子育て支援

満開の桜の木の下で

園庭の桜が満開になり、ホームクラスの子ども達が集まって遊んでいました。今年は暖かくなって、途中少し寒さもあったからか桜が例年より長くきれいに咲いていました。子ども達もたくさん桜を見て、遊ぶ事が出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ケーキのクリームみたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命拾っています★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ママにプレゼントしよっと♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温かい春の日差しを感じながら、気持ちよく遊びました。

次はどんなきれいなお花を見られるかな?

 

 

春を感じながらのおやつ ~土曜日ホームクラスにて~

土曜日ホームクラスの日。お外は、ぽかぽかいい天気♪春がやってきたのを感じます。そんな日に、おやつをお外で食べました。

「今日はいいお天気だし、ミニミニ遠足しよっか」という保育者の提案に「やった~!」「ミニミニ遠足行きた~い!」と大喜び!早速、みんなで園庭に出て、どこにシートを敷くかを考えました。

1・2歳の子どもたちがお昼寝から起きてくると、大きい組のお友達が「今からミニミニ遠足に行くよ!」「お外でおやつ食べようね」と声を掛けながら、準備を手伝ってくれました。

 

今日のおやつは「メロンパン」でした。子ども達はニコニコと楽しそうにおしゃべりを楽しみながらおやつを食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風が吹くと「この風が春を運んできてくれるんだよ」と話をしながらもっとたくさんの春がやってくるのを楽しみにしているようでした。

次は桜がきれいに咲いたらお花見しようね♪

 

 

 

ちびっこクラブが始まりました!

今日は第一回ちびっこクラブがありました。

どきどきわくわくしながら幼稚園にやってきた子ども達。

元気よく「おはようございます!!」

楽しいちびっこクラブが始まりました。

 

今日はペットボトルとビーズを使ってマラカスを作りました。

いろいろな色のビーズとシールがあります。

さぁ何を使おうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なマラカスが完成したね!!

「じゃらじゃらじゃら♪」 なんだか不思議な音がするよ

マラカスを使って楽しくあそびました。

 

たくさん遊んだ後は大きな絵本を見ました。

「はらぺこあおむし」の始まり始まり~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は園庭に出て遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のちびっこクラブは6月25日です。

元気に来てくれることを楽しみに待ってますね!

ホームクラスでは・・・☆

今年度もホームクラスでは、元気いっぱい子どもたちが遊んでいます。お天気の良い日は、外遊びを中心に、異年齢の場で子どもたちがのびのびと、自分のしたい遊びを見つけて遊べるように最大限工夫しています。

年長児が年少児・年中児の困っている様子を見て「どうしたの?」「こうすればいいよ!」と声をかけたり、初めてホームクラスを利用する子をトイレまで連れて行ってあげたり、また年少児や年中児が年長児の良いところを真似しようとしたりと、異年齢児保育の良さが随所随所で感じられるようになってきました。

今はやりの遊びは、泥だんご作りです。

どうすれば丸い、綺麗なおだんごが作れるのか?どうすれば年長児の作る物に追いつけるのか?など個人個人で違う悩みを抱え、色んな方法を模索して楽しむ様子が見られます。

 

またある日の外遊びでは・・・

 

 

 

でーーーーーんっ!

 

おだんご作りが発展して、どろんこ遊びになっていました。たっぷりの水と土が混ざったドロドロの泥がすごく気持ちよかったのか、いつの間にやらはじまっていました。

 

 

 

見てみて~

泥んこおばけだぞ~

泥んこかかしです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

泥んこ集め

冷たくて気持ちが良い~

 

 

 

 

 

 

 

思い思いの泥遊びを友だちと一緒に楽しむ子どもたち。泥の感触や気持ちよさを知り、色んな遊び方を考え、周りで遊ぶ友だちのことも考えながら遊ぶことができました。もちろんお楽しみの後のお片付けでは、ずいぶんと苦労していましたが・・・。

 

子どもたちの様子や状態など考え、毎日同じことができるわけではありませんが、ホームクラスでも楽しく過ごせるようにこれからも工夫していきたいと思います。ホームクラスからの帰り道には、また様子を聞いてあげてくださいね☆

 

わくわく幼稚園がはじまりました☆

子育て支援の1つである「わくわく幼稚園」がはじまりました。在園児より1ヶ月遅れの5月12日に入園式を行い、ドキドキ・わくわくの幼稚園生活が幕を開きました。

わくわく幼稚園とは就学前の在宅幼児を対象に、子ども同士または親子で一緒に楽しく運動や製作などの活動に取り組み、基本的な生活習慣を身につけることで、無理なく集団生活に慣れ親しむことを目的としています。

入園式では園長先生からのお話、職員紹介、その後、親子でのふれあい遊びを楽しみました。

 

大型絵本『だるまさんが』を見ている様子。お母さんの膝の上で、絵本に合わせて揺れたり、伸びたり、転んだり・・・すごく良い笑顔が見られました。2回目は立って、先ほどより大きく動きながら楽しみました。同じ絵本ですが、読み方によってひと味違う内容になりました。

びょーーんっ

だるまさんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

入園式も無事に終わり、その翌週から早速、お母さんと分かれての保育がはじまりました。泣いてくる子、分かれるときに泣いてしまう子、すんなりと遊び始める子・・・と、すごく様々な様子が見られました。

お天気も良かったのでお外に出て、元気いっぱい遊びました。滑り台や砂遊び、三輪車など幼稚園には楽しい物がいっぱいです。子どもたちも、何で遊ぼうか悩む姿がチラホラと見られました。

 

 

 

 

 

 

 

これから泥んこ遊びや水遊びなど、季節を感じる遊びも続々と登場します。初めての環境に、不安な気持ちもまだまだあると思いますが、「幼稚園は楽しい場所」と思ってもらえるように、職員一同頑張って行きたいと思います。また様子をお伝えします☆