なわてBOOKS 2018/03

 

「今月の絵本」2冊が京都の恵文社から届きました。

読んでみたい、読み聞かせに使用したいという方は

事務所まで借りにきてくださいね!

 

『さかなはさかな』
好学社
レオ・レオニ 作・絵

 

s-IMG_0463

s-IMG_0464

s-IMG_0465

 

さかなのところに、幼馴染のおたまじゃくしがかえるに成長して訪ねてきます。川の中から出たことのないさかなはかえるの話を聞き、外の世界を想像してうらやましくなります。自分の目で外を見たくなったさかなはとうとうかえるの真似をして川から飛び出してしまいます。大変!外の世界に憧れて想像をあれこれ巡らすさかなですが、大変な目にあって自分という存在や自分のいる環境の素晴らしさに気づきます。自分は自分、そのままで素敵なんだよというメッセージが子どもの自己肯定感を育みます。

 

『ラチとらいおん』
福音館書店
マレーク・ベロニカ 作・絵

 

s-IMG_0459

s-IMG_0461

s-IMG_0466

 

ラチは世界でいちばん弱虫です。そんなラチのところに小さな強いライオンがやってきました。ラチはライオンがそばにいてくれることで少しずつ強くなっていきます。ある日、友だちのボールをとったのっぽの男の子をラチは夢中でおいかけボールを取り返します。ふときがつくとライオンの姿はありません……。あわてたラチが家にもどると、ライオンからは手紙が残されていました。ライオンに出会って強くなっていくラチ。ライオンが、ラチ同様これから新しい世界に飛び込んでいく子どもたちにも、きっと強さと自信を与えてくれるはず。