夏期保育

(1日目)

8月27日(月)から夏期保育が始まりました。

いろいろな遊びを考えだす名人が子ども!!

子ども達が自由な発想で遊ぶことのできる園庭を作りました。夏休み中に生まれ変わった園庭を見て、子ども達はとても喜んでくれました。

DSCN4643

 

DSCN4646

 

DSCN4663

 

 

 

 

DSCN4653

 

DSCN4660

 

 

 

 

 

又、ブロック塀を全て撤去し安全な塀を取り付け、より安全な環境が整いました。安心して楽しく遊んで下さいね。

 

(2日目)

今日は不思議あそびの日。

夏ならではの“水の不思議”をプールで行ないました。

「あれ?」「何で?」コップの水はひっくり返すと流れるのに、何で流れなくなるのか、たくさん考え、試してみる子ども達の顔は真剣そのもの!!

水遊びだけで終わるのではなく、適切な環境を整え、保育者の働きかけによって子ども達の創造性や探究心、考える力を育んでいきたいものです。

DSCN4671 DSCN4667 DSCN4674

夏休みのチェリールーム

酷暑の今年!!なかなか外には出られませんね…。

そんな中でも、チェリールーム(預かり保育)の子ども達は夏を楽しんでいます!

DSCN4622

カブトムシに興味津々、平気で触れる子もいれば、腕に登って来て泣き出す子も。

生きものを通して優しい心をはぐくんでね。

 

 

DSCN4633

暑い時はこれが最高!!(果汁100%の物を希望者にお出ししています。)

上手に食べられない子には、年長児が「下を押したら上がってくんねん」と教えてくれていました。

 

 

今年は特に熱中症及び余震対策を強化し「お子様の安全安心」を第1に保育に臨んでおります。

のぞいてみよう!!

暑さが厳しい季節がやってきました。

外では元気よくセミが鳴き、「先生!セミ捕まえて!」と木の上にとまっているセミを指で差して教えてくれます。

虫かごに入れクラスに持って帰ると「わぁ!今鳴いたよ!」と皆、セミに興味津々。「お腹が空いたから鳴いたんじゃない?」「お母さんがいないから悲しいのかも・・・」「喉が渇いているのかも。お水をあげよう!」と水の入った入れ物を虫かごに入れる等、生き物にとても優しい子ども達です。

食育活動

幼稚園の園庭ではクラスで育てている、トマト・キュウリ・枝豆・人参がすくすくと大きくなってきています。

春に苗を植えてから「大きくなあれ」と思いを込めて、水やりをして育ててきました。太陽の光をたくさん浴び育った野菜!!

DSCN4155

 

DSCN4157

 

 

DSCN4156

 

 

 

 

 

いよいよ収穫の時期となりました。年長がキュウリを収穫した時には「すごーい!顔より大きいよ!!」「触るとチクチクする!!」と喜んでいました。収穫してからも、「赤ちゃんキュウリが出来てるよ!」と生長を気にかけて、また収穫できる日をのことを楽しみに待っている子ども達です。

プール開き

気温31℃、青空の下。蚊取り線香の香りが漂う中でプール遊びが始まりました。

DSCN4160

 

 

DSCN4164

 

 

 

 

地震の恐ろしさを体験した子ども達の心のケアに努めたこの一週間でしたが、子ども達のプールで楽しむ満面の笑みを見て、少しホッといたしました。

夏の自然を五感覚(味覚・触覚・聴覚・視覚・嗅覚)で感じたり、汗をかく心地よさや木陰の涼しさ等、様々な体験を通して、心身共に一段とたくましく成長されますように願っています。

宿泊保育に向けて…

年長組は今月、宿泊保育に行きます。

毎年キャンプ場まで行くのですが、行く為には招待状が届かないと行くことができません。

「あれ?まだ届いていないなぁ…」

「幼稚園でいいことしたら届くかも?」

「みんなで仲良くしたらいい!!」と、どうしたら届くか話し合う毎日です。

そして友達が困っていると助けてくれたり、

「どうしたの?」と友達同士話し合う姿も見られるようになりました。

おうちの方と離れて過ごす1泊2日。ドキドキしている子もいますが、

「みんなで大きいお風呂に入るの楽しみ!!」

「キャンプファイヤーっていうのもするんだって!!」など、わくわくしている様子も少しずつ見られます。

「明日には届いているといいなー」と、招待状が届くのを楽しみにしています。

 

おべんとう大好き!!

当園では、月・水・金曜日が給食日。

火・木曜日がおうちの方の手作り弁当の日です。

初めてのお弁当の日には、登園するなり、弁当を持ってきたことを満面の笑みで教えてくれる程、

楽しみで仕方がないようでした。

おうちの方が作って下さるお弁当をみんながうれしそうに幸せそうに食べる姿を見ると、

この一時、おうちの方との深い愛情と絆を感じます。

お弁当は本当に良いですね。

今月末には、給食参観の日を設けます。

子ども達がたくさんの人々の手が加わり、給食をいただけることに気づき、

一口でもたくさん食べてみようという気持ちを育みたいと願っております。

お子様の「食」への興味・関心を高め、ご成長を楽しみに、あせらずに関わっていきたいものです。

のぞいてみよう!!

入園・進級から10日程が過ぎました。

保護者の方々は新しい環境に慣れるまで、朝は本当に大変だと思いますが、がんばって幼稚園まで(バス停まで)連れてきて頂き、心より感謝申し上げます。

一日でも早く、子ども達が幼稚園へ行くのを楽しみと思えるように全力で子ども達と向き合い、肯定的に受け止め、自己肯定感を育てています。

さて、今日は快晴で、子ども達は園庭でのびのびと遊んでいます。

DSCN3981

DSCN3975

満開のツツジに「きれい!!」と心を動かされます。

 

 

 

DSCN3973

 

いつもより たくさんの葉っぱが落ちているのを発見!!(5月に新芽が出てくる前に古い葉っぱが落ちてくるのですね?!)

 

 

DSCN3983

集めて…集めて…集めて…一言!!「重いかなぁ」とつぶやくSくん。「どうだろうねぇ♡」と答えると・・・。

持ち上げてみて「かるーい!!」とちょっとびっくりした様子!!思わぬ発見に嬉しそうでした。

 

 

又、葉っぱのシャワーやふしぎな色合いの葉っぱをうまく使って、ままごと遊びをしたり・・・子ども達は本当に遊びを広げていく天才ですね。

クラスで可愛がっているぬいぐるみ

ぬいぐるみに名前をつけ、ご飯やおうちを作ったりして、

一年間も一緒に遊んできました。

だんだんおうちが古くなってくると、時々子ども達が修繕をしてくれます。

でも、もうすぐクラスの皆は進級で新しいクラスへ。

ぬいぐるみのことをどうしてあげたらいいのか考えている

優しい姿が見られました。

 

みんなでおばけごっこ

子ども達は今、みんなでごっこ遊びをするのが大好き!

ある子どもの「おばけだぞー!」と言うひと声から、

みんなで一斉におばけごっこの遊びが始まります。

椅子を並べておばけ屋敷をつくったり、ティッシュをちぎって顔につけ、おばけに変身します。

中には髭をつけたおじいさんおばけも…。

お客さん役になる子ども、おばけになる子ども、おばけ屋敷のお姉さんなど、

やりたい役になりきって楽しんでいます。

保育者も一緒になって遊びを楽しみます。