運動会に向けて、みんなの気持ちにスイッチが入ってきたよ。

二学期が始まり3週間が過ぎようとしています。子ども達の生活のリズムも戻り、今はいろいろな運動遊びを楽しんでいます。

年長さんは、念願のガードや鼓隊、和太鼓などに取り組み頑張っています。”自分のやりたいものを選び取り組む”ということは、そこに責任も生まれてきます。自分が選んだものに対して役割と責任が生じることで、”一生懸命頑張る” ”友達と一緒に頑張る” 気持ちが出てきました。そして、幼稚園最後の運動会のオープニングやフィナーレを飾ろうと張り切っています。

さて、今年の運動会は、8年ぶりに小学校の運動場をお借りし青空の下で行います。子ども達が空の青さや白い雲、風の心地よさ、お日様の光をいっぱい浴びて、元気いっぱい運動遊びを楽しんでくれることを願っています。

運動会は幼稚園生活前半のまとめとして、子どもの育ちを見ていただく機会です。教育目標の『健やかな心と身体』の子どもを育むためには、色々な楽しい経験、挫折や葛藤する経験が必要です。

そのために、運動会の遊びに取り組む中で幼稚園では、
*すべての競技が遊びからの出発点であること。
*子どもの発達、興味に合わせて内容を考えていくこと。
*遊ぶ過程を大事すること。
*その過程で、体を動かすことの楽しさ、友達と力を合わせる喜び、競争意識、仲間意識、達成感、ルールや約束などを学んでいけるよう取り組むこと。
と、職員が共通理解して、個々に寄り添った援助をしています。
身体を動かすことが苦手な子どもは気おくれすることもあるかもしれませんが、これはたくましく育っていくための山でもあります。今、その子にとって必要なことを経験しています。『やればできる!きっとできる!』を合言葉に自分の力を精一杯発揮していくと思います。
保護者の皆様も、「つかれたぁ~!」「しんどい!」と思う我が子の気持ちに寄り添いながら、励まし応援してやってください。

運動会をやり終えた子ども達は、ひと回りもふた回りも心身ともに成長した姿を見せてくれると思います。
楽しみにしていてくださいね。