なわてBOOKS 2018/01

 

遅くなりましたが恵文社より1月に届いた絵本2冊のご紹介です。

「読んでみたいな」「読み聞かせてあげたいな」と思われた方は

事務所まで借りに来て下さいね!待ってまーす!

 

『おしくらまんじゅう』
ブロンズ新社
かがくいひろし作

 

s-IMG_0546

s-IMG_0547

s-IMG_0548

 

いたずら紅白まんじゅうが、あんな子からこんな子まで、おしくらまんじゅう。こんにゃく、なっとう、ゆうれいまで登場します。おされたみんなはどうなる?!ページをひらいてびっくり!「だるまさん」シリーズの作者、かがくいひろしさんが描くユニークでみんなで楽しめる絵本です。

 

『てぶくろがいっぱい』
偕成社
フローレンス・スロボドキン 作/ルイス・スロボドキン 絵

 

s-IMG_0551

s-IMG_0552

s-IMG_0553

 

双子の男の子ネッドとドニーはある日、赤い手袋を片方なくしてしましました。すると街の人たちがみんなが手袋を届けてくれました。でも、あまりにもたくさん赤い手袋が集まってくるので、さあ大変。いったいどうしたらいいの?
寒い冬の日に読みたい、楽しくて愉快な、心あたたまるおはなしです。