秋の小さなお店屋さん

雨の日がよく続き、やっとお外で遊べる!となると、元気にかけ出していく子どもたち。

走りまわる子どもたちの中で、いらっしゃいませーの声が。

DSCN3734

行ってみると、色んな色や形の葉っぱ、石を集めて

小さなお店屋さんが開いていました。

中では、自分より小さなお友達にかがんで優しく接する姿や、

それを嬉しそうにしている子の姿と微笑ましい光景が広がっていました。

「お客さんになって」と、近くの違う学年の子に声をかけたり、

手をつないで連れてきたりと、

うんどうあそび後、一層異年齢での関わりを楽しむ子どもたちです。