楽しい夏休み!始まりました。

夏期保育も終わり、待ちに待った夏休みがやってきました。

子ども達は、「夏休みになったら・・・・」「楽しいことがいっぱい!」と、ワクワクしています。それぞれ、先生に「~~するねん。」「~~行くねん。」など、お家での会話を伝えてくれる子どももいます。

さて、保護者の皆様にとっては、子どもは楽しみにしていてくれるけれど”ちょっと憂鬱”な夏休みでしょうか?

毎年夏休みが終わる頃、「もう少しで2学期が始まるわ。ホッとするね。」という会話をよく耳にします。みんなが無理なく楽しく過ごせるよう、ちょっとひと工夫してみてはいかがでしょう?

★『お手伝い』は、子どもが大好きなジャンルです。
例えば「今日の洗濯物探し・・」 と題して、洗濯かごの中の洗濯物以外にないかな・・・と言うと、「これも洗って・・」と家じゅう探して持って来るかもしれません。子どもの役目は、洗剤を入れて「スイッチ・ポン」の係です。すごく喜びますよ。

ちょっとした言葉でやる気満々! やる気の出る言葉で、どんどんお手伝いしてもらいましょう。
うまくできていなくても、「ありがとう!」や「助かったわ!」の言葉を忘れないように!!
子どもも”人の役に立った””ありがとうって言ってもらった”という気持ちを感じることで、自分は認められている存在として、認識していくのですね。

★『なかよしハグ』は、兄弟げんかを少なくする方法です。仲良しなのに、くっついては、「も~!」「なんでよ!」「くっつかんとって!」などから始まり、しまいには「うわ~ん!」とどちらかが泣く・物を投げるなど、喧嘩に発展します。
お母さんにとっては「うんざり!」気持ちわかります!!
思わず「もう、いい加減にしなさい!!」と怒ってしまいますよね。
お母さんと一緒に、みんなで、なかよし❤ハグ❤をしましょう!

朝:今日も楽しく過ごそうね。❤ハグ❤

昼食後:午前中、なかよし兄弟だったね。嬉しいよ。❤ハグ❤

寝る前:今日も楽しい一日だったね。ありがとう!❤ハグ❤

これだけだけでも、効果があるかも・・・。長い夏休み試してみるのもいいかもしれませんね。

先日の”子育ておしゃべりサロン”で、長い夏休みを乗り越える詩をお渡しました。

よ~く考えてみるとこの詩のとおりなんですね。
子ども達も保護者の皆さんも、お互いに相手を見ると、子どもの笑顔に元気をもらってる・・・とか、子どもの笑顔で思わず笑顔になれる・・って感じますよね。
子ども達も同じですよ。お母さんの笑顔で笑顔になり、お母さんの笑顔で”よし、頑張ろう”と元気になり、お母さんの笑顔でポカポカ心があったかくなり、嬉しくなるんですね。
そう思ったら、イライラしていても、怒りの火の玉が燃え上がっても、なんだか、落ち着けそうですね。
夏休み、お元気で楽しく過ごしてくださいね。
       
                    賀前智美