6月2018

食育(幼稚園で育てたイチゴをジャムにしていただきました)

当園には、園庭周辺や東園舎の北側などに野生化した(栽培していない)イチゴが自然と増え育っています。

 

また、今年も東園舎北の園の畑では、イチゴ畑を作って育てていました。

 

今年は条件が良かったようで、イチゴが豊作となり、5月の中旬から下旬にかけて、

大きないちごあるかな??

 

園児たちはイチゴ狩りと収穫した一部をいただいて、楽しみました。

 

 

6月7日(木)、先生たちが、子どもたちの収穫したイチゴを冷凍保存しておいたものを材料に、

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴジャムを作りました。

 

お鍋いっぱいのいちご

レモンを絞って出来上がり

 

そして今日、そのイチゴジャムをクラッカーにつけて、みんなでいただきました。

 

 

DSC_1259

いちごジャムの作り方も教えてもらったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちは、お皿に付いて残ったジャムまでも、なめそうな勢いで嬉しそうに楽しみました。

 

 

DSC_1222

DSC_1231

 

 

 

DSC_1266

DSC_1257

 

 

 

DSC_1242

DSC_1249

 

 

食育の中では、ただ食べるということだけでなく、自分が関わることで食べ物とのつながり等が学べます。

 

 

幼児であっても、ご家庭でいろいろなことが学べるのが食育だと思っていますのでよろしくお願いします。(園長)

ヴィッセル神戸 キッズサッカークリニックを実施しました

6月8日の金曜日、

 

 

当園にヴィッセル神戸さんから2名の指導者(小亀卓也さん、中西 功さん)にお越しいただいて、

 

 

キッズサッカークリニックを実施しました。

 

 

当日は残念ながら雨が降ったため、遊戯室での実施となりましたが、

 

 

2-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加した年長組さんは、いろいろと体を動かすゲーム的なものから

 

 

2-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールをゴールに向かってシュートするなど、

 

 

楽しく体を動かすことを味わうことができました。有難うございました。(園長)

年長組園外保育で明石市天文科学館へ行ってきました

6月7日の木曜日、年長組さんは明石市の天文科学館に行き、

 

 

時計や宇宙の展示物を見学したあと、プラネタリウムで七夕アワーという七夕の物語にちなんだ

 

 

キッズプログラムを楽しんできました。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計や宇宙の展示は、幼児には難しいので、明石市と日本標準時について簡単に説明してみましたが、

 

 

どうだったでしょうか。(少しでも記憶に残してくれていれば嬉しいですが・・・・)

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラネタリウムでは、慣れない環境(薄暗い半円ドーム)に不安がるお友だちもいましたが、

 

 

ドームに数えきれない星たちが投影されると、

 

 

子どもたちは控えめではありましたが驚嘆の声を漏らしていました。

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常ではなかなか星を観察することも、

 

 

また街の光のためにあれほど多くの星々を見ることの少ない子どもたちでしょう。

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工的であっても星空の美しさを少しでも感じてくれていることを願います。(園長)