皆で協力して作ったおみこし

先日、年長組の皆でおみこし作りをしました。

「私、材料取って来るね。」

「〇〇くん、それいいね。」等と、

協力したり、認め合ったりしながら、

コミュニケーションを取り合って、楽しく取り組みました。

DSCN5809

 

 

 

 

男児は、お祭りの出店にある

スーパーボール、たこやき、やきそば

いろんな物が乗った「お祭りおみこし」。

女児は、おみこしを担ぐ際、キラキラした星やハート等が

ふわりと舞う工夫をした「キラキラ金魚おみこし」を作りました。

そして、皆で一生懸命作ったおみこしを

幼稚園の夏祭りで担ぎました。

DSCN5835

 

 

 

 

保護者は年少児・年中児に見守られ、

温かい雰囲気の中で「わっしょい、わっしょい!」と

元気に担ぎ、楽しいお祭りの日になりました。

 

えほんのへや

幼児期ならではの絵本との出会い、楽しみ方を経験できる場を作りたいと、“えほんのへや”を始めて3年目になります。

子どもたちの中でも、“えほんのへや”の使い方が浸透してきました。

“えほんのへや”の空いている時間に「先にお外で遊んでから、来たよー」と嬉しそうにやってくる子どももいるくらいです。

子ども達が自分で選びやすいように表紙を向けて展示しているせいか、じっくりと絵を見て選んでいます。一人一人が落ち着いて自分のペースでページをめくり、楽しむ姿が多く見られます。

友達同士で読み合ったり、年長さんが年少さんに読んであげたり…ルールのない所が、この“えほんのへや”の良いところなのです。

もちろん、絵本の読み聞かせも行っています。

子ども達は、動画のような画一的な動きとはまた違う静止画ならではのオリジナルの動かし方(想像する楽しさ)をこの“えほんのへや”で、たくさん経験してもらいたいと願っています。

また、字に興味をもつ子ども達もでてきて、「これ何て読むの?」という姿も……読書 習慣にもつながっていくような絵本も展示していきたいと思っています。

夏休みのチェリールーム

園舎は、チェリールーム(預り保育)の子ども達が

自由にのびのびと過ごされています。

DSCN5701 年長組のおもちゃを借りて

蛇を作ったよ!

 

 

DSCN5703 疲れたら畳の上でゴロゴロTIME

そのまま眠っても、遊びに戻っても

自由です。

 

DSCN5708 全身運動のためにも

午前は大型プール、午後はエアーランド

遊びを毎日行っています。

 

生活リズムは保ちながらも、一斉に一律の活動はしていません。

一人一人の“やりたい”を見守り、

お家のように安心して過ごしてもらえる様、

保育に臨んでいます。

プールあそび

くもりや雨の日が続く7月ですが

梅雨の晴れ間を見つけて、プールあそびが始まりました。

子ども達はプールあそびが大好き。

プールの中に一歩足を入れるだけで

「キャー!つめたーい!!」と、大興奮!!

ペットボトルで作ったシャワーを頭からかけたり

魚のおもちゃをたくさん釣ってお魚屋さんごっこをしたり

年少組でもお友達同士遊ぶ姿が見られるようになりました。

そんな中、シャワーの水が頭にかかりその水しぶきが

太陽の光でキラキラと輝いて見える瞬間がありました。

自然と子ども達の方から

「きれーい」「私の頭もキラキラしてる?」などの声が。

一瞬の出来事でしたが、子ども達の表情もキラキラしていて

とてもあたたかい気持ちになりました。

 

もっともっと大きくなぁれ!!

「せんせい、おへやまでおくっていってほしい」と

手をギュッとに握ってきて不安そうに話していた〇〇君が、

今日、初めて、自ら私の手を離し、「ここでいいよ」

とお部屋へと向かっていった。

〇〇君の後ろ姿がとてもたのもしく思えました。

突き放すのではなく、子どもが自ら巣立っていくまで

たとえ時間はかかっても寄り添い、不安を支えることで

本当の強さが育つのだと改めて感じた一時でした。

 

本日終了式!!

明日から夏休み!!

一学期のしめくくりとして、ホールに全園児が集まり、共に過ごしました。

どの子の顔も“自分”というものをしっかりと表現していて

元気に育っていることに、心からうれしく思いました。

夏休みの後、どんな風に成長しているのか、

いろいろと想像しながら、楽しみにしています。

 

 

栽培物

GW前に植えた栽培物。

「何が出来るかな?」と園庭に出る度に

成長を楽しみに水やりをしていた子ども達。

ある日、「オクラが出来てるー!!」と大喜び!

早速オクラを収穫しました。

みんなで育てたオクラを食べると「おいしい!」

「おかわり欲しい!」と嬉しそうに食べていました。

苦手な子どもも、食べてみようという気持ちがでたようで

とても嬉しかったです。

栽培物を通して、楽しく食育しています。

DSCN5527

カステラ屋さん

絵本「ぐりとぐら」から、美味しそうなカステラに興味をもった子ども達。

ぐりとぐらのカステラ屋さんをイメージしてみると、

「フルーツをのせたら?」「ソーダ味はどうかな」

「お肉ものせてみよう!」と個性豊かなカステラメニューができ、

絵を描いて表現しました。

カステラ屋さん1 カステラ屋さん2

 

 

 

 

様々な色のクレヨンを使い、一生懸命に描いていました。

子ども達の個性や発想を大切に、これからも関わっていきたいです。

虹色の大きなこいのぼり

何も描いていない無地の大型こいのぼりを見て、

「描いてみたい!!」と言い、

どんなこいのぼりにしようかイメージを広げる子ども達。

そして、そのイメージしたものを言葉で子ども同士伝え合い、

「虹色こいのぼり」を作ることになりました。

作り進める中で、一人ひとりイメージする「虹色」に

少しずつ違いがあり、思いのぶつかり合いもありました。

しかし、言葉で伝え合う中で、友達の思いにも気づこうとし、

互いの意見を取り入れながら最後は楽しく作ることが出来ました。

こいのぼり全体 つばきのこいのぼりアップ

 

 

外遊び

4月とは思えない強い陽ざしの中、異年齢活動が始まりました。

今日はまず、黄色い花を見つけ、じーっと見ている子の周りに子ども達が集まってきました。

DSCN5372 DSCN5380 DSCN5381

 

 

 

 

「かわいいねぇ」「きれいねぇ」

「何っていうお花だろう?」「たんぽぽかなぁ…」

子ども達がヒソヒソと話し始めます。

「図鑑でしらべたら?」と言う子どもの声に

保育者が早速用意すると、1ページずつ丁寧にめくっていきます。

「あっ、これ、あっちにあったよー」と、本の中で見つけ、

うれしそうに走ってその場所に連れて行ってくれました。

DSCN5377 DSCN5383 DSCN5384

 

 

 

 

広い園庭ではありませんが、小さな発見をたくさんして、とても楽しい一時を過ごせていました。

花の名前を知りたいと思ったことがきっかけで、たくさんの草花と親しむことができました。

子ども達の主体性を大切に、関わる大切さを改めて感じました。

明日はちょうちょが遊びに来てくれるかしら…

 

春を感じながら、大型遊具で思いきり体を動かすことを楽しんでいる姿も見られます。

小さな新入園児にやさしく順番を譲る年長児。

「はやくすべってやー」と、詰まってくると、声をかけたり、

「あっちにありさんいるでー」と教え合ったり…

DSCN5378 DSCN5390 DSCN5385

 

 

 

 

子ども達のいろんな“育ち”を見て、とても嬉しく思います。

遊びは、「~ねばならない」ではなく、「~がしたい」と思えることが大切。

その中でこそ、子ども達は心身共に健やかに成長されていくと願っています。

進級に向けて

先日、クラスで最後のお弁当日でしたが、

みんなで顔を見せ合い、楽しく食べました。

DSCN5298

「すごい!みんなの顔が見える!」と

子ども達もとても喜び、

「こっち空いてるよ!一緒に座ろう」と

友達に誘いかける姿も見られました。

「みんなで食べるとおいしいな」「新しいクラスでもまた一緒に食べたいな」

「みんなであんな事したよね」とたくさんお話し、楽しいひとときを過ごしました。

進級しても、思いやりの心をもった優しい子ども達に育っていってほしいです。

DSCN5303 DSCN5300