11月2017

秋の外遊び

だんだん寒くなってきましたが、子ども達は元気に外で遊んでいます。

鬼ごっこやどんぐり、色どりの葉っぱなど、秋の自然物を探して遊んでいます。

図鑑を外に持って行って調べたり、

「こっちの葉っぱは赤いね」「もみじもあるよ」と、

友達同士で話し合ったり、異年齢で関わる姿も見られ、

自然の移り変わりを感じながら、楽しく遊んでいます。

DSCN3787

 

いもほりの経験から育む力

秋晴れの下、毎年子ども達が楽しみにしている行事の1つ「いもほり」に

近所の畑へ出かけました。

今年度は学年毎ではなく、年中・年長組の縦の関係(異年齢)で行なって、

いっそう助け合う姿が見られたり、仲良くなったりしました。

いもほりでは、土の中の生き物(ミミズ・ダンゴムシ)との出会い、

”いも”にはいろんな大きさや形があることに気づき、粘土質独特の感触やにおいを感じ、

又、あきらめずに掘り起こす力等、たくさんの学びがあります。

さて、いもの収穫に感謝し、年長組では”おいもクッキング”を毎年行っています。

みんなで協力してクッキングをし、スイートポテトの甘い香りがただよう中、おいしくいただきました。

更に、いも堀りを経験したことを表現してみることに…

クレパスや、折り紙等、子ども達が表現したいことをいろんな素材を選んで描いた作品は

どれもイメージ豊かで独創的なものばかり…

子どもの心に残る保育に取り組んでいきたいと願っています。

DSCN3778   DSCN3780

DSCN3779