りんごぐみ♡わくわく幼稚園 ハロウィンパーティ★

10月25日に、2歳児クラスのりんごぐみと、未就園児 わくわく幼稚園 みかんぐみ・ぶどうぐみの合同保育で、ハロウィンパーティをしました!来年度は一緒に年少組に上がる子どもたち。交流を通して、親しみを持ち一緒に遊ぶ楽しみや期待を持てたら良いなと思っています。

それまでにそれぞれのクラスで紙をちぎって貼ったり、シールをぺたぺた貼ったりして作った「魔女のとんがり帽子」を被って、ルンルン気分で参加です。

今やハロウィンは、仮装をしてはしゃいで楽しむイベントになっていますが、本来は秋の収穫祭で、秋の収穫物を囲んでみんなで祝う行事だったようです。その名残で、かぼちゃを使ったお菓子や料理が多く見かけられますよね!

さて、ハロウィンパーティですが、まず『ハロウィンってなんだろう?』を子どもたちに楽しみながら伝えられるように、ペープサートを使ってお話をしました。その中で、簡単な秋の収穫物のシルエットクイズをして、秋の食材に興味を持てるように工夫しました。「給食やお家のごはんでも食べられると良いね」と伝えていますので、お家でも食べ物に興味を持てるように、話をしてあげてくださいね。話の中で、悪いおばけたちが出てくるシーンがありましたが、怖かったのか被っている帽子のつばで目隠しをする2歳児らしい可愛い姿も見られました。

そのあと、ハロウィンの歌『ハッピーハッピーハロウィン』と『今夜はハロウィンナイト』の2曲に合わせて、みんなでリズム遊びをしました。手をつないで大きな円を作ったり、リズムに合わせて体を動かしたりと2歳児なりに出来ることを楽しみながら、元気いっぱい遊びました★

手をつないで大きな円を作ります♪

キラキラしながらまわるよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっちかな?こっちかな?」というところが子どもたちは一番気に入ったようで、声に出して歌いながら行っている姿も見られました。またおばけになるところでは、小さなおばけちゃんたちがいっぱいですごく可愛かったですよ。ちいさなおばけちゃんが一生懸命おどかそうとしています!「お~ば~け~だ~ぞ~!」

 

あっちかな?こっちかな?

お~ば~け~だ~ぞ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、ハロウィンなのでパンプキンの入れ物に入ったお菓子のプレゼント★中をチラッと見て、満面の笑みを浮かべる子どもたちでした。

 

 

今回のハロウィンパーティで、よく知るクラスのお友達以外との関わりを持つことが出来て、子どもたちの世界も少し広がりました。そして新しいお友達の顔を覚え、「仲良し!」と笑顔になっている子どもたちの姿を見ると、これからの成長が楽しみになります。