1月2018

ひとつ 大きくなるんだよ!

明けまして おめでとうございます!

いよいよ、1年の締めくくりの3学期が始まりました。

今日は、どの子も「お友達に会える~!」「いっぱい遊べる~!」と、にこにこ笑顔で元気いっぱい登園して来ました。

”早く早く!”と、小走りで走って行く子ども。スキップしながら行く子ども。お友達と手をつないで話しながら行く子ども。その後ろ姿は、”うれしい!””楽しみ!”の気持ちが溢れていましたよ。

さて、今日の始業式では、こんなお話をしました。(一部)

『さあ、今日から3学期が始まりました。みんなは、楽しい冬休みを過ごしましたか?

園長先生は、大掃除をしたり、お節料理をつくったり、初詣に行ったりして大忙しの冬休みでした。

それから、かるた遊びやこままわしや凧揚げもして遊んだよ。みんなもいっぱい遊んだかな?

みんなは、先生とのお約束の、早寝早起きできたかな?お手伝いもできたかな?

おじいちゃん・おばあちゃんのお家に行って 、「あけましておめでとう」ってご挨拶してきたかな?

新しい年が始まり、今年はみんな一つ大きくなって、

りんごさんは年少さんに

年少さんは年中さんに

年中さんは年長さんに

年長さんは一年生に・・なります。

一つ大きくなるっていうことは、今よりも、もっともっといろいろな事が出来るようになります。

3学期は、先生やお友達と一緒に、大好きなことをいっぱい増やして、いろいろな事にチャレンジして頑張ってくださいね。応援しています。

それから、園長先生は、今日は嬉しいことがありました。

一つ目は、みんなが元気に来てくれて嬉しかったこと。

二つ目は、お友達が、「明けましておめでとうございます!」って、ダイヤモンド(セロテープで作った)の指輪をプレゼントしてくれたこと。

幼稚園に来てから、一生懸命作ってくれたんだって!嬉しいよね。お友達の気持ちが詰まっているもの。3学期は嬉しい気持ちをお友達や先生にいっぱい伝えてね。』

”嬉しい”気持ちが、幼稚園中に広がるって素敵ですよね。

そして”ありがとう”の気持ちもいっぱい広がっていくのは嬉しいですよね。

こんな、ほんわかした空気の中で生活できるって本当に幸せなことですね。

園長室には、『今日の”うれしい”』と書いて、ダイヤモンドの指輪を貼っています。

さてさて、今度はどんな”うれしい”が届くのでしょう。

 

餅つき会がありました

12月12日に、お餅つきをしました。

 

 

もち米の準備も完了です。

 

 

 

 

 

 

 

まずは先生がお餅をぺったんぺったん! 段々お米の形が無くなってきましたよ。

 

 

 

「先生頑張って!」「よいしょ!よいしょ!」  子ども達の声援がホールに響き渡ります。

 

 

段々とお餅の形になってきました!!

「すごい伸びる!!」 「お米なのに、どうして伸びるん??」

近くで見るお餅に大興奮!! お米からお餅への変身に興味津々な子ども達でした。

最後の仕上げは年長組のお友達に託されました。

初めて持つ杵に「重たいなぁ」「うわっ!フラフラする!」とびっくりな子ども達。

でも、みんな、力を入れて、足でふんばって、いっぱい餅つきをすることができました。

よいしょ! よいしょ!

ちょっと重たいけど頑張るぞ!

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうなお餅が沢山♪  給食の時間にお雑煮をいただきました。

自分達で頑張ってついた御餅は、いつも以上に美味しかったと思います。