なわてBOOKS 2019/02

 

☆『はっぱとはなのせかい』 オークラ出版発行/作:イヴォンヌ・ラセット☆

 

s-IMG_6371

s-IMG_6372

s-IMG_6376

この本は、こどもたちの「やってみたい」気持ちをかき立てる絵本ですね。
文字はなく、写真で本物の花や葉っぱをつかって、いろんなどうぶつを描いてあります。
こんなのつくってみたい、や、ぼくはこうするよ、私はピンクがいいわ、など
可愛い声が沢山聞こえてきそうな、わくわくする絵本です。

 

☆『せかいいちのいちご』 小さい書房発行/作:林大林 絵:庄野ナホコ☆

 

s-IMG_6377

s-IMG_6378

s-IMG_6379

ある日 てがみが届きます 「いちご おとどけします」
そして届いた うまれてはじめての 1つぶの赤いいちご。
あまずっぱくて いい香り もったいなくて なかなかたべられない。
…それから毎年いちごのはたくさん届くのだけれど なぜかよろこびは減ってしまう…
「うまれてはじめて」を、子どもたちにたくさん経験してほしいですね。
☆『わたしはねこ』 リトルモア発行/作:松田奈那子☆
s-IMG_6380
s-IMG_6381
s-IMG_6382
小さなペットと暮らす生活はとても楽しいですね。でも大きくなるにつれていつも一緒にはいられなくなります。お友だち、学校などこどもをめぐる環境は、どんどんせわしなく変化していきます。
それでも、2人の時は昔と一緒。ねこにとって「かなこはわたしのいもうと」
おんなのこの成長を見守る ねこのほんとうの気持ちが描かれており、親目線からも共感できる内容です。
今月の絵本セレクトは恵文社生活館の星山さんでした。
http://www.keibunsha-books.com/