5月2019

カステラ屋さん

絵本「ぐりとぐら」から、美味しそうなカステラに興味をもった子ども達。

ぐりとぐらのカステラ屋さんをイメージしてみると、

「フルーツをのせたら?」「ソーダ味はどうかな」

「お肉ものせてみよう!」と個性豊かなカステラメニューができ、

絵を描いて表現しました。

カステラ屋さん1 カステラ屋さん2

 

 

 

 

様々な色のクレヨンを使い、一生懸命に描いていました。

子ども達の個性や発想を大切に、これからも関わっていきたいです。

虹色の大きなこいのぼり

何も描いていない無地の大型こいのぼりを見て、

「描いてみたい!!」と言い、

どんなこいのぼりにしようかイメージを広げる子ども達。

そして、そのイメージしたものを言葉で子ども同士伝え合い、

「虹色こいのぼり」を作ることになりました。

作り進める中で、一人ひとりイメージする「虹色」に

少しずつ違いがあり、思いのぶつかり合いもありました。

しかし、言葉で伝え合う中で、友達の思いにも気づこうとし、

互いの意見を取り入れながら最後は楽しく作ることが出来ました。

こいのぼり全体 つばきのこいのぼりアップ