5月2015

異年齢交流

 

昨日、本日と幼稚園の一部のクラスでは年長組+年中組、年長組+年少組間での異年齢交流として

一緒に給食を食したり、幼稚園の周辺をお散歩しながら交流をはかっています。

 

≪給食交流≫

s-026

s-033

s-043≪お散歩交流≫

s-007

s-010

s-03312

 

なわてジャーナル 0520

 

今日の午後は今年度初のP・P活動を行いました。

年中、年長児は前年度に経験していますが、年少児にとっては初めてのP・P活動になります。

給食後、1時ちょうどにテーマ曲「ハイホー」の曲が流れると、年中、年長児の子ども達は”待ってました!”

と言わんばかりにお友だちと一緒にお目当てのコーナーへ向います。

年少児はお友だちと一緒に各コーナーの様子を見ながら、時間の経過と共に少しづつ活動に

溶け込んでいく様子が伺えました。

 

今回1番人気のあったホールのサーキットコーナー。

s-005

s-010

屋上でひと遊び終えて「次何して遊ぼうか?」と相談する年中児たち。

s-023

折り紙コーナー。先生が折り方などを教えますが・・・

s-036

年中児が年少児に折り方を教えるなど異年齢交流も見られました。

s-040

サーキット遊びで競争する年長児。遊びでも真剣です。

s-050

「たのしいよ~先生」と満面の笑みを浮かべる年少児。

s-020

 

第2回目のP・P活動は来週に行う予定です。

 

リズム遊び【年少組】

 

今日の年少児さんはホールでリズム遊び。

めぐみ先生の弾くピアノの音色に合わせて・・・

羽を広げて・・・

 

s-008

s-005

s-018

s-009

 

ホール全体を元気に駆け回る年少児達でした。

 

なわてジャーナル 0513

 

今日の年少児さんは幼稚園の農園でさつまいもの苗植えを行いました。

事前に農園部長の青バスのおじさんらが畑を耕してくれていたため、

年少児達はおじさんの手ほどきを受けスムーズに苗を植えることが出来ました。

苗植えの際には、土の中に小さな虫を見つけた女児が

「いやや~土触られへん」と嘆くとそっと虫をとってあげる優しい男児の姿も。

子どもたち同様に、さつまいももすくすくと立派に成長してくれることでしょう。

 

s-026

s-040

 

満3歳児で入園したお友だちも「よいしょっ、よいしょっ」と頑張っていますよ。

 

s-033

 

苗植えの最中には公園へお散歩に出掛けるキラキラ笑顔の保育所、まんまるの2歳児たちが

「言ってきまーす!」と通りがかりました。

4月から入所した子ども達は、新しい環境にもすっかり慣れ

第2のホーム(←まんまるのコンセプトでもあります)での時間を満喫している様子。

 

s-023

 

一方、園庭では未来のなでしこジャパン候補!?

の年中女児が男の子に負けないくらい元気にミニゲームを繰り広げていました。

中にはついつい手を使ってしまう子どももいますが、

これから回数を重ねるごとに、ルールを守って遊ぶ楽しさを知ってもらえたらと思います。

 

s-047

s-073

 

ここでもお散歩帰りの”ピンク帽子”まんまる児が年中児に交じってみんなの応援をしてくれていましたよ。

 

s-068

 

たけのこ描画【年長組】

 

今日の年長組さんは全クラスとも美和先生の指導の下、色々な画材を使って「たけのこ」を描きました。

はじめに先生から、「みんなはたけのこ見たことある~?」との質問から始まり、

その後、筆の使い方や描く際のポイントなどについて先生が持ってきてくださった

本物のたけのこを見ながらのレクチャーが行われました。

 

s-byo002 (2)

 

「ここ触ってごらん」「ざらざらしてるね」「なんか短い毛みたいなのが出ているね」「これからどうなると思う?~」

と想像力をかき立てるようなお話をしてくださった後で、描画に入ります。

 

s-byo002 (1)

s-byo021 (2)

s-byo021 (1)

s-byo024

s-byo027

 

このように、今日も子どもらしいダイナミックで素晴らしい作品がたくさん生まれましたよ!

 

しゃぼん玉遊び

 

今日は正門前のベンチに座ってぺんぎん組のお友だちがしゃぼん玉遊びをしていました。

頬っぺを大きくふくらまして一生懸命「ふーー」と吹くみんなの表情がとっても可愛らしかったので「パシャ」。

上手に吹けいっぱいのしゃぼん玉が出てくると「やった~」と嬉しそうに飛び跳ねて喜ぶお友だちなのでした。

 

s-sbo041

s-sbo017

s-sbo016

s-sbo022

 

日舞&サッカーのお稽古はじめ【年長組】

 

長いゴールデンウィークも終わり、幼稚園に子ども達の姿が戻ってきました。

年長組の子どもだちは今日から日舞&サッカーのお稽古の始まりです。

どちらも12月に予定されている日舞発表会やサッカー大会に向けてこれからお稽古に励んでいきます。

 

s-nic017

 

カプラ室では若峯董先生の熱心な指導が行われ、

子どもたちもいい緊張感を持ってお稽古に取り組んでいました。

自分の順番を待つ間もお行儀よく、正座で待ちます。

 

s-nic033

s-nic005

 

また、園庭ではサッカーを選択した子ども達がシュート練習やミニゲームを行いました。

今日は少し蒸し暑かったので水分補給もしっかり行いながら、気持ち良さそうに汗を流していました。

12月には成長した子ども達の姿をご覧頂ければと思いますのでお楽しみに!

 
s-nic038

s-nic025

s-nic050

 

なわてブックス 2015/05

 

今月のなわてブックスには年長組さんが生活発表会で演じるあのタイトルの絵本や、

20世紀のデザイン史に残る偉大なデザイナーが手掛けた何ともおしゃれな絵本などが届きました。

それぞれの絵本について恵文社一乗寺店の保田の推薦コメントをご紹介します。

まずはじめはこちら・・・

 

『いばらひめ』

(絵:エロール・ル・カイン 訳:矢川澄子 / 発行: / 250mm × 195mm / 32p / ハードカバー / ¥1200)

 

s-020

s-023

s-025

 

少年時代を日本で過ごしたこともある、イギリスを代表する絵本作家、エロール・ル・カイン。彼の残したロマンチックなファンタジー絵本のなかでも、とりわけ美しくイマジネーションに満ちた傑作『いばらひめ』。原作はグリム童話より、「眠れる森の美女」とも。本書は1976年に発行された初版の新装版です。全イラストをデジタル化し、原書のもつ繊細で味わい深い色味を再現、細部にまで目を凝らしてしばし幻想世界に浸ってください。年長組の皆さんが本作の劇をされるとお聞きしています。絵本を手に、どうぞ存分にイメージを膨らませてくださいね。

 

そしてもう1冊目は・・・

 

『アンリくん、パリへ行く』

(絵:ソール・バス 文:レオノール・クライン 訳:松浦弥太郎 / 発行:P-Vine Books / 220mm × 285mm / 48p / ハードカバー / ¥2400)

 

s-018

s-012

s-013

 

有名企業のロゴを数多く手がけ、ヒッチコック監督作『めまい』やプレミンジャー監督作『黄金の腕』など映画のタイトルデザインでも不朽の仕事を残した、20世紀を代表するデザイナー、ソール・バス。(日本では、化粧品会社の「KOSE」や、ガソリンスタンド「JOMO」のロゴがおなじみ)。彼の遺した唯一の絵本がこちら。どのページも隅々まで行き届いた計算、極めて洗練された画面構成、そして茶目っ気たっぷりのユーモア。グラフィックデザインのお手本のような紙面に思わず溜息が出てしまいます。もちろん、パリに憧れる少年の冒険を描いた物語も素敵で、読みごたえ十分。翻訳は松浦弥太郎さん。

http://books.spaceshower.net/books/isbn-906700462