お芋掘りに行ってきたよ☆

9月19日20日21日、年長組、年中組、年少組がお芋堀りに行ってきました。三日間ともお天気に恵まれ、楽しくお芋掘りをすることができました。お芋が出てきた時の子ども達のびっくりの顔・大喜びの声、ワクワク・ドキドキの楽しい一日になりました。。

《年長組》

長靴を履いて、軍手とお芋を入れる袋をもっていざ出発!!

畑に到着しました!!・・・・がさつまいもは見当たりません。土からは何かが飛び出しています。畑のおじさんに教えてもらってみんな一斉に周りの土を掘りはじめます!

 

一個だけだと思ったら沢山ついてきた!!

とっても大きなさつまいも! 頑張るぞ~

 

さぁラストスパート!!

「うわぁ~!固い!」 底の方は固い土。でも、さすが年長さん!あきらめずに最後まで頑張って掘りました。

「めっちゃ大きい!!」「小さいのいっぱい付いてるわ!」持ってきた袋は収穫したさつまいもで、あっという間にいっぱいになりました。

悪戦苦闘している友達には応援隊ができ、みんなで協力して掘っていました。掘り上げた時の感動の声、笑顔、お家の人にも見た頂きたかったです。

 

 

「てんぷら、大好き!」 「焼き芋にする!」「大学芋作ってもらうねん」自分達で頑張って収穫したお芋は、いつも以上においしいと感じることでしょう。

 

《年中組》

前日に年長組のお兄ちゃん・お姉ちゃんにお芋を見せてもらい、「次は僕たちだ!」と、とても楽しみにしていた年中組の子ども達。

バスの中ではお芋掘りに期待を膨らませながら先生たちと「やきいもグーチーパー」の手遊びを楽しみました。到着して、畑を見た子ども達からは「えっ!これ全部さつまいも~!?」とびっくりする声が!☆

前日の晴天のおかげで、土はサラサラ。自分で綺麗にお芋の周りの土を掘り出して収穫することができました。

なかなか抜けない大きなさつまいもにわくわくしながら、根気強く掘りつづける子ども達。

あともう少しだ!

友達のも手伝うよ 

 

 

 

 

 

 

 

自分のお芋が掘れたら、友達の手伝いもしみんなで協力して大きなお芋を沢山収穫しました。

 

 

 

 

 

 

 

掘り終わった後は、クラスごとにお芋を見せ合いました。

小さなお芋も大切そうに袋に入れている姿にほっこり^^

虫探しも楽しみ、ニコニコで帰りのバスに乗りました。

バスの中は「さつまいもの天ぷら楽しみ~」「お芋ご飯作ってもらう!」「早く食べたいな~」と自分達で収穫したお芋を食べるのがとても楽しみな様子が見られました。

 

《年少組》

年少組は、今回のお芋掘りが初めての園外保育です。クラスのお友達や先生と一緒にバスに乗り込み、出発~!

 

バスに乗るだけで”ワクワク感”満載のところに、年長さんや年中さんの掘ったお芋を見せてもらっていたので、”期待感”最高潮!!のバスの中でした。

大きいお芋、取れるかな?」「早くお芋掘り、したいな!」などいろいろな話をしながら、わくわく・ドキドキ、心躍らせながらお芋畑に向かいました。

 

お芋畑に到着すると、畑の広さに思わず「わぁ、すごい!」「早くお芋掘りしよう~」という子や、わーっと走って行く子など様々な子ども達の様子が見られました。担任の先生に一人一人の掘る場所を教えてもらい、いざお芋掘りスタートです★

 

 

 

 

 

 

お芋の頭がちらっと見えていたので、子ども達にも分かりやすく、「掘りたい」という気持ちをかき立てていたようでした。様子を見ていると、「おいもっ・おいもっ♪」とルンルンで掘り進める子、「かたくて掘れないよ~・・・」と頭を抱える子、土を触ることが苦手な子、少し掘って虫が出てきてびっくりする子など様々で、みんなキラキラの笑顔が見られました。

先生、見て見て~

ジャジャ~ン♪

大きいでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

掘り終わった子ども達は、先生に誇らしげに、また自慢げに見せていました。

「頑張って掘れたね!」「すごいね~」と褒めてもらうと、より良い笑顔に変わっていきました。

自分の頑張った思いをしっかりと受け止めてもらえ、嬉しかったのだと思います。

自分のところが堀り終わった子ども達は、近くのお友達の手伝いをしたり、畑の草や虫などの自然に触れて遊んだりとすごく楽しい時間となりました。クラスのお友達みんなが掘り終わると、次はクラスの「お芋屋さん」がスタート。

どれにしようかな♪

どれもおいしいお芋ですよ

 

「大きいお芋、ひとつどうぞ」「小さいお芋、ふたつどうぞ」などお店屋さん(先生)から話を聞いて、「どのお芋にしようかしら?」「私はこれにする!」など会話のやりとりも楽しみながらお芋を自分の袋に入れていく子ども達でした。

 

 

お芋が入って重たくなった袋を大事そうに抱えて、バスに向かう子ども達の後ろ姿はたくましく、ちょっぴりお兄さん・お姉さんの仲間入りをしたようにも見えました。

どの学年の子ども達も掘った後、達成感・満足感、収穫の喜びを表情や姿から感じられました。

最後まで諦めず一生懸命に掘った大切な「おいも」。それをおうちの方と一緒においしく食べられたならきっと子ども達にとって意味のある行事になったのではないかと思います。