外遊び

4月とは思えない強い陽ざしの中、異年齢活動が始まりました。

今日はまず、黄色い花を見つけ、じーっと見ている子の周りに子ども達が集まってきました。

DSCN5372 DSCN5380 DSCN5381

 

 

 

 

「かわいいねぇ」「きれいねぇ」

「何っていうお花だろう?」「たんぽぽかなぁ…」

子ども達がヒソヒソと話し始めます。

「図鑑でしらべたら?」と言う子どもの声に

保育者が早速用意すると、1ページずつ丁寧にめくっていきます。

「あっ、これ、あっちにあったよー」と、本の中で見つけ、

うれしそうに走ってその場所に連れて行ってくれました。

DSCN5377 DSCN5383 DSCN5384

 

 

 

 

広い園庭ではありませんが、小さな発見をたくさんして、とても楽しい一時を過ごせていました。

花の名前を知りたいと思ったことがきっかけで、たくさんの草花と親しむことができました。

子ども達の主体性を大切に、関わる大切さを改めて感じました。

明日はちょうちょが遊びに来てくれるかしら…

 

春を感じながら、大型遊具で思いきり体を動かすことを楽しんでいる姿も見られます。

小さな新入園児にやさしく順番を譲る年長児。

「はやくすべってやー」と、詰まってくると、声をかけたり、

「あっちにありさんいるでー」と教え合ったり…

DSCN5378 DSCN5390 DSCN5385

 

 

 

 

子ども達のいろんな“育ち”を見て、とても嬉しく思います。

遊びは、「~ねばならない」ではなく、「~がしたい」と思えることが大切。

その中でこそ、子ども達は心身共に健やかに成長されていくと願っています。

進級に向けて

先日、クラスで最後のお弁当日でしたが、

みんなで顔を見せ合い、楽しく食べました。

DSCN5298

「すごい!みんなの顔が見える!」と

子ども達もとても喜び、

「こっち空いてるよ!一緒に座ろう」と

友達に誘いかける姿も見られました。

「みんなで食べるとおいしいな」「新しいクラスでもまた一緒に食べたいな」

「みんなであんな事したよね」とたくさんお話し、楽しいひとときを過ごしました。

進級しても、思いやりの心をもった優しい子ども達に育っていってほしいです。

DSCN5303 DSCN5300

お別れ遠足

おだやかな春の陽気の中、年長組は明治製菓へ出発!!

信号を渡る時は、手を挙げて渡ったりと

交通ルールを守りながら上手に歩くことができていました。

工場に着くと、きのこの山ができる様子を実際に見たり、

匂ったり興味津々で楽しそうな子ども達。

その後、ふしぎ森で昼食をとり、お菓子もみんなでおいしく食べました。

DSCN5175

 

お正月あそび(凧揚げ)

幼稚園から届いたプレゼントのお年玉。

その中の一つに凧が入っていました。

「早くとばそう!」と、とっても嬉しそうな子どもたち。

凧に絵を描き、自分たちだけの凧が完成!!

早速年少組と年中組で園運動場へ行き、凧揚げを始めます。

寒い中にも関わらず、元気よく走る子どもたち。

「ちょっと待っててくれる?」「上げるよ」

と走る子と凧を上に上げる子に分かれて協力し合う姿や、

糸が絡んだ時は「やってあげる!」と言って解いてあげたり、

数個ある凧を順番に使ったりする姿が見られます。

広い園運動場、高い空へ向かって「わぁ、高く上がった!」「見て見てー!」と

喜びながら凧揚げを思いきり楽しみました。

DSCN5056

雪のペンキ屋さん

クラスでいつも歌っている歌「雪のペンキ屋さん」。

雪遊びを楽しみにしている子ども達は、

雪のペンキ屋さんがやってきて街中を雪でいっぱいになるよう、

外に向かって大きな声で歌いました。

すると、冷たい風が吹き

「寒いっ!!」「もしかして雪のペンキ屋さんが来たんじゃない?」

と、想像を膨らませていました。

その後、雪でいっぱいになったらどんな事をして遊びたいかを口々に楽しくお話ししていました。

秋の自然

異年齢で園運動場へ行きました。

サッカーや大縄跳び、鬼ごっこ等

幼稚園の園庭とは異なる遊びをめいいっぱい楽しみました。

「入れてー!」と声をかけ合い、異年齢で一緒に遊ぶ姿も見られました。

また、秋ならではのどんぐり拾いや、落ち葉を使い、

「こんなに拾った!」「落ち葉シャワー!」とそれぞれが

思い思いの楽しい時間を過ごすことができました。

DSCN5006

DSCN5004

DSCN5015

ハロウィン製作

クラスでは、ハロウィンのおかし製作をしました。

色々な材料から好きなものを選び、

「見て!キャンディつくったよ」「これはプリンだよ」

「チョコレート!ジュースもつけたよ」と

DSCN4897

DSCN4898

 

 

 

 

おいしそうなおかしが沢山出来上がりました。

他にも、「トリックオアトリートって言うんだよ」と子ども達同士で教え合ったり、

「ハロウィンの日、誰かおかしもらいに来るかなぁ…」と心待ちにする子ども達。

秋ならではのイベントも子ども達と一緒になって楽しんでいます。

DSCN4899

DSCN4900

 

園運動場

年長組と年少組で園運動場に行きました。

園運動場では、竹馬や自転車など玩具を使って遊んだり、

仲間を集めて鬼ごっこをしたり、たくさん体を動かして遊んでいました。

「竹馬はこうやって使うんだよ」など、異年齢で関わりながら一緒に楽しそうに遊んでいました。

また、木の枝や葉っぱなどを見つけて、「みてみて!たくさん拾ったよ」と、

うれしそうに見せ合いっこするなど自然物と触れ合いながら遊ぶ姿を見ることができました。

DSCN4773

 

DSCN4776

 

DSCN4777

 

 

子ども主体の活動

昨日は、みんなが楽しみにしていた〝おみこしわっしょい″の日。

まつりばやしの音楽にふれながら、クラスの枠をはずし、異年齢活動を行いました。

子ども達の様子をのぞいてみると…

おさいふ(チケット入り)を首から下げ、

「かきごおり」「なんでもや」「チョコバナナ」「やたい」を自由にまわり、

「おやつカフェ」では、年長児の丁寧で礼儀正しい接客に、年少・年中組の子ども達も、

安心してお店でくつろいでいました。

スーパーボールすくいでは、初めての年少組の子ども達も

年上のお兄さん・お姉さんの姿を見よう見まねで挑戦したり、

年中・年長児がそっと教えてあげたり…

年長組の子どもは、7コ以上で2コもらえるルールをクリアしようと、

「1、2、3、4、5、6、、、」と数をかぞえ、「あーあと1コ足りないっっ」と残念そうにしていたり…

1つの遊びを通して、数に興味を持ったり、友達との関わりを深めたり、

お客さま(相手)のために心配りをしたり、様々な製作で工夫表現したり…

子ども達はとても楽しみ、また、いろんなことを学んだ一日でした。

子どもの主体的な活動の大切さを改めて感じました。

夏期保育(3日目)~交通指導~

高槻警察の方をお呼びしまして、子ども達へいろいろな交通の約束を教えて頂きました。

信号機や道路標識を持参して下さり、歩道や横断歩道を作って、実際に2人組で歩いてみることに!!

「右見て、左見て、右を見て・・・」と上手に渡ることができました。歩行者用信号の青信号の点滅の時は渡らず、止まる姿も見られました。貴重な体験をすることができました。

2学期は園外保育や遠足を通し、歩くことが増えます。公共のマナーや交通ルールを守る大切さを学んでいきたいと願っています。又、“歩く”経験は特に年長児の子ども達にとって、とても大切です。小学校へ向けて積極的に取り入れていきたいものです。