2019年度 卒園式&修了式

コロナウイルス感染症の拡大防止により3月は家庭保育をお願いすることとなりました。

ご理解とご協力をいただき、まことにありがとうございました。

260名の園児の姿や元気な声が聞こえない寂しさ、どのクラスも3分の1の

人数で園全体が静かでいつもの幼稚園がこんなに幸せだったことを身にしみて感じました。

なんとか3月生まれの誕生会、卒園式、修了式もでき、とりあえず安堵です。

 

最後の仕上げ期間、一年間過ごしてきた友達や先生と時間が減少し、ほんとうに

子どもたちには残念なひと月となりました。4月からの新年度はいつも通りに

予定し、毎日こどもが安心して過ごせるように努めます。

保護者のみなさま、この一年間ありがとうございました。

 

感謝 感激 保護者パワーは圧巻!!

2月28日(金)新型コロナウイルス感染防止策が発表され、

3月2日に予定していたお祝い会を急遽することになりました。

前日一回のみの練習とは思えないほどの仕上がりと

スムーズな進行に驚きました。

保護者方の子どもたちを楽しませる趣向は毎年

圧巻ですが、今年は本当にすごかったんです。

もう最後の方は感謝、感激で涙腺がゆるみっぱなしの

素敵なお祝い会でした。

保護者のみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 

楽しかったね。生活発表会

2月15日(土)生活発表会を行いました。

多くの保護者の方に見守られ、どのクラスの子ども達も

練習の成果を発揮してくれました。

例年心配されるインフルエンザによる欠席もなく

各クラスとも元気に発表してくれました。

保護者のみなさま、ありがとうございました。

 

節分会

2月3日(月) 節分会を行いました。

先生が親子になって節分の日について

劇をしながら教えてくれました。

本物の恵方巻を西南西に向いて

黙々と食べていたら「いいな~」

「食べたいな」という声も・・・

ヒイラギ鰯や豆まきの話も聞いた後

鬼に豆(実際は玉入れの白玉)を投げて

無病息災を願いました。

 

お茶参観

1月10日から15日まで3日間、年少、年中、年長組がお茶参観を行いました。

朝早くから多くの保護者の方にお越しいただきありがとうございました。

 

年長組は親子ともに抹茶を点てました。

卒園記念制作で親子で作ったお茶碗で子どもたちが

点てたお抹茶を保護者に飲んでいただきました。

そのあと、保護者が点てた抹茶を子どもたちが

飲みました。

お互いに「おいしいよ」と笑顔で飲んだ感想を

言い合う姿に微笑ましたく、よい機会になったと

感じています。

 

高山先生、お茶同好会のみなさま、ありがとうございました。

 

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

例年に比べると暖かいお正月でした。皆様お障りなく

年を越されたかと思います。

1月8日の始業式当日に暴風警報でいきなり休園となるスタートでしたが、

9日には予定とおり、お正月会、とんどができました。

今年一年もこどもたちが元気いっぱい園生活を過ごしてくれるように

願っております。

 

音楽会・短大交流会・クリスマス会・しめ縄作り

12月は音楽会、年長は短大との交流会、クリスマス会、しめ縄作り(年長保護者)と

たくさんの行事がありました。

今回はまとめてアップします。

それぞれの行事に参加した子どもたちはとても楽しんでいましたし、

保護者の方からも音楽会など感動したと好評価をいただきました。

年末まであとわずかとなりましたが、子どもたちが元気に通園して

くれることを願っています。

 

年長組 福知山へ行く

11月11日(月)年長組は福知山市にある三段池公園に行きました。

行く直前に雷雨となり、園庭にバスを入れて濡れないように

乗車しました。

バスに乗ってからは天候も回復し、福知山に着く頃には秋空に。

 

着いてすぐに科学児童館でプラネタリウムを見て、

巨大遊具や化学の実験をして楽しんでいました。

 

お弁当タイムはあたたかな日差しをうけて

植物館前で。

あっという間に食べ終わり、

最後の動物園へ。

 

動物園ではグループに分かれてエサをあげました。

クラシカルな方法でエサをあげるのがこの動物園の良さです。

 

みんなで少しずつ順番にエサをあげていました。

 

ほどよい広さの動物園で園長も大好きな動物園。

こどもたちは「もう帰るん?え~」って言いながら

帰路に着きました。

 

三田祥雲館高校との交流会に続いて

お弁当を作ってくださった保護者の皆様

ありがとうございました。

 

三田祥雲館高校との交流会

11月7日(木)年長組は三田祥雲館高校との交流会に行きました。

春に行った時は雨でしたが、今回は小春日和で暖かく、

子どもたちはペアになった高校1年生の生徒さんと丘の上を

走り回っていました。

室内では折り紙、塗り絵、紙飛行機などを作っていました。

生徒の顔ぶれは前回とは違いますが、2回目の訪問で

子どもたちが高校生と打ち解けるのに時間はかかりません。

中には、「虫を探すから持ってて」と自分のカバンをちゃっかり

持たせる子もいたり、膝の上に座って話し込んだり。

あっという間の交流に高校生も最後まで手を振って見送ってくれました。

 

小春日和の秋まつり

11月2日(土) 晴天のポカポカ陽気の日。

保護者の会主催の秋まつりと作品展がありました。

作品展は新たな

取り組みとしてみんなで同じテーマで

各クラスごとに題材を決めて行った作品展は

「おみせやさんごっこ」

今年から幼稚園教育要領が変わり、子どもたちが

主体的に活動するカリキュラムを取り入れています。

その一環として今回の作品展があります。

考えて・作って・遊んでの過程をドキュメンテーションで

ご覧いただきながら、遊戯室いっぱいに広がった

各お店やさんでした。

絵の展示は、子どもたちが今年描いた絵の中から一番好きな

絵を展示しました。

 

秋まつりは保護者のみなさまがたくさん手伝ってくださり

どのコーナーも活気があり、園児の笑顔がたくさん見られました。

 

今年も課題が見つかりましたが、みなさんがとても助け合い、工夫し合い

子どもたちのために励んでくださった姿に感動しています。

 

三役さんをはじめ、クラス委員さん、各コーナーを担当された保護者の

皆様、そして遊んで食べて笑顔を見せてくれたファミリー、

心より御礼申し上げます。