園からのお知らせ

園外散歩「神陵台中学校で遊ぼう」(年長組)

年長組園児が、10月11日(木)に神陵台中学校に行き、

 

中学3年生のお兄さんお姉さん達と交流活動を行いました。
この交流活動は、神戸市が公立中学校の3年生を対象に実施している

 

「プレ親体験事業」に、当園が協力し、活動させていただいているものです。

 

「プレ親」とは、将来親となる中学3年生に、

 

ふだん接することのない幼稚園児達との接し方等を、交流活動を計画し、

 

実施するという体験活動を通して学ばせようとするものです。

 

6

 

 

 

 

 

 

 
始めはぎこちなく、どのようにやり取りしようかと迷っていた中学生も、

 

曲に合わせて楽しく踊る幼稚園児と一緒に踊り、言葉を交わし、触れ合う中で、

 

幼稚園児への関わりを楽しむようになっていました。

 

なかなか素直に自分自身を表現しにくい中学生という年頃ですが、

 

幼稚園児の素直な姿に、自然と感じるものがあったのでしょう。

 

園児にとっても、しっかり関わろうとしてくれる中学生のおかげで、

 

楽しい時間を過ごすことができました。

第49回 運動会

10月7日(日)、第49回運動会を行いました。
本年度は、開催日を久しぶりの日曜日として実施しましたが、

 

予想していた以上に、多くの保護者の方々にご来園いただくことができました。

 

有難うございます。嬉しかったです。
子ども達は、短期間の練習にもかかわらず、それぞれの演技で、頑張りを見せてくれました。
1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、当園では運動会での各演技の紹介や準備での用具運び等を職員が行うのではなく、年長組全園児が、

 

役割を分担しながら、責任を持って行事に参加するといった体験をさせるようにも取り組んでいます。

 

年長組園児にとっては、自分が演技するということだけでなく、

 

園の行事のために役割を果たすことに、子どもなりの達成感を感じているようです。

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 
閉会行事の中で、最後まで残ってくださった保護者の皆さんに、

 

園長として子ども達への称賛や励ましの拍手を改めてお願いしましたが、

 

盛大な拍手をいただいた時の子ども達の笑顔が印象的でした。(園長)

「暑さ寒さも彼岸まで」

先日、湊川相野学園の用務で、三田市に行ってきましたが、

 

車から見える田畑のあぜ道に、赤や白のマンジュシャゲ(彼岸花)が綺麗に咲いているのを見掛けました。

 

台風21号の通過後のここ数日の気温の変化を、

 

植物は当たり前のように感じ取り花を咲かせているのにあらためて感動しました。

 

秋のお彼岸は、秋分の日を中日として、その前後3日ずつを含めた7日間がお彼岸の期間とされています。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」というこの慣用句は、このお彼岸の頃になれば、

 

秋分の日を境に日が短くなっていき、暑さが和らぐとのことですが、

 

正に季節や気候の変化を言い表した言葉だと思います。

 
この夏の異常なまでの暑さ(生命の危険なと言った表現)や経験したことのない異常な進路をとる台風等々。

 

これらの異常気象は日本に限ったことではなく、世界各地で起きています。

 
地球規模の気候変動がささやかれだして久しいですが、

 

経験したことのない異常気象を現実に体験するようになり、

 

多くの皆さんが本気で環境を守る取り組みを推進しなければ、

 

地球が(生命が)危うくなっていると感じておられるのではないでしょうか。

 

地球にやさしい暮らし方を、身近なことから進めていかなくてはならないと強く感じたこの夏でした。

 

 

2学期が始まりブログの更新を、と思いながらついつい日が経ってしまいました。

 

幼稚園では今、子ども達が、10月7日(日)の運動会に向けて頑張って取り組んでいます。

 
今年の運動会は日曜日の開催としています。多くの皆さんのご来園をお待ちしています。(園長)

 

 

1学期の終業式を迎えました。

 

7月18日(水)、全園児揃って、一学期を終える終業式を行いました。

 

4月9日の始業式をスタートして、約4か月間の一学期を無事終える事ができました。

始業式や入園式の時と比べ、色々な活動や行事を通して、子ども達は着実にしっかりと成長したことを感じさせてくれています。

明日からの四十数日はお家で過ごしますが、幼稚園で身につけた習慣等をご家庭でも大切にして頂けると嬉しいです。

 

夏休みにこそ取り組みやすい家庭で育てる習慣やいろいろな体験を子ども達ができますよう願っています。

 

一学期間、当園に賜りましたご支援やご協力に深く感謝するとともに、二学期からもよろしくお願い致します。

 

二学期の始業式には、全員の元気な顔が見られることを願っています。

良い夏休みをお過ごしください。

(園長)

 

 

夏まつり たくさんのご参加有難うございました。

まず初めに、この度の西日本豪雨で被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

 

報道等で被害が日にちの経過と共に拡大していく状況に、改めて驚かされています。
さて、先週末に予定していた夏まつりでしたが、

 

西日本豪雨のため、園が2日連続しての休園となり、

 

ようやく予備日としていた7月9日(月)に行うことができました。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、近畿地方も梅雨明けが発表され、強い日差しと真夏日の気温でした。
七夕に向けて作製した笹飾りで飾り付けたやぐらを中心に、

 

お買いものごっこや集合写真を撮影したあと、夏まつりがはじまりました。

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達の歌「おまつりだ」や年長組さんの神輿を担いでの練り歩きでスタートし、

 

子ども達のいくつもの踊りや親子での踊りが披露され、園庭に踊りの輪が広がりました。

 

夕暮れ時になると心地よい風も吹くなどしてくれ、

 

夏まつりの楽しい雰囲気を皆さんで盛り上げていただけたひと時でした。

 

 

最後になりましたが、保護者の皆様には、翌日の保育に支障がでないようするために、

 

やぐらの解体やいろいろな物品の片づけにご協力をいただき、本当に有難うございました。

 
このように多くの保護者の皆様にご協力いただけることが、

 

私たちの仕事への励みにもなります。今後ともよろしくお願いいたします。(園長)

七夕まつり会(敬老ご招待)

今年も「七夕まつり会」(敬老ご招待)を7/2(月)に行い、

 

DSC_1533

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山のおじいさま、おばあさまにお越しいただき、子どもたちの成長を楽しんでいただきました。

 
当園では、日本の文化や季節に関わりある行事等を行い、

 

 

子ども達にもそれらに興味や関心を寄せてくれるよう保育を行っています。

 

 

また、おじいさまやおばあさまにお孫さんの成長を

 

 

感じていただく機会を季節の行事等の折に設け参加いただいています。

 

DSC_1521

DSC_1530

 

DSC_1554 DSC_1518

 

DSC_1587DSC_1572

 

子ども達には、多くの大人との関わりの中で成長していることを少しでも感じてもらえればと思っています。

(園長)

プール開き(さあ夏だ プールで楽しく水遊び)

今週の水曜日(6/21)、子ども達が楽しみにしていたプール開きの行事

 

(プールでの事故が無いように、また、みんなが楽しく遊べるようにとみんなでお願いし、テープカットをしました)をし、

 

DSC_1427

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間ですが水遊びを楽しみました。

 
当園には、立派な常設のプールがあります。

DSC_1423

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、当園では、このプールを活用して夏期に毎日、

 

子ども達の大好きな水遊びを行っています。

 

DSC_1457

 

 

 

 

 

 

 

 

 
顔に少しの水がかかっただけでも泣き出していた子どもも、

 

お友だちと水のかけっこをする中で、水が顔にかかることが平気になったりもします。

 

また、水の中で感じるいろいろな感触などなど、楽しい楽しい水遊びです。(園長)

食育(幼稚園で育てたイチゴをジャムにしていただきました)

当園には、園庭周辺や東園舎の北側などに野生化した(栽培していない)イチゴが自然と増え育っています。

 

また、今年も東園舎北の園の畑では、イチゴ畑を作って育てていました。

 

今年は条件が良かったようで、イチゴが豊作となり、5月の中旬から下旬にかけて、

大きないちごあるかな??

 

園児たちはイチゴ狩りと収穫した一部をいただいて、楽しみました。

 

 

6月7日(木)、先生たちが、子どもたちの収穫したイチゴを冷凍保存しておいたものを材料に、

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴジャムを作りました。

 

お鍋いっぱいのいちご

レモンを絞って出来上がり

 

そして今日、そのイチゴジャムをクラッカーにつけて、みんなでいただきました。

 

 

DSC_1259

いちごジャムの作り方も教えてもらったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちは、お皿に付いて残ったジャムまでも、なめそうな勢いで嬉しそうに楽しみました。

 

 

DSC_1222

DSC_1231

 

 

 

DSC_1266

DSC_1257

 

 

 

DSC_1242

DSC_1249

 

 

食育の中では、ただ食べるということだけでなく、自分が関わることで食べ物とのつながり等が学べます。

 

 

幼児であっても、ご家庭でいろいろなことが学べるのが食育だと思っていますのでよろしくお願いします。(園長)

ヴィッセル神戸 キッズサッカークリニックを実施しました

6月8日の金曜日、

 

 

当園にヴィッセル神戸さんから2名の指導者(小亀卓也さん、中西 功さん)にお越しいただいて、

 

 

キッズサッカークリニックを実施しました。

 

 

当日は残念ながら雨が降ったため、遊戯室での実施となりましたが、

 

 

2-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加した年長組さんは、いろいろと体を動かすゲーム的なものから

 

 

2-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールをゴールに向かってシュートするなど、

 

 

楽しく体を動かすことを味わうことができました。有難うございました。(園長)

年長組園外保育で明石市天文科学館へ行ってきました

6月7日の木曜日、年長組さんは明石市の天文科学館に行き、

 

 

時計や宇宙の展示物を見学したあと、プラネタリウムで七夕アワーという七夕の物語にちなんだ

 

 

キッズプログラムを楽しんできました。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計や宇宙の展示は、幼児には難しいので、明石市と日本標準時について簡単に説明してみましたが、

 

 

どうだったでしょうか。(少しでも記憶に残してくれていれば嬉しいですが・・・・)

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラネタリウムでは、慣れない環境(薄暗い半円ドーム)に不安がるお友だちもいましたが、

 

 

ドームに数えきれない星たちが投影されると、

 

 

子どもたちは控えめではありましたが驚嘆の声を漏らしていました。

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常ではなかなか星を観察することも、

 

 

また街の光のためにあれほど多くの星々を見ることの少ない子どもたちでしょう。

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工的であっても星空の美しさを少しでも感じてくれていることを願います。(園長)