた芋で、

食べるには少し小さい芋を使って

芋ばんです。

 

 

 

 

 

 

 

使った後の芋も、

園庭の植物の肥料に。

 

最後まで使いたいですね、

大事な命。

ザクロ

ザクロ

 

園庭のザクロが初めて結実しました。

みんなにお裾分け。

乳児体育

乳児体育

 

今年度もいよいよ後半戦。

 

子ども達の動きも、

どんどん変わってきました。

布団太鼓の太鼓たたき

布団太鼓の太鼓たたき

 

いよいよ本格的です。

ホンモノの布団太鼓にのって、

太鼓たたき体験。

 

 

 

 

 

 

布団太鼓の大きさと、

高さと、

太鼓の音と。

 

五感にうったえます。

給食前の配膳を見る

給食前の配膳を見る

 

当園の大事にしている姿として、

「給食の配膳を見せる」があります。

 

 

 

 

 

 

子どものお皿に配膳する際に、

「これくらい位でいい?」などの量を聞いたり、

「今日は美味しそうな、〇〇のお野菜が入っているね。」

などを語りかけたりします。

 

これも、

大事な食育活動です。

乳児クラスの太鼓たたき

乳児クラスの太鼓たたき

 

自分達でするより、

先生と一緒に、

あるいは先生の姿を見ながら

楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

大人の姿、言動を見ることが、子どもの