なわてBOOKS 2018/02

 

『いっしょならもっといい』
偕成社
ルイス・スロボドキン作

 

s-IMG_9952

s-IMG_9953

s-IMG_9954

 

ぼくひとりであそべるよ。でもふたりなら、もっとたのしくなる。いっしょに走ろう、手をつなごう!ひとりももちろんいいけど、だちと一緒だと世界が広がるね。楽しさも何倍にもなるね。優しくほのぼのとしたともだちいっぱいの絵本。1年間、幼稚園やクラスのお友だちとの絆を深めたであろう子どもたち。進級や卒園の前にオススメです。

 

『フレデリック』
好学社
レオ・レオニ 作

 

s-IMG_9945

s-IMG_9948

s-IMG_9951

 

仲間の野ねずみが、冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしていました。冬が来て、楽しく過ごしていたのもつかの間、食べるものが尽きて、おしゃべりもする気にならなくなりました。「フレデリック、君が集めたものはどうなったんだい?」そこでフレデリックは…。「あなたはあなたでいいんだよ」「他の人たちと考え方が違ってもいいんだよというメッセージが子どもや仲間の肯定感を育みます。今の子どもたちにぜひ読んでほしい絵本です。

 

『ともだち』
玉川大学出版部
谷川俊太郎 作/和田誠 絵

 

s-IMG_9955

s-IMG_9958

s-IMG_9961

 

「ともだちってかぜがうつってもへいきだっていってくれるひと」―谷川俊太郎の珠玉の詩と、和田誠のほのぼのとしたイラストによる絵本。よい友は一生の宝であり生きて行くうえで友だちがいかに大切かということを、やさしいことばと楽しい絵により幼児にもわかりやすく語りかけます。

 

桜の会リーダー会(最終回)

 

s-IMG_0048

 

本日、今年度最後となる第6回桜の会リーダー会を行いました。

今回は1年間の感想や反省などを皆さんにお話しして頂き、

課題などを共有しました。

詳細については、後日配布致します「会だより」をご覧ください。

クラスリーダーの皆様、

1年間様々なことにご協力頂き本当にありがとうございました。

そして

来週お子様と共になわて幼稚園を卒園される高橋様と由水様、

四役という大役を務めて頂きありがとうございました。

 

s-IMG_0051