わくわく幼稚園

りんごぐみ♡わくわく幼稚園 ハロウィンパーティ★

10月25日に、2歳児クラスのりんごぐみと、未就園児 わくわく幼稚園 みかんぐみ・ぶどうぐみの合同保育で、ハロウィンパーティをしました!来年度は一緒に年少組に上がる子どもたち。交流を通して、親しみを持ち一緒に遊ぶ楽しみや期待を持てたら良いなと思っています。

それまでにそれぞれのクラスで紙をちぎって貼ったり、シールをぺたぺた貼ったりして作った「魔女のとんがり帽子」を被って、ルンルン気分で参加です。

今やハロウィンは、仮装をしてはしゃいで楽しむイベントになっていますが、本来は秋の収穫祭で、秋の収穫物を囲んでみんなで祝う行事だったようです。その名残で、かぼちゃを使ったお菓子や料理が多く見かけられますよね!

さて、ハロウィンパーティですが、まず『ハロウィンってなんだろう?』を子どもたちに楽しみながら伝えられるように、ペープサートを使ってお話をしました。その中で、簡単な秋の収穫物のシルエットクイズをして、秋の食材に興味を持てるように工夫しました。「給食やお家のごはんでも食べられると良いね」と伝えていますので、お家でも食べ物に興味を持てるように、話をしてあげてくださいね。話の中で、悪いおばけたちが出てくるシーンがありましたが、怖かったのか被っている帽子のつばで目隠しをする2歳児らしい可愛い姿も見られました。

そのあと、ハロウィンの歌『ハッピーハッピーハロウィン』と『今夜はハロウィンナイト』の2曲に合わせて、みんなでリズム遊びをしました。手をつないで大きな円を作ったり、リズムに合わせて体を動かしたりと2歳児なりに出来ることを楽しみながら、元気いっぱい遊びました★

手をつないで大きな円を作ります♪

キラキラしながらまわるよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっちかな?こっちかな?」というところが子どもたちは一番気に入ったようで、声に出して歌いながら行っている姿も見られました。またおばけになるところでは、小さなおばけちゃんたちがいっぱいですごく可愛かったですよ。ちいさなおばけちゃんが一生懸命おどかそうとしています!「お~ば~け~だ~ぞ~!」

 

あっちかな?こっちかな?

お~ば~け~だ~ぞ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、ハロウィンなのでパンプキンの入れ物に入ったお菓子のプレゼント★中をチラッと見て、満面の笑みを浮かべる子どもたちでした。

 

 

今回のハロウィンパーティで、よく知るクラスのお友達以外との関わりを持つことが出来て、子どもたちの世界も少し広がりました。そして新しいお友達の顔を覚え、「仲良し!」と笑顔になっている子どもたちの姿を見ると、これからの成長が楽しみになります。

わくわく幼稚園の最近★

わくわく幼稚園もスタートして1か月が経ちました。最初は「家を出る時からぐずっているんです・・・」「幼稚園に行くのは楽しみにしているのですが・・・」というように泣いて来る子が大半でしたが、1か月経った今ではニコニコ笑顔で来てくれる子が大半になりました。まだ少し泣いてくる子もいますが、お部屋に入ると途端に泣き止んで遊び始める子もいて、子どもたちの中に“幼稚園は楽しいところ”ということが、わかり始めたようです。

先週、6月4日~10日は「歯と口の健康週間」と言って、元々は6月4日の6と4がむ・しと読めることから虫歯予防の意味合いで始まった啓発活動がある週です。幼稚園では、歯みがきの歌をうたったり、絵本や紙芝居を見たり、製作をしたり・・・と、子どもたちに分かりやすい形で伝え、興味を持って取り組めるように工夫しました。

わくわく幼稚園でも少し取り入れて遊んでみました。歯みがきの歌をうたい、絵本やエプロンシアターを見た後に一人一人に画用紙の歯ブラシとコップを渡してシールでかわいく飾る・・・という活動です。

みかんぐみさん

シールぺたぺたっ

シールぺたぺた・・・あれれ?

♪歯をみがきましょ、シュッシュッシュッ♪

 

ぶどうぐみさん

エプロンシアター★

しっかり見てくれています

シールぺたぺた

コロコロコロ~

 

 

 

 

 

ゴッシゴッシ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おままごとコーナーの手洗い場で、「うがいしなきゃ!」とごっこ遊びが始まりました★経験したことがすぐに遊びになって、みんなで楽しんでいます。

またお天気が良い日はお外でもいっぱい遊んでいます。お兄ちゃん・お姉ちゃんたちがしている泥んこ遊びに興味を持つ子もいたり、よ~いどんのかけ声に合わせて思いっきり走ったり・・・とすごく楽しそうです。滑り台・三輪車も不動の大人気!

 

楽しいよ~!ピース!

シュ~~~~ッン!!

下まで届くかな 

 

 

 

 

 

 

あっち見て見て~

かっこいいポーズ~

何してるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園の園庭には子どもたちがわくわくするような遊びが、いろいろな所にいっぱいあります。子どもたちも、いろいろな遊びに興味を持って、チャレンジしています。お兄ちゃん・お姉ちゃんたちの遊びを見よう見まねでしていて、私たちが驚かされることもたくさんあります。「こんなことが出来た!」「あんなことしてみたよ!」が毎日たくさんあると思いますので、「今日はどんなことしたのかな?」と楽しかったお話をいっぱい聞いてあげてくださいね★

 

 

わくわく幼稚園がはじまりました☆

子育て支援の1つである「わくわく幼稚園」がはじまりました。在園児より1ヶ月遅れの5月12日に入園式を行い、ドキドキ・わくわくの幼稚園生活が幕を開きました。

わくわく幼稚園とは就学前の在宅幼児を対象に、子ども同士または親子で一緒に楽しく運動や製作などの活動に取り組み、基本的な生活習慣を身につけることで、無理なく集団生活に慣れ親しむことを目的としています。

入園式では園長先生からのお話、職員紹介、その後、親子でのふれあい遊びを楽しみました。

 

大型絵本『だるまさんが』を見ている様子。お母さんの膝の上で、絵本に合わせて揺れたり、伸びたり、転んだり・・・すごく良い笑顔が見られました。2回目は立って、先ほどより大きく動きながら楽しみました。同じ絵本ですが、読み方によってひと味違う内容になりました。

びょーーんっ

だるまさんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

入園式も無事に終わり、その翌週から早速、お母さんと分かれての保育がはじまりました。泣いてくる子、分かれるときに泣いてしまう子、すんなりと遊び始める子・・・と、すごく様々な様子が見られました。

お天気も良かったのでお外に出て、元気いっぱい遊びました。滑り台や砂遊び、三輪車など幼稚園には楽しい物がいっぱいです。子どもたちも、何で遊ぼうか悩む姿がチラホラと見られました。

 

 

 

 

 

 

 

これから泥んこ遊びや水遊びなど、季節を感じる遊びも続々と登場します。初めての環境に、不安な気持ちもまだまだあると思いますが、「幼稚園は楽しい場所」と思ってもらえるように、職員一同頑張って行きたいと思います。また様子をお伝えします☆