12月2015

よろこびにあふれて・・・

先週18日、無事に終了式を終えました。

12月は慌ただしく忙しい月です。その中に皆がホッと安心できるクリスマスがあるのも神様の御計画なのでしょうか。

クリスマスキャロルでの子ども達の歌声が今も心に残っています。12月のこの時期は、あちらこちらでクリスマス曲が流れていますが、子どもたちの天使の歌声に勝るものはありません。きっと、子ども達の歌声はイエス様やサンタさんに届いたでしょう。キャロルが終わって数日後、突然聞こえてきた鈴の音に、子ども達の大歓声がありました。「サンタクロースだ!!」「ボクたちのうたが届いたかも!」と口々に話す子ども達。全身で喜ぶ子どもたちの姿が見られました。

今年のクリスマスも子ども達の喜びが表現につながり、たくさんの楽しい作品が各クラスで出来上がっていました。どのクラスも同じものはありません。ただ「つくる」ことだけに目を向けるのではなく、「こうしてあげたいな」「そうだったらいいのにな」という思いがぎゅっとつまったステキな作品でした。3学期は個の響きが生み出す力が友だち同士で刺激し合い、さらに喜びにあふれた日々を過ごせますことを願っています。

 

大好きな桜ヶ丘幼稚園のお友達へ

冬休みにどんなたのしいことがあるのでしょう?!みんなのお話が聞けることを楽しみに待っています。けがをしないよう気を付けて下さいね。

教職員一同