園外保育 年長組 舞洲緑地

5月9日(火)に年長組の子どもたちが舞洲緑地に遠足に行ってきました!!

お弁当やシートを入れた荷物を持ってバスに乗って出発!!

バスの中では歌をうたったりなぞなぞクイズをして楽しみました。

 

舞州緑地に到着!!

さっそく散歩に出発します。

 

とても広い芝生広場!!

 

きれいな黄色やな~ 

いろんな虫や花を見つけることができました。

シロツメクサで冠作れるんやで!!

 

 

散歩中はタンポポタンポポの綿毛シロツメクサをたくさん見つけました。

綿毛を飛ばしたりシロツメクサを集めたり、子どもたちは春の自然に興味津々!!

 

 

次はバスで到着したときから気になっていたアスレチックで遊びます!!

 

とても大きいアスレチック!!

 

「次はどれにする?」「あっちに行ってみようよ!!」

長い滑り台にくるくるまわる滑り台、クライミングに運てい

友だちと誘い合って遊んだり挑戦していたりしていました。

 

 

滑り台だけでも沢山種類があり、心行くまで遊んでいました。

 

いっぱい遊んだ後はお弁当の時間!

シートを広げてお弁当を出していただきます♪

 

お母さんが作ってくれたおにぎりをお腹いっぱい食べます。

中には朝起きて自分で作ってきたという子も・・・

おにぎりの具材を見せ合ったりして楽しく過ごしました。

 

年長組になってはじめての園外保育は雨が降ったり止んだりと不安定な空模様でしたが、

土砂降りになることなく楽しく過ごすことができました。

 

 

 

”ありがとう!”の気持ち伝わりましたか?!

昨日は、母の日。

子ども達は、大好きなお母さんにプレゼントをすることを楽しみにしながら、”母の日”のプレゼントを作りました。出来上がりはそれぞれで個性いっぱいです。一生懸命頑張り、出来上がった時は満面の笑顔でした。「なんて言って渡そうかな」「お母さん、喜んでくれるかな?」子ども達は、お母さんの喜ぶ顔を想像して一生懸命作ったのですね。

いかがでしたか? どんな顔をしてプレゼントを渡してくれましたか?ささやかなプレゼントですが、子ども達の思いが詰まっています。そのおもいを受け取ってやってくださいね!

さて、さて、”母の日”は、日頃の労をねぎらってもらって「お母さん、ありがとう!」と言ってもらう日でもありますが、私達親は、「私の子どもに生まれて来てくれてありがとう!」と感謝する日なのかもしれませんね。

長谷川満先生のブログにこんな詩がありました。

年長さんが、”幼稚園のママだから”と、プレゼントしてくれました。

詩 「 しあわせのにおい 」

あなたは
しあわせのにおいを
かいだことがありますか?

そのにおいをかぐと
みんなやさしいきもちになるのです
そのにおいをかぐと
みんなやさしいえがおになるのです

あたたかくて
やらかくて
あまいにおいがするのです

あかちゃんをだっこしたときのにおい
あかちゃんのねがおにほっぺをよせたときのにおい

あれがしあわせのにおいです

あかちゃんはしあわせをつれてくるのです

だから
おかあさんのやさしいえがおは
しあわせのにおいがするのです

BY  はせがわ みつる

昨日の”母の日” 「いつも、ありがとう!」と、子どもや孫に囲まれて楽しい時間を過ごしました。年を重ねておばあちゃんになっても、「あなたのお母さん」

いつまでも、いつまでも、笑顔でしあわせを紡ぎたいなと思った一日でした。

年長組 野菜の苗を植えました

幼稚園の第二グラウンドにちびっこ農園が完成!!

先生と実習生が協力して作りました。

 

そしてゴールデンウィーク明けの5月8日、

年長組の園児たちが、ちびっこ農園に野菜の苗を植える日がやってきました。みんな、ワクワク・ドキドキ!

 

お水と肥料を運びます。

穴を掘ってお野菜のお家を作ります!!

先生のお手本をしっかり確認中

苗が折れないように一つ一つ丁寧に植えていきます。

斜めにならないように慎重に・・・

 

植え終わったら次は水やり! みんなで順番にあげていきます。

 

楽しみだね!!

早く大きくなーれ!!

おいしいなすびできるかな?

 

なすび

きゅうり

ミニトマト

 

なすびミニトマトきゅうり、オクラ、などなど・・・いろいろな野菜を植えました。

明日から野菜のお世話で大忙し!!   おいしい野菜ができたらみんなで食べようね!!

 

ぼくたちのつくったはたけ
ほら!かんばんもつくったよ!

 

 

 

 

保育参観・PTA総会、ご参加ありがとうございました!

入園・進級して、もう3週間が過ぎました。早いものですね。

「ママ~!!」と泣いていたお友達も、だんだん園生活に慣れてきて、安心できる人や場、物を見つけて、自分の居場所作りをしています。ほんのわずかな期間ですが、一人一人がいろいろな思いを心にもちながら、頑張っているんだなと嬉しく思うと共に、集団の力のすごさを感じます。この一年の成長が本当に楽しみになってきました。

今回初めて、全学年同時に参観をさせていただきました。兄弟姉妹のいらっしゃるご家庭は忙しかったのではないかと思いますが、小学校の参観の練習と思ってお許し下さいね。でも、たくさんの保護者の方が総会にも参加してくださり、職員も役員の皆さん方も、エールを頂いたように思います。今年一年、保護者の皆様のご意見を伺いながら、子どもにとってベストの環境を作っていきたいと考えています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、ミニミニ講話でお渡しした、『アメリカインディアンの教え』=『子どもが育つ魔法の言葉』 どうぞ、ご家庭の良く見えるところに貼っておいてくださいね。イライラした時、この文章を音読(声に出して読む)してはどうでしょう。イライラが治まり、温かい言葉が溢れだすかもしれませんね。

 

 

こどもの日のつどいをしました!

 

5月1日は、全園児がホールにそろって、「こどもの日のつどい」をしました。こどもの日について知り、興味が持てるようにと、考えて行いました。

年長組の子どもたちは、自分たちで作ったオリジナルかぶとをかぶって参加です。

みんなで元気よく「こいのぼり」の歌を歌いました。りんごさんも年少さんも、大きな声で楽しそうに歌っていました。

そして、年中組・年少組・ホームクラスで作ったこいのぼりを紹介しました。自分たちのクラスのこいのぼりが紹介されると嬉しそうに、「みんなで作ったんだよ」と自慢げにニコニコと笑顔でした。スタンプしたもの・チョキチョキした紙を使ったもの・キラキラのシールを使ったもの・・・様々な方法で作られたこいのぼりたちがホールで気持ち良さそうに泳いでいました。

次に、こどもの日クイズに挑戦です。みんなで楽しみながら知る事が出来るように、他には、こいのぼり父さん・こいのぼり母さんへの質問タイムなどがありました。

こいのぼり父さん&母さん登場!お父さんは物知り博士だよ

 

元気で優しい子どもに育つように…!

そんな願いが込められた「こどもの日」

子どもたちなりにお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんの思いが感じられたようです。

 

 

 

 

最後にみんなで「アヒルのダンス」を元気よく踊って、楽しい「こどもの日のつどい」を終わりました。

グァグァ・パッタパッタ♪♪

 

 

 

 

 

 

 

その後・・・ぱんだ組さんにかっこいいかぶとをかぶったほし組さんが来て、なんとかぶとをプレゼントしてくれました!

こうやってかぶるとかっこいいよ★   

見て見て!素敵でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達が元気に、すくすくと成長できるように、今日も青空をすいすい気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりが見守ってくれているようです。またお家でも話をたくさん聞いてあげてください★