保護者会主催の夏祭り

今日は 庄内こどもの杜幼稚園 保護者会主催の夏祭り。

暑いくらいの快晴です。

晴れ男さん・晴れ女さん 活躍しすぎです。

園児も 保護者も 先生も 地域の方々も、

みんなみんな 楽しめる一日を感じながら。

最後まで賑わいを見せた、

いい一日でした。

証明は、参加者の表情でしょうね。

 

準備に関わられた方、本当にご苦労様でした。

園内研修会

園内研修会

 

1学期も終わりに近づいた今、

大学の先生を招き、

園内研修を行いました。

 

杜の子のあゆみ(ポートフォリを)をいかによくするかの研修です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この学びが、

学園の保育の質を支えます。

 

乳児さんの食事風景

乳児さんの食事風景

 

クラスの安定感が、

漂っていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

年少さんのお医者さんごっこ

年少さんのお医者さんごっこ

 

問診あそびのようです。

「ここが痛いですか。」なんて。

 

年少さんの子ども達、

友だちとの応答に楽しみを覚えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

これがしいては、

クラス関係につながります。

もりの子っこ(年中・夏)

もりの子っこ(遠足) 年中組は、余野川親水公園で 川遊びです。

大雨の影響で、豊中市立青少年自然の家 わっぱるから 場所を変更して開催しました。

さすがに年少の時に経験した川。

みんなすんな。

・遊具のある場所、いきません。

・自然のある場所に、いきます。

 

「もりのこっこ」とは、

「鎮守の杜(もり)の子ども(つまり当学園の子ども)」が、

「森の子ども」になるという意味です。

今年度の子ども達、 「森のこども」になあれ。

杜の子ども会・第3回

7月4日の、

杜の子ども会第3回の様子です。

 

園での手紙をPDF化して、ホームページで公開しています。

 

 

『当学園ホームページ』→『保護者のページ』

http://www2.shonai.or.jp/~shonacgi/new_cgi/enter/#information

 

どうぞご覧下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「杜の子ども会」とは、

庄内神社の鎮守の森(杜)の中にある、

子ども会という意味です。

 

庄内地域で失われてしまった子ども会を、

園で再現し楽しい思い出を作ることが、

いずれ子どもが成人した時の地域社会や、

地域の子ども達に還元してくれると願っているのです。

食育プロジェクト「半夏生・蛸」

7月2日の、

食育プロジェクト「半夏生・蛸」の様子です。

今回の蛸の解体実演は、

当学園自慢の給食スタッフの皆さんです。

園での手紙をPDF化して、ホームページで公開しています。

 

 

『当学園ホームページ』→『保護者のページ』

http://www2.shonai.or.jp/~shonacgi/new_cgi/enter/#information

 

どうぞご覧下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本の食文化がそこにあった。」

日常生活の中にある食文化と、伝統行事のなかでめぐりあう食文化。

家庭や地域の生活の中で、自然と行われていた食文化。

食は買うものではなく自ら作り出す物。

誰が話したか、誰がきいたかどうでもよくなる会話(団欒)。

古きよき日本の食文化を 園生活の中で再現する。

園庭

園庭

 

カンナの花

 

 

 

 

 

 

 

チョウセンアサガオ

七夕の笹飾り焼納神事

七夕の笹飾り焼納神事

 

飾った笹を焼くことで、

願いが叶うようにお願いします。

 
どんな行事も、
最後までやり切ることが、
大切なことかもしれません。

年少さんシールあそび

年少さんのお部屋で、

シールあそび。

 

 

 

 

 

 

 

 

この年代の子ども達は、

形を作るよりも

貼ること自体が 楽しいのでしょうね。