なわてジャーナル 市民の集い編

 

10月26日の日曜日に毎年恒例の四條畷市の「市民の集い」に全学年が出演しました。

今年の出演順はあおぞら幼稚園~忍ヶ丘幼稚園に続いての最後の出番。

10月とは思えない暑さの中、みんな落ち着いてしかも楽しんで演技してくれました。

 

s-shimin2 (2)

 

10時55分より始まった年中児のパラバルーン、年少児のエビカニクスに続いていよいよ年長児の登場です。

待ち時間も長かったにも関わらず、どの顔も比較的リラックスした表情を浮かべ、見て頂く喜びを感じているようでした。

 

s-shimin2 (1)

 

年長児の運動表現も、この日をもって最後となるため、

「みんながんばろうね~」と、自然に声を掛け合っている姿が見られました。

 

s-shimin3

s-shimin7

 

本番中はしっかりと大きな声で自分たちでカウントをとり、

欠席したお友だちの穴埋めは、それぞれが自然と手を貸し合い

一生懸命工夫しながら演じる姿には、見ていた教師たちも思わず感動する程でした。

みんなのとても良い表情、自信に充ち溢れた姿、年長児の誇らしさがそこにありました。