なわてブックス×恵文社一乗寺店

なわてブックス 2016/08

 

夏休み中にも恵文社さんから「夏」にぴったりな絵本3冊が届いていましたので

遅ればせながらご紹介させて頂きます。

3冊のうち、2冊はとってもアーティスティックでユーモア溢れる絵本で、

また1冊は、多くの方が小学生の頃に国語の教科書で読まれたことのある「あの!」絵本です。

まず1冊目は・・・・・

『オセアノ号、海へ』

アノニマ・スタジオ アヌック・ボワロベール&ルイ・リゴー 作 絵/松田素子 訳

http://www.anonima-studio.com/books/picture_book/oceanogo/

s-006

s-007

いつもと少し趣を変えて、ポップアップが楽しい海のしかけ絵本はいかがでしょうか。ストーリーだけでなく目で見て楽しめるしかけがたくさんある、海と船のおはなしです。さあ冒険の旅に出発!オセアノ号の旅が海の上と中の2層に分かれて進行していきます。ページによって飛び出し方が違ったり、隠れている場所があったりと、細部まで本格的にしかも美しく作られています。海の美しさや厳しさ、豊かさなど、様々な海の表情を楽しめるストーリー。子どもも大人も楽しめること間違いなしです。

『スイミー』

好学社 レオ・レオニ 作・絵/谷川俊太郎 訳

http://www.kogakusha.com/book/187/

s-002

s-003

海、魚の絵本といえばやはりこちら。『スイミー』です。ちいさな赤い魚の兄弟たちのなかで、1匹だけ真っ黒の魚の「スイミー」。大きなマグロがやって来て、兄弟の魚たちを飲み込んでしまいます。逃げられたのはスイミーだけ。そんな中見つけた、スイミーにそっくりな小さな赤い魚たち。しかし「遊ぼう」と誘っても「大きな魚に食べられるから」と岩陰から出て来ません。スイミーは考えて・・・皆で大きな魚のふりをして泳ごうとみんなを誘います。赤い魚たちの中でスイミーは目になって、みんなで力を合わせ大きな魚を追い出しました。定番中の定番ですが、永く愛される要素が絵にも文章にもストーリーにもつまった、ぜひとも子どもたちに出会ってほしい絵本です。お父さんお母さんももう一度出会って、親子で永く楽しんでいただきたい1冊です。

『はまべにはいしがいっぱい』

好学社 レオ・レオニ 作・絵/谷川俊太郎 訳

http://www.kogakusha.com/book/はまべにはいしがいっぱい/

s-004

s-005

レオ=レオニが愛してやまない小石を、えんぴつのみで描いたモノクロの絵本です。はまべには石がいっぱい。普通の石が多いけど、見たこともない不思議な石も。ひたすら石、石、石…の絵で見せる絵本。言葉は少なく、絵もモノクロですが、いつまで見ていても見飽きることのない魔法のような絵本です。谷川俊太郎さんの翻訳と重なり、ひきこまれるような、不思議な世界が広がります。子どもの想像力をかき立てる、大人も子どももながく楽しめる1冊です。

こちらの絵本、借りてみたいという方は事務所までお越し下さい。

なわてブックス 2016/07

 

今月は「夏」をテーマに恵文社バンビオ店の津村さんがセレクトして下さった絵本3冊が

今日届きましたので、さっそくご紹介致します。

 

s-026

s-027

s-028

 

『なつのいちにち』

偕成社/はたこうしろう作・絵

夢中で遊ぶ子どもの夏の1日を、臨場感たっぷりに描いた絵本です。暑い暑い夏の日、クワガタムシのいる山をめざしてぼくは走ります。真っ白な日ざし、青い草のにおい、響き渡る蝉の声、麦わら帽子をかぶって走る少年…。おはなしはシンプルですが、ページの構図や絵の雰囲気、少ない文章がその世界観を効果的に表しており、ページをめくるごとに夏の空気が溢れ出し、夏の世界を全身で感じられる絵本です。子どもはこれからくる夏の日々にワクワクし、大人は記憶の中の夏にどこかノスタルジックな気分になる、この季節に親子で一緒にじっくりと読んでほしい1冊です。

http://www.kaiseisha.co.jp/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=723&vmcchk=1&option=com_virtuemart&Itemid=9

 

 

s-018

s-019

s-022

 

『トマトさん』

福音館書店/田中清代作・絵

夏といえばトマト。図体の大きい真っ赤に熟れた「トマトさん」のお話です。ある暑い夏の日。トマトさんは川に泳ぎに行きたくなります。ミニトマト達がぽっちゃんぽっちゃん気持ち良さそうに飛び込んでいく音が聞こえるのです。しかし、体の重いトマトさんは動けません。じりじりと地面から伝わる暑さが身に応えます。すると、畑の虫達があちらこちらから出てきてトマトさんの為に……。

水の中に入った時のトマトさんがとても気持良さそうで、こちらまで水にじゃっぽーんと飛び込みたくなる爽快な絵本。表紙の憂いをおびたトマトさんのインパク大の顔からもお察しの通り、ページをめくる度に表情豊かなトマトさんにくぎ付けになること間違いなしです。暑い夏にみんなで楽しめる絵本です。

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=11584

 

 

s-030

s-031

s-032

 

『ジャック船長とちびっこかいぞく』

BL出版/ピーター・ベントリー作/ヘレン・オクセンバリー絵/山下明生訳

つい先日発売されたばかりの絵本です。この絵本、男の子はきっと大好きだと思います!ジャックとザックとカスパーは、ゆうかんなちびっこかいぞく。すなでつくったかいぞく船にシャツのセイルと、よだれかけのはたをかかげて、さあしゅっぱつ!元気いっぱいの男の子たちが、想像の海にのりだします。とどまることを知らないごっこ遊びの想像の世界。パパ&ママ海賊につかまってしまうというラストもくすっと笑えて、子どもはきっと夢中に、大人は優しい笑顔になる1冊です。オクセンバリーの美しくあたたかみのある絵も親しみがわきます。繰り返しながく楽しめる1冊になるはずです。

http://www.blg.co.jp/blp/n_index.jsp

 

まもなく夏休みを迎えますが、その前に「夏」らしく爽快な絵本はいかがですか?

貸し出しは事務所まで。

 

なわてブックス 2016/06

 

今週は雨の日々が続いていますが、そんな”雨の日にぴったり”の絵本を

今月も恵文社の津村さんが送ってきてくれましたので、津村さんの推薦文と一緒に

ご紹介致します。

 

『おんなのことあめ』/ミレナ・ルケショバー作/ヤン・クドゥラーチェク絵/竹田裕子訳

 

s-010

s-012

s-014

 

女の子と雨のやさしい交流を描いた、チェコの人気絵本作家によるおはなしです。外を歩いていた女の子が雨に出会います。雨は女の子と一緒に遊びたいのですが、女の子が家に入ってしまって置いてけぼり。雨は悲しくてしくしく泣きながら女の子を探し回ります。そこへレインコートを着た女の子が再び現れて・・・。雨粒ひとつひとつまで丁寧に描きこまれたとても美しい絵に釘付けになります。ページをめくるたびに変化する雨の色彩が、雨の気持ちを表情豊かに表しています。雨を避ける人や動物とは対照的に、雨を喜ぶ生き物たちのいきいきとした姿も印象的です。女の子目線ではなく、雨目線ですすむお話も新鮮です。雨の日の美しさを教えてくれる絵本です。

http://www.holp-pub.co.jp/books/50059/

 

 

『あめ ぽぽぽ』/ひがしなおこ作/きうちたつろう

 

s-009

s-007

s-008

 

小さいお子さまから楽しめる、雨の日の様子をリズミカルに描いたおはなしです。ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…。まるで雨粒が語りかけてくるよう!歌人の東直子さんが豊かな雨の世界をリズミカルに言葉で紡いでいます。雨の日の音や匂い、感覚を思い出して心地よくなります。読んだ後は雨の中を歩いてその世界を楽しみたくなる1冊です。小さいお子さま向けです。

http://shop.kumonshuppan.com/shopdetail/003001000041/

 

 

『アルマくんカエルになる』/片山令子作/広瀬ひかり絵

 

s-001

s-003

s-004

 

小さなカエルたちが主人公のおはなしです。おたまじゃくしのおっぽがのこった小さなマルマくん。うまく泳げなくて泣いていると、はすのバスに乗ったがま先生がやってきて特別授業をすることに。うきわと水中めがねを装着して泳ぎ方をならい、少しずつ泳げるようになります。アルマくんがゆっくりゆっくりかえるになるまでのお話で「だいじょうぶ、ゆっくりでいいんだよ」ということを教えてくれる温かい絵本です。子育て中のお父さんお母さんにも読んでほしい1冊です。銅版画でできた美しい絵もとても素敵です。

http://www.bronze.co.jp/books/post-72/

 

これら3冊の絵本はようちえん事務所で貸し出しを行っていますので、気になる方は

どしどしご連絡下さい!待ってま~す!

 

なわてブックス 2016/05

 

今月も、暖かいこの季節にぴったりの”自然を感じる絵本”2冊が恵文社の

津村さんから送られてきましたので、ご紹介致します。

 

まず、はじめの1冊は・・・

『みつけてくれる?』/あかね書房/松田奈那子作・絵

 

s-001

s-002

s-003

 

「あかちゃんがくるからかくれちゃえ!」お姉ちゃんになることにとまどうはなちゃんは、ネコのクロと一緒に隠れる場所を探しにとびだします。自分やまわりの動物たちに問いかけて励まされながら、お姉ちゃんになることをゆっくりと受け入れていく心の成長を描いた物語です。その揺れ動く心とそれを支える周りの自然や動物たちをやさしく色彩豊かに描いています。親子で温かい気持ちを味わってほしい1冊です。

http://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251098917

 

そして2冊目は、恵文社バンビオ店でワークショップや読み聞かせなどのイベントも

行っておられるあの作家さんの絵本・・・・

 

『たんぼレストラン』/ひかりのくに/はやしますみ作・絵

 

s-004

s-005

s-006

 

田んぼにはいきものがいっぱい。「いただきまーす」。いっぱい食べて、食べられて…。田んぼの1年の移り変わりとともに、約70種類の生物が登場するこの絵本。構想から完成まで5年かかったそうです。たんぼの中で繰り返されるエネルギッシュで豊かな営み、大きなものが小さなものを食べていく食物連鎖の様子を、力強いタッチで子どもにもわかりやすく明るく描いています。色彩鮮やかでダイナミックな自然の世界を肌で感じられる、3月に発売された絵本です。

http://www2.hikarinokuni.co.jp/hikaridb/ISBN/ISBN978-4-564-01872-5.html

 

読んでみたいというおともだちは事務所まで借りに来て下さいね!

 

なわてブックス 2016/03&04合併号

 

今年度も、この春まで幼稚園ママだったという恵文社バンビオ店の津村さんに

ご協力頂き、みなさんにお薦めの絵本を紹介して頂きます。

 

まず、今月の1冊目は、なわて幼稚園でも大人気の作家さんのこの絵本。

 

『わたしのじてんしゃ』/ミシマ社

 

s-017

s-018

s-019

 

あたたかい春の季節にぴったりのカラフルで楽しい、女の子と自転車の絵本です。冒険の旅に出ようとする女の子。出発前に自分の自転車にベッドやおふろ、ブランコ、牧場など、「あれもほしい」「これもいいな」といろいろなものをつけていきます。ページをめくるごとにいろいろなものがくっついて、どんどん賑やかに変わっていく自転車。最後にはわたしだけのオリジナルの自転車が完成し、お友だちも呼んでみんなで出発!想像がムクムクとふくらむ、とても楽しくてなんともかわいらしい、益田ミリさんの発売されたばかりの新刊絵本です。

http://mishimasha.com/books/watashi-jitensya.html

 

そして2冊目は・・・

四條畷市立図書館が発行している「みんなでよもう!このえほん2016」でも

取り上げられているこの絵本。

 

『ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ』

マーガレット・ワイズ・ブラウン作/林明子絵

 

s-021

s-022

s-023

 

新しい世界がはじまる子どもたちへ小さな冒険の絵本を!

おばあちゃんから電話がかかってきて、ぼくは一人で出かけます。おうちの前の道をまっすぐ行って、田舎道をまっすぐ、まっすぐ・・・。畑を越え、川を渡り、小山を登り、馬小屋を通り、犬小屋を通り、最後に無事におばあちゃんの家に到着!主人公のぼくのセリフだけですすんでいくので、子どもたちはぼくの気持ちになりきって一緒にその道のりを楽しめます。親としても子どもの冒険を見守っているような気分になります。ワクワクしながらも温かくて優しい絵本です。個人的にも大好きな1冊です!

http://penguin-sha.co.jp/syousai_bokuha.html

 

そして、こちらは3月に届いた絵本なのですが、

まだご紹介出来ていなかったので今回合わせてご紹介致します。

今の時期、おともだちが必死になって探している”あの虫”の絵本です。

 

『ぼく、だんごむし』

得田之久文/たかはしきよし絵

 

s-024

s-025

s-026

 

動物や虫も動き出すこの季節に、子どもたちが大好きなあの虫の絵本を。

意外と知らない身近な虫「だんごむし」について、だんごむしの視点で描かれ語りかけてくるたのしいかがく絵本です。だんごむしについて、おもしろく、そしてわかりやすく紹介しており、大人も子どもも一緒に楽しめます。また、貼り絵で作られているので絵にあたたかみがあり、虫が苦手なお母さんでも手に取りやすい1冊です。大人も「へえー」と関心しっぱなしで、その自然の世界にぐいぐい引き込まれます。

http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/4-8340-2083-5.html

 

読んでみたい!というおともだちや保護者の方は事務所まで借りに来てくださいね。

お待ちしています!

 

なわてブックス 2016/02

 

先日、幼稚園でも節分の豆まきを行いましたが、

今月の「なわてブックス」ではその”節分”にちなんだ絵本と

寒いこの季節には特にゆっくり入りたくなる”おふろ”がテーマの絵本、2冊を

恵文社バンビオ店の津村さんがセレクトして下さいましたのでご紹介します。

 

『まゆとおに』

福音館書店/富安陽子作/降矢なな絵

 

s-003

s-008

s-007

 

やまんばの娘まゆが、ある日山で鬼に出会います。鬼はまゆをゆでて食べてしまおうと、まゆを自分の家に誘い、お風呂を沸かすと嘘をつきます。そうとは知らないまゆは、薪をわったり、かまどの石を並べたりとお手伝い。お湯が沸くと、礼儀正しいまゆは「おさきにどうぞ」となんと鬼を鍋に!!力持ちで天真爛漫なまゆと、ちょっと情けないけれどなんだか憎めない鬼…。ストーリーも、2人の対照的な表情も魅力的な、わかりやすくみんなが楽しめる痛快な1冊です。

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=10200

 

『おふろだいすき』

福音館書店/松岡亨子作/林明子絵

 

s-004

s-005

s-006

 

お風呂が大好きな男の子まこちゃんがあひるのおもちゃ、プッカと今日もお風呂に入ります。体を洗っていると、おふろの底からざぁーっとおおきなかめが。続いてぺんぎん、あしか、かば、そしてなんとくじらまで!みんなで体を洗って、肩までつかって50かぞえると、おかあさんがやってきます。おかあさんが顔を出したとたんに動物たちはお湯にもぐり、それっきり。おふろで繰り広げられる楽しいファンタジー。子どもの空想の世界そのもののようです。個性的な動物たちが魅力的です。終着点はタオルを広げるおかあさんというのもいいですね。林明子さんの絵もお風呂のほんわかした空気にぴったりです。あたたかい気持ちになり、そしてあたたかいおふろが待ち遠しくなる絵本です。

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?isbn=978-4-8340-0873-9

 

今月のこの2冊、読んでみたいお友だちは事務所まで借りに来て下さいね!

 

実は絵本は少し前に幼稚園に届き、事務所のブックスタンドに置いてたのですが

絵本大好き、ばら組のみか先生がさっそく”まゆとおに”を読まれたようで

「めっちゃ面白かったです。こういうお話大好きです!」と言っておられました。

なので・・・・ばら組のお友だちは要チェックですよ!!

 

なわてブックス 2016/01

 

今月の絵本はお正月に因んだ絵本2冊をお馴染み恵文社バンビオ店の林さんに

選書して頂きました。

「もうすぐおしょうがつ」を読んでいると私と同世代以上(オーバー35歳)の方は子どもの頃に見た

日本の大みそかの情景を思い出し、「あの頃」を懐かしく感じるのではないでしょうか。

そんな意味でもお父さん、お母さん方にもおススメな絵本です。

 

s-071

s-072

s-073

 

『もうすぐおしょうがつ』西村繁男 福音館書店
http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/978-4-8340-2587-3.html

大掃除に障子の張替え、庭でお餅つき、そして大晦日には買出しをして鏡餅やしめかざりを飾ります。
家族で過ごす昔ながらのよき年末年始そのものがこの絵本にあります。
こんな世界観のなかに登場する「ひろくん」「ゆうちゃん」が犬の家族というところはしゃれています。

 

2冊目は・・・

 

s-068

s-069

s-070

 

『おもちのきもち』かがくいひろし 講談社
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061323230

おもちだっていろいろ悩みがあるんです。
ペッタンペッタン頭を何度も叩かれて。しまいにアンコやキナコをつけられたり
ペロリと食べられたりもう大変。そこでこの度…。
逃げ出した鏡餅が空腹凌ぎに自分を食べたらあらららら…
愉快爽快かがくいさん独特の深みと懐かしさのある画風と楽しい音の擬音もあわせてお楽しみください。

 

これらの絵本の貸し出しをご希望の方は事務所窓口かお電話でご連絡くださいね!

 

なわてブックス 2015/12

 

今年もはや12月となり、2学期も残すところ2週間を切りました。

子ども達が楽しみにしているクリスマスやお正月も目前・・・・

今月はクリスマスが待ち遠しいみんなにぴったりな絵本が恵文社さん届きましたのでご紹介します。

 

1冊目は

『クリスマス・イブ 新版』

ほるぷ出版/マ-ガレット・ワイズ・ブラウン/ベニ・モントレソ-ル/矢川澄子

 

s-016

s-017

s-020

 

クリスマスの真夜中のこと。子どもたちは床についても眠れずに寝たふりをしたまま耳をすませています。目をつむると浮かぶのはトナカイやお星様。ベッドをぬけだし子どもだけの秘密の冒険がさぁはじまります。雪がしんしん降る音や子どもたちの胸のドキドキまでもきこえてきそうな静寂な世界が、オレンジ・黄色・黒・白の4色で描かれる美しい1冊。

http://www.holp-pub.co.jp/books/50039/

 

つづいて2冊目は

『バスでおでかけ』

ひさかたチャイルド /間瀬直方

 

s-011

s-014

s-015

 

『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう 』でおなじみ間瀬さんの乗りもの絵本。いくつものバス停に停まりながらもなかなかたどり着かない目的地。お父さんとお母さんが案内してくれた停留所の先にあったのは!胸がぱっと明るくなるような楽しいしかけが待っています。ページの上部の町並みに沿ってカットされたしかけの造りもまた楽しく、ページが重なる度に景色が連なっていきます。

https://www.hisakata.co.jp/book/detail.asp?b=025540

 

読んでみたいという方は事務所まで借りに来て下さいね!待ってまーす!

 

なわてブックス 2015/11

 

今月の絵本は、先日幼稚園に移動動物園がやってきたということもあり

恵文社バンビオ店の林さんが動物の絵本3冊をセレクトして下さいました。

ただ、動物の絵本は非常に多いので、

前の2冊が「どうぶつに親しみを感じられるような絵本たち」、

後の1冊が時節柄夜ふけが早まり、日中とは違った夜の楽しみ方を絵本で感じてもらえたら嬉しい・・・

ということで

「静かでゆっくりとした夜の時間を感じられる動物の絵本」というテーマで選らんで下さっていますので

その辺りにも是非注目して下さいね☆

 

♡『どうぶつあいうえお』
作・絵:すぎたゆたか  出版社:偕成社

 

s-011

s-012

s-014

 

「あ」~「ん」まで文字1ぺ―ジに1種類ごと動物が登場します。巻末には動物シルエット一覧があり、これまで登場した動物たちを言い合って遊ぶのも楽しいでしょう。逆に、平仮名一覧のページもあるので、文字から動物の名を言い合うのもまた楽しい仕組みです。

ただこの絵本の魅力はなんといっても絵の豊かさ!1970年が初版で、当時の空気を感じられるような懐かしさと美しさを兼ね備えた絵の世界は、どのページの動物描写も温かみのある多色使いに惹きつけられます。通常の絵本より厚めの紙造りなので繰り返しの使用にも強いと思います。

http://www.kaiseisha.co.jp/books.html?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=254&category_id=24

 

 

♡『とりかえっこ』
作:さとう わきこ  絵:二俣 英五郎  出版社:ポプラ社

 

s-015

s-017

s-018

 

ひよこの鳴き声は「ぴよ」。ねずみなら「ちゅう」、ぶたは「ぶう」だけど、この鳴き声があべこべになってしまったら…。お出かけ中のひよこは、出合う動物たちと鳴き声を順にとりかえっこ。可笑しなことになっていきます。おはなし会での反応もよさそうで、読んだあとにはみんなもマネをしてヘンな鳴き声ごっこをしてしまいそうな親しみやすいロングセラー絵本。

http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=31300210

 

 

♡『とんとんとんだれですか』
作・絵:はやし ますみ  出版社:岩崎書店

 
s-006

s-009

s-010

 

よるの訪問客。扉をたたくのはだれでしょう。扉にうつるシルエットには、がいこつや鬼、幽霊などなどオドロオドロシイお客さまばかり…。扉を開けば本当はそこには、楽器を片手にあつまる可愛らしい動物ばかり!今夜はすてきな動物たちの音楽会です。シルエットから動物や楽器を当てっこする影絵あそびのような楽しい1冊。おはなし会での掛け合いも盛り上がること間違いありません。滋賀在住の作家さんで当店でも原画展や工作会の開催などお世話になりました。作者の直筆サイン本です。

http://www.iwasakishoten.co.jp/book/b192304.html

 

こちらの絵本の貸し出しをご希望の方は事務所まで借りにきてくださいね!

 

なわてブックス 2015/10

 

今月のなわてブックスにはみんなが”土遊びをしたくなるような”絵本3冊が届きましたので

恵文社の林さんのコメントと共にご紹介します。

 

・『じめんのうえとじめんのした』
福音館書店/アーマ・E・ウェバー 文・絵 藤枝澪子 訳
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=707

 

s-078

s-079

s-080

 

絵本をひらくとひろがる「上半分にはじめんのうえ、下半分にはじめんのした」の絵。私たちが普段みることのできないその両方のせかいを、動物や植物を例に、オレンジ、緑、黒の3色でグラフィカルに描きます。みえないものへの想像力、静かな生命のつらなりを感じられる1冊。

 

・『どろだんご』
たなかよしゆき文 /のさかゆうさく絵/福音館書店
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=3936

 

s-075

s-076

s-077

 

絵本をひらいてさぁ思いきりどろあそび。どろのクッキー、おだんご、おむすび、なんでもつくれるよ!水加減や大きさ加減もばっちり。絵本をよんだあとは、土をいじりたくてむずむずしてしまうかもしれません。

 

・『つちたち』
ミロコマチコ/学研教育出版
http://hon.gakken.jp/book/1020430700

 

s-072

s-073

s-074

 

近著三作が連続して絵本の賞を受賞、今月にもブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレで「金のりんご賞」を受賞するなど、その勢いが止まらない大阪出身の若手注目作家ミロコマチコさん。「土」をテーマにした最新作は、そのひとつぶひとつぶがいのちや個性をもっているかのように、活き活きとそして力強く土のなかのできごとやまわりの動物たちとのつながりを描きます。その躍動感あふれる世界にきっと胸がざわざわするかもしれません。この絵本をよんだあとは、ぜひ園児さんたちには土をさわり、そのしめりけやつぶ、みえない土のなかをかんじてみてほしいです。
(凄い絵本が出ました。このパワーこの迫力。ミロコさんの真骨頂をちびっこにも届けたいです)

コメント:恵文社バンビオ店・林さん

 

こちらの絵本を読んでみたい、借りたいという方は事務所までお越し下さい。可愛いエコバッグに入れてお持ち帰りいただけます!