年中組 泥遊び

梅雨とは言いながら、毎日いいお天気が続いています。真っ青な空に浮かぶひこうき雲、園庭の色とりどりのあじさいの花。

初夏の風に揺られ、「私をみて!!」と言っているようです。

子ども達の毎日は、あじさいの花に囲まれ、四季の移り変わりを感じながら、外で元気いっぱい遊んでいます。

今、幼稚園では泥遊びが子どもたちの間で大流行!! お友達や先生と遊んだり、ホームクラスでも泥団子作りが流行っています。

 

お家から持ってきたゼリーの入れ物や幼稚園のおもちゃを使って 山を作って溝を掘って川を作って・・・

友達とイメージを膨らませて、いろいろなものを作っていました。

 

 

裸足になって泥を踏んだり触ってみたりして、泥の感触を楽しんでいます。

中には服が汚れてしまうことを気にする子もいましたが、泥で遊ぶお友達の様子を見ながら、楽しそうな姿に一緒に遊ぶようになりました。

 

男の子女の子問わず泥団子作りが大人気!! 大きい団子を作る子、小さな団子をたくさん作る子、綺麗な丸にしようと頑張る子 それぞれこだわりがありながらも互いに作り方を教え合ったりしながら、泥団子作りを楽しんでいます。

壊れてしまってもへっちゃら!!  すぐに新しい団子を作り始めます。

泥まみれなことを忘れてしまうくらい、いつも楽しく遊んでいます。

手洗いと水分補給を忘れずにこれからも元気に遊ぼうね!!