なわてブックス×恵文社一乗寺店

なわてBOOKS 2017/07

 

7月のなわてBOOKSは「海」にちなんだとっておきの絵本3冊を

恵文社の津村さんにセレクトして頂いたのでご紹介します!

 

『ピッキーとポッキーのかいすいよく』
福音館書店
嵐山光三郎 作/安西水丸 絵

 

s-IMG_9947

s-IMG_9950

s-IMG_9946

 

ピッキーとポッキーのシリーズから夏の冒険のおはなしです。
うさぎのピッキーとポッキーは、もぐらのふうちゃんとねずみと4人で、海水浴に出かけます。途中、必要なものをいろいろそろえ、海に到着。海で楽しく遊びます。そして、みんなでお昼ごはん、すいかわり。途中トラブルにあいながらも、海で楽しい夏の一日を過ごします。
ピッキーとポッキーと一緒に海での一日を満喫した気分になります。単純そうでいてクセになる安西水丸さんの絵。毎度ながらそれぞれのアイテムが凝っており、ページのすみずみまで楽しめる絵本です。冒険地図が付いているのも嬉しい。

 

『うみべのおとのほん』
ほるぷ出版
マーガレット・ワイズ・ブラウン 作/レナード・ワイズガード 絵/江国香織 訳

 

s-IMG_9951

s-IMG_9952

s-IMG_9953

 

マーガレット・ワイズ・ブラウンの音の絵本シリーズ。
おおきなセイルボートにのって海にやってきた子犬のマフィン。耳をすませると、いろんな音が聞こえてきます。それは、どんな音?
シンプルな絵と一緒に、海の音を想像して楽しむ絵本です。少し難しいかもしれませんが、想像力を働かせているうちに海を五感で楽しむことができます。海に行った後に読んでもいいかもしれません。

 

『ウィンクルさんとかもめ』
岩波書店
エリザベス・ローズ 文/ジェラルド・ローズ 絵/ふしみみさを 訳

 

s-IMG_9954

s-IMG_9955

s-IMG_9957

 

ウィンクルさんは港町の漁師。ボロボロの船をみんなに笑われていつもひとりぼっちです。ある日、ウィンクルさんの町で魚が全く捕れなくなります。原因もわからずみんな大弱りで諦めてしまいますが、ウィンクルさんだけは変わらず毎日おんぼろの船で海へ出つづけます。そんな時,しきりに鳴くカモメのあとを追っていくと…。
どんなことがあっても変わらず自分のスタイルを貫き、大漁の魚も欲張らずに仲間とわけあうウィンクルさん。ウィンクルさんの誠実さから子どももきっといろんなことをそれぞれ感じるはずです。カラーと白黒ページを交互に味わえる素朴だけれども惹き付けられる絵。子どもから大人までじっくり堪能できる絵本です。

 

貸し出し希望の方は事務所まで借りに来て下さいね!

 

なわてBOOKS 2017/06

 

今月の「なわてBOOKS」は今日の消防車来園に合わせ、

恵文社の津村さんに消防車にちなんだ絵本を3冊セレクトして頂きました。

読んでみたいという方は、ぜひ事務所まで借りに来て下さいね!

「ちいさいしょうぼうじどうしゃ」などは読み聞かせにぴったりのお話ですよ★

 

『かじだ、しゅつどう』
福音館書店
山田忠敬  作

 

s-IMG_9557

s-IMG_9558

s-IMG_9559

 

のりもの絵本といえば山本忠敬さん。消防署のブザーがなると、次々に消防車がとび出していきます。はしご車、ポンプ車、レスキュー車……。いろいろな種類の消防車が、その役割とともに迫力のある絵で描かれています。火事発生から、消火、救助、そしてその後の手入れまでもが、分かりやすく丁寧に忠実に描かれているので、小さい子も大きい子も、さらには大人まで、男女問わずみんなでじっくりしっかり消防車について知ることができる絵本です。

 

『ちいさいしょうぼうじどうしゃ』
福音館書店
ロイス・レンスキー 作/渡辺茂男 訳

 

s-IMG_9551

s-IMG_9552

s-IMG_9553

 

スモールさんシリーズから。今回は消防士になったスモールさんです。消防士のスモールさんと小さい赤い消防自動車はいつも消防署で待機しています。今日もベルと共に出動です。サイレンを鳴らしながら火事の現場へ向かい、ホースで水をかけます。はしごをかけて窓から女の子を助けます。スモールさんと小さい消防自動車の活躍で無事火事は消えました!
ゆっくりと消防署へ帰るスモールさんはとても満足そうです。消防自動車の機能や消防士の仕事について、スモールさんとともにおはなしを通して存分に楽しめる絵本です。

 

『しょうぼうじどうしゃじぷた』
福音館書店
渡辺茂男 作/山本忠敬 絵

 

s-IMG_9554

s-IMG_9555

s-IMG_9556

 

消防車の絵本といえば「じぷた」。こちらも絵は山本忠敬さんです。高いビルにはしごをのばして火を消すことのできるはしご車ののっぽくん。たくさんの水で激しい炎も消すことのできる高圧車のばんぷくん。けが人を運んで助ける救急車のいちもくさん。大きくて立派な働きをするみんなは、いつも小さな消防自動車じぷたを「ちびっこ」あつかいしていました。でも、道がせまい山の中で火事がおこった時、出動を命じられたのはなんとじぷたでした。ちいさなじぷたが大活躍するお話。小さくても大丈夫。子どもとじぷたが重なって見えます。爽快で頼もしくて永く子ども達に愛される絵本です。

 

なわてBOOKS 2017/05

絵本セレクト:恵文社バンビオ店・津村さん

 

『ちびゴリラのちびちび』
ほるぷ出版
ルース・ボーンスタイン 作/岩田みみ 訳

 

s-IMG_2178

s-IMG_2179

s-IMG_2180

 

ジャングルに生まれた小さなゴリラのちびちび。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、仲間の動物たちみんなが小さいゴリラのちびちびが大好きです。ある時、ちびちびに異変が。どんどん大きくなってきたのです。でも大きくなっても大丈夫。みんなちびちびがずっと大好き。
森の動物たちとちびゴリラの交遊をユーモラスに描きながら、「みんなあなたが大好きなんだよ」ということを子どもにダイレクトに伝えてくれる絵本です。お母さんやお父さん、幼稚園の先生など、大好きな人の膝の上で存分に楽しんで、自分は愛される存在なんだということをぜひ何度も実感してほしいと思います。小さいお子さんから。

 

『くんちゃんのはたけしごと』
ペンギン社
ドロシー・マリノ 作/ 間崎ルリ子 訳

s-IMG_2186

s-IMG_2185

s-IMG_2184

 

こぐまのくんちゃんは、お父さんの畑仕事をお手伝いすることになりました。でもくんちゃんはとんちんかんな失敗をしてばかり。お父さんから「ちがうちがう」と注意されます。その後くんちゃんは、畑の隅に座り、お父さんのやり方をじっと観察し、それからお父さんと同じようにしてみました。
何でもやりたがる好奇心旺盛な子どもとくんちゃんが重なります。くんちゃんの頑張りが、何回失敗してもちゃんとできるようになるよと自信を持たせてくれます。と同時に、くんちゃんのお父さんが、子どもには怒るのではなく根気強く教えること、自分の背中を見せることを親の私たちに教えてくれます。緑一色で描かれた優しい雰囲気もくんちゃん家族の温かさを表しているよう。元気で好奇心いっぱいの子どもたちと緑の季節に楽しみたい絵本です。

 

『ちいさなヒッポ』
偕成社
マーシャ・ブラウン 作/内田莉莎子 訳

 

s-IMG_2187

s-IMG_2189

s-IMG_2190

 

ちいさなかばのヒッポはいつもおかあさんと一緒。やがて言葉を覚える頃になると、おかあさんは「グァオ」と吠えて見せることを何度も教えます。「グァオ」は危険から身を守るために大切な言葉だと。ある日、遊びに夢中になったヒッポは、群れから離れてしまい、そこで恐ろしいワニに遭遇します。肝心の「グァオ」が出なくてピンチのヒッポでしたが、間一髪おかあさんが助けにきてくれました。厳しくも愛のあるしつけで生きるための術や言葉を教える優しく頼もしいお母さんカバと、無邪気でかわいらしい子カバのヒッポの親子のおはなし。美しく色鮮やかでダイナミックな独特の木版画がとても印象的です。繰り返し何度も読みたい、強く優しいお母さんの愛を感じられるおはなしです。

 

なわてBOOKS 2016/12

 

『どうぶつたちのクリスマス』

好学社

ジャン・ウォール作/レナード・ワイスガード絵

 

s-0559

s-051

s-052

 

静かな森でクリスマスの準備が始まります。動物たちはみんなで協力しながらモミの木を飾り、大きな美しいクリスマスツリーを作りあげます。完成したツリーを囲んで静かで幸せなクリスマスを過ごす動物たち。夜空に一際輝く星が現れ、動物たちは祈りを捧げます…。

優しく穏やかなクリスマスの雰囲気を動物たちと一緒に感じられる絵本。ワイスガードの美しい絵がよりいっそう聖夜の雰囲気を盛り上げます。温かく幸せなクリスマスを感じられる1冊です。

 

『サンタさんからきたてがみ』

福音館書店

たんのゆきこ作/垂石眞子絵

 

s-053

s-055

s-056

 

クリスマスの前の日、郵便屋のねずみさんは手紙を雪の中に落としてしまいます。そして一通だけ宛名が濡れて読めなくなってしまいます。しょんぼりするねずみさんのために、動物たちは誰宛ての手紙なのかをみんなで考えます。差出人を見てみると、その手紙はなんとサンタさんから!サンタさんから手紙がもらえるなんて!「ぼくかな?」「わたしかな?」みんなが期待に胸を膨らませますが、宛先はねずみさん!ねずみさんに道案内をしてほしいというサンタさんからのお願いでした。さっそくみんなはサンタさんのところへ向かいます…。

サンタさんに協力する動物たちのほのぼのとしたおはなし。動物たちの優しさや思いやりの気持ちを感じられる温かい絵本です。モミの木をバックにしたサンタさんに出会う場面やご褒美にサンタさんのそりにのせてもらう場面などは、夢が広がり幸せな気持ちになる1冊です。

 

『サンタクロースとあったよる』

BL出版

クレメント・クラーク・ムーア作/ホリー・ホビー絵/二宮由起子訳

 

s-059

s-060

s-061

 

約200年近く前にアメリカで生まれ、その後世界中の人々に愛れてきたクレメント・ムーアの有名な詩を元に描かれたクリスマスのおはなしです。この詩が、今私たちが知るところのサンタクロースのイメージをかたち作ったといわれています。

クレメント・ムーアのこの詩を元に描かれたクリスマス絵本は各出版社から出されていますが、こちらは絵がやわらかで温かく優しい雰囲気。にじむ暖炉の灯り、ふかふかのおおきな赤いベッド、緑色のカーテン、にぎやかに飾りつけられた部屋など…。クリスマスカラーで彩られたページと、静かな夜の雪景色の対比もよく、冬の温度が伝わってくるようです。親子で静かな夜にゆっくりと楽しみたい1冊です。

 

読んでみたいお友だちや、お家の方は是非事務所まで借りにきて下さいね!

お待ちしてま~す★

 

なわてBOOKS 2016/11

 

今月のなわてBOOKSでは、ちょうどこの時期に行われる行事である移動動物園と、

年長児のキッザニア園外学習に因み「動物とお仕事」をキーワードに

恵文社の津村さんにセレクトして頂いた4冊の絵本を紹介致します。

 

『いぬおことわり!』

偕成社

マーガレット・ワイズ・ブラウン 作/H.A.レイ 絵/ふくもとゆみこ 訳

s-img_0110

s-img_0114

s-img_0113

動物園を舞台にしたユニークな絵本です。

動物園に行ってみたいなと思っているちいさな犬がいました。動物園の側に住んでいるので、夜になると風に乗って、動物たちの鳴き声や、おしゃべりが聞こえてくるからです。ある日、飼い主のおじさんが動物園に連れて行ってくれることになりました。が、入り口には大きな字で「いぬ おことわり!」。そこでおじさんは考えます。人間の子供の格好をさせたら・・・。

「ひとまねこざる」シリーズでおなじみのH.A.レイの絵が楽しい、動物園のおはなし。読んでいると動物園に行ったような気になります。

 

『パンやのくまさん』

福音館書店

フィービ&セルビ・ウォージントン作・絵/まさきるりこ訳

s-img_0117

s-img_0119

s-img_0120

働くことを感じられる絵本。パン屋で働くくまさんの1日が描かれた絵本です。

くまさんは、パンやパイやお誕生日のパーティーのケーキを作り、車に積んで出かけます。ガラン、ガラン景気よくかねを鳴らすと、みんな買いにやってきます。

特別な出来事がおこるわけではありませんが、淡々と一生懸命に丁寧に働くくまさんが、「働く」ということについて教えてくれます。心にじわっとくる読後感で何度も楽しめる絵本です。ちなみに、『ゆうびんやのくまさん』『せきたんやのくまさん』『うえきやのくまさん』などもあります。

 

『どうぶつえんのピクニック』

岩波書店

アーノルド・ローベル 作絵

s-img_0121

s-img_0123

s-img_0124

動物園の動物と飼育員さんの楽しいおなはしです。

運動が足りなくて、かぜ気味の動物園の動物たち。そんな動物たちを飼育員のマスターさんは、バスで海にピクニックへ連れていってあげます。動物たちは大喜び。より道した遊園地があまりに楽しくてみんな帰りたがりません。困りはてるマスターさん。しかし名案を思いつき…。

作者は「がまくんとかえるくん」シリーズで有名なアーノルド・ローベル。外の世界で生き生きと過ごす動物たちとマスターさんとのやりとりが楽しく温かいおはなしです。動物たちとマスターの関係はまるで子育て中の親子ようでもあり、親としては思わずマスターさんを見習いたくなります。

 

『おおきくなったらなにになる?』

偕成社

フランソワーズ・セニョーボ作・絵/なかがわちひろ訳

s-img_0125

s-img_0126

s-img_0127

「おおきくなったらなにになる?」と優しく問いかける絵本です。

船乗り、冒険家、ペットやさん、帽子やさん・・・。フランソワーズの絵とともにいろんな仕事が描かれており、これもいいなあ、あれもいいなあとワクワク夢が広がります。いろんな可能性があることを子どもたちに教えてくれる絵本です。

 

これら4冊は(貸し出し中でなければ)事務所のブックスタンドに置いてありますので

読んでみたいというおともだちや保護者の方は、是非借りにきてくださいね!

 

なわてBOOKS 2016/09

 

『おつきさまこっちむいて』

福音館書店 片山令子 文/片山健 絵

s-008

s-009

「おつきさま どうしてぼくについてくるの?」。子どもの素朴な疑問が温かいストーリーになったこちらの絵本。「おつきさま、こっちむいて!」男の子がいろんな形の月といろんなところで出会います。あっちをむいていた三日月がだんだん姿をかえ、やがてまんまるの満月になります。 そらに見つけたおつきさま。ほそいほそいおつきさま。ねむたそうなおつきさま。顔をあらったみたいなおつきさま。月が生活の一コマ一コマにいつも自然にいて、その表情も状況によってさまざまだということに気づかされます。元々は福音館書店の月刊誌「ちいさなかがくのとも」として発売されました。お月さまについて知ることができつつも、月とその男の子と家族の温かく優しいストーリーも魅力的な絵本です。優しい気持ちで今夜の月を見上げたくなる1冊です。

https://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=20892

 

『パパ、お月さまとって!』

偕成社 エリック・カール 作絵/もりひさし 訳

s-010

s-013

絵本の魔術師とよばれるエリック・カールの色彩豊かなしかけ絵本です。ある晩、モニカがベッドにいこうとすると、窓からお月さまがとても近くにみえました。「パパ、お月さまとって!」。娘に月をせがまれて、パパは、ながーいながいはしごを持ってきて、たかーいたかい山のてっぺんにはしごを立ててお月さまへとのぼっていきます…。空の高さや月の満ち欠けを表現するために、絵本の画面が左右上下に開くというびっくりのしかけ。パパがもってきたながーいながいはしごは横に4ページ分、たかーい山に登るところは縦に2ページ分、そして大きなお月さまは縦横4ページ分のジャンボサイズで登場します。スケールの大きなしかけに子どもが喜ぶこと間違いなし。月の満ち欠けを学ぶこともできます。しかけだけでなく、その物語はお父さんの優しさにあふれており、ぜひお父さんと一緒によんでほしい1冊です。

http://www.kaiseisha.co.jp/index.php?page=shop.product_details&product_id=640”&vmcchk=1&option=com_virtuemart&Itemid=9

 

『月へミルクをとりにいったねこ』

福音館書店 アルフレッド・スメードベルイ 作/垂石眞子 絵/菱木晃子 訳

s-014

s-016

こねこたちのために、ミルクを求めて月に向かうおかあさんねこのおはなしです。お母さんねこと4匹の子ねこが住んでいる農家の牛の乳が出なくなってしまいました。困り果てたかあさんねこに、犬がミルクのある場所を教えてくれるのですが、それはなんと月!月でおじいさんとおばあさんが運んでいる桶の中身が、ミルクだと言うのです。かあさんねこは月を追いかけます。途中、ぶたやおんどり、こうしも一緒に行くことになりますが、みんな途中であきらめて帰ってしまいます。しかしかあさんねこはあきらめずどこまでも月を追いかけます。そして…! 母強し!ドキドキワクワクの物語を楽しめる絵本です。テンポのいい文章と躍動感のある絵が物語のおもしろさをいっそう魅力的にしており、クスっとしながらもその物語の世界に入り込んでしまいます。お母さんならおかあさんねこの言葉に感心させられる部分もあるはず。親子で楽しみ、読んだ後は温かい気持ちになる絵本です。ちなみに日本では月にはお餅をついているうさぎがいるといわれていますが、北ヨーロッパでは水を運ぶ男女がいるといわれているそうです。

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=444

これらの絵本を「借りたい!」という方は事務所までどうぞ。

 

なわてブックス 2016/08

 

夏休み中にも恵文社さんから「夏」にぴったりな絵本3冊が届いていましたので

遅ればせながらご紹介させて頂きます。

3冊のうち、2冊はとってもアーティスティックでユーモア溢れる絵本で、

また1冊は、多くの方が小学生の頃に国語の教科書で読まれたことのある「あの!」絵本です。

まず1冊目は・・・・・

『オセアノ号、海へ』

アノニマ・スタジオ アヌック・ボワロベール&ルイ・リゴー 作 絵/松田素子 訳

http://www.anonima-studio.com/books/picture_book/oceanogo/

s-006

s-007

いつもと少し趣を変えて、ポップアップが楽しい海のしかけ絵本はいかがでしょうか。ストーリーだけでなく目で見て楽しめるしかけがたくさんある、海と船のおはなしです。さあ冒険の旅に出発!オセアノ号の旅が海の上と中の2層に分かれて進行していきます。ページによって飛び出し方が違ったり、隠れている場所があったりと、細部まで本格的にしかも美しく作られています。海の美しさや厳しさ、豊かさなど、様々な海の表情を楽しめるストーリー。子どもも大人も楽しめること間違いなしです。

『スイミー』

好学社 レオ・レオニ 作・絵/谷川俊太郎 訳

http://www.kogakusha.com/book/187/

s-002

s-003

海、魚の絵本といえばやはりこちら。『スイミー』です。ちいさな赤い魚の兄弟たちのなかで、1匹だけ真っ黒の魚の「スイミー」。大きなマグロがやって来て、兄弟の魚たちを飲み込んでしまいます。逃げられたのはスイミーだけ。そんな中見つけた、スイミーにそっくりな小さな赤い魚たち。しかし「遊ぼう」と誘っても「大きな魚に食べられるから」と岩陰から出て来ません。スイミーは考えて・・・皆で大きな魚のふりをして泳ごうとみんなを誘います。赤い魚たちの中でスイミーは目になって、みんなで力を合わせ大きな魚を追い出しました。定番中の定番ですが、永く愛される要素が絵にも文章にもストーリーにもつまった、ぜひとも子どもたちに出会ってほしい絵本です。お父さんお母さんももう一度出会って、親子で永く楽しんでいただきたい1冊です。

『はまべにはいしがいっぱい』

好学社 レオ・レオニ 作・絵/谷川俊太郎 訳

http://www.kogakusha.com/book/はまべにはいしがいっぱい/

s-004

s-005

レオ=レオニが愛してやまない小石を、えんぴつのみで描いたモノクロの絵本です。はまべには石がいっぱい。普通の石が多いけど、見たこともない不思議な石も。ひたすら石、石、石…の絵で見せる絵本。言葉は少なく、絵もモノクロですが、いつまで見ていても見飽きることのない魔法のような絵本です。谷川俊太郎さんの翻訳と重なり、ひきこまれるような、不思議な世界が広がります。子どもの想像力をかき立てる、大人も子どももながく楽しめる1冊です。

こちらの絵本、借りてみたいという方は事務所までお越し下さい。

なわてブックス 2016/07

 

今月は「夏」をテーマに恵文社バンビオ店の津村さんがセレクトして下さった絵本3冊が

今日届きましたので、さっそくご紹介致します。

 

s-026

s-027

s-028

 

『なつのいちにち』

偕成社/はたこうしろう作・絵

夢中で遊ぶ子どもの夏の1日を、臨場感たっぷりに描いた絵本です。暑い暑い夏の日、クワガタムシのいる山をめざしてぼくは走ります。真っ白な日ざし、青い草のにおい、響き渡る蝉の声、麦わら帽子をかぶって走る少年…。おはなしはシンプルですが、ページの構図や絵の雰囲気、少ない文章がその世界観を効果的に表しており、ページをめくるごとに夏の空気が溢れ出し、夏の世界を全身で感じられる絵本です。子どもはこれからくる夏の日々にワクワクし、大人は記憶の中の夏にどこかノスタルジックな気分になる、この季節に親子で一緒にじっくりと読んでほしい1冊です。

http://www.kaiseisha.co.jp/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=723&vmcchk=1&option=com_virtuemart&Itemid=9

 

 

s-018

s-019

s-022

 

『トマトさん』

福音館書店/田中清代作・絵

夏といえばトマト。図体の大きい真っ赤に熟れた「トマトさん」のお話です。ある暑い夏の日。トマトさんは川に泳ぎに行きたくなります。ミニトマト達がぽっちゃんぽっちゃん気持ち良さそうに飛び込んでいく音が聞こえるのです。しかし、体の重いトマトさんは動けません。じりじりと地面から伝わる暑さが身に応えます。すると、畑の虫達があちらこちらから出てきてトマトさんの為に……。

水の中に入った時のトマトさんがとても気持良さそうで、こちらまで水にじゃっぽーんと飛び込みたくなる爽快な絵本。表紙の憂いをおびたトマトさんのインパク大の顔からもお察しの通り、ページをめくる度に表情豊かなトマトさんにくぎ付けになること間違いなしです。暑い夏にみんなで楽しめる絵本です。

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=11584

 

 

s-030

s-031

s-032

 

『ジャック船長とちびっこかいぞく』

BL出版/ピーター・ベントリー作/ヘレン・オクセンバリー絵/山下明生訳

つい先日発売されたばかりの絵本です。この絵本、男の子はきっと大好きだと思います!ジャックとザックとカスパーは、ゆうかんなちびっこかいぞく。すなでつくったかいぞく船にシャツのセイルと、よだれかけのはたをかかげて、さあしゅっぱつ!元気いっぱいの男の子たちが、想像の海にのりだします。とどまることを知らないごっこ遊びの想像の世界。パパ&ママ海賊につかまってしまうというラストもくすっと笑えて、子どもはきっと夢中に、大人は優しい笑顔になる1冊です。オクセンバリーの美しくあたたかみのある絵も親しみがわきます。繰り返しながく楽しめる1冊になるはずです。

http://www.blg.co.jp/blp/n_index.jsp

 

まもなく夏休みを迎えますが、その前に「夏」らしく爽快な絵本はいかがですか?

貸し出しは事務所まで。

 

なわてブックス 2016/06

 

今週は雨の日々が続いていますが、そんな”雨の日にぴったり”の絵本を

今月も恵文社の津村さんが送ってきてくれましたので、津村さんの推薦文と一緒に

ご紹介致します。

 

『おんなのことあめ』/ミレナ・ルケショバー作/ヤン・クドゥラーチェク絵/竹田裕子訳

 

s-010

s-012

s-014

 

女の子と雨のやさしい交流を描いた、チェコの人気絵本作家によるおはなしです。外を歩いていた女の子が雨に出会います。雨は女の子と一緒に遊びたいのですが、女の子が家に入ってしまって置いてけぼり。雨は悲しくてしくしく泣きながら女の子を探し回ります。そこへレインコートを着た女の子が再び現れて・・・。雨粒ひとつひとつまで丁寧に描きこまれたとても美しい絵に釘付けになります。ページをめくるたびに変化する雨の色彩が、雨の気持ちを表情豊かに表しています。雨を避ける人や動物とは対照的に、雨を喜ぶ生き物たちのいきいきとした姿も印象的です。女の子目線ではなく、雨目線ですすむお話も新鮮です。雨の日の美しさを教えてくれる絵本です。

http://www.holp-pub.co.jp/books/50059/

 

 

『あめ ぽぽぽ』/ひがしなおこ作/きうちたつろう

 

s-009

s-007

s-008

 

小さいお子さまから楽しめる、雨の日の様子をリズミカルに描いたおはなしです。ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…。まるで雨粒が語りかけてくるよう!歌人の東直子さんが豊かな雨の世界をリズミカルに言葉で紡いでいます。雨の日の音や匂い、感覚を思い出して心地よくなります。読んだ後は雨の中を歩いてその世界を楽しみたくなる1冊です。小さいお子さま向けです。

http://shop.kumonshuppan.com/shopdetail/003001000041/

 

 

『アルマくんカエルになる』/片山令子作/広瀬ひかり絵

 

s-001

s-003

s-004

 

小さなカエルたちが主人公のおはなしです。おたまじゃくしのおっぽがのこった小さなマルマくん。うまく泳げなくて泣いていると、はすのバスに乗ったがま先生がやってきて特別授業をすることに。うきわと水中めがねを装着して泳ぎ方をならい、少しずつ泳げるようになります。アルマくんがゆっくりゆっくりかえるになるまでのお話で「だいじょうぶ、ゆっくりでいいんだよ」ということを教えてくれる温かい絵本です。子育て中のお父さんお母さんにも読んでほしい1冊です。銅版画でできた美しい絵もとても素敵です。

http://www.bronze.co.jp/books/post-72/

 

これら3冊の絵本はようちえん事務所で貸し出しを行っていますので、気になる方は

どしどしご連絡下さい!待ってま~す!

 

なわてブックス 2016/05

 

今月も、暖かいこの季節にぴったりの”自然を感じる絵本”2冊が恵文社の

津村さんから送られてきましたので、ご紹介致します。

 

まず、はじめの1冊は・・・

『みつけてくれる?』/あかね書房/松田奈那子作・絵

 

s-001

s-002

s-003

 

「あかちゃんがくるからかくれちゃえ!」お姉ちゃんになることにとまどうはなちゃんは、ネコのクロと一緒に隠れる場所を探しにとびだします。自分やまわりの動物たちに問いかけて励まされながら、お姉ちゃんになることをゆっくりと受け入れていく心の成長を描いた物語です。その揺れ動く心とそれを支える周りの自然や動物たちをやさしく色彩豊かに描いています。親子で温かい気持ちを味わってほしい1冊です。

http://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251098917

 

そして2冊目は、恵文社バンビオ店でワークショップや読み聞かせなどのイベントも

行っておられるあの作家さんの絵本・・・・

 

『たんぼレストラン』/ひかりのくに/はやしますみ作・絵

 

s-004

s-005

s-006

 

田んぼにはいきものがいっぱい。「いただきまーす」。いっぱい食べて、食べられて…。田んぼの1年の移り変わりとともに、約70種類の生物が登場するこの絵本。構想から完成まで5年かかったそうです。たんぼの中で繰り返されるエネルギッシュで豊かな営み、大きなものが小さなものを食べていく食物連鎖の様子を、力強いタッチで子どもにもわかりやすく明るく描いています。色彩鮮やかでダイナミックな自然の世界を肌で感じられる、3月に発売された絵本です。

http://www2.hikarinokuni.co.jp/hikaridb/ISBN/ISBN978-4-564-01872-5.html

 

読んでみたいというおともだちは事務所まで借りに来て下さいね!