対面式

新学期がスタートして、二週間が経ちました。

 

 

今日(4/20)は、新学期が始まってから、全園児が園庭に初めてそろって、対面式を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年長組からひよこ組のお友だちまでがみんな一緒になって、体操や仲良し遊びをして、楽しく過ごしました。

 

DSC_1010

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1009

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、年長組になった子どもたちは、年中や年少・ひよこのお世話やリードをしながらの活動に、

緊張しながらも頑張っていました。

 

 

DSC_1014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、年少組や三歳児クラスからは、子どもたちの泣き声等が聞こえてきますが、

 

子どもたちは、少しずつですが、着実に集団での遊びや園生活に慣れてきており、

 

私が園内を歩いていると、楽しそうに声をかけてくれるようになってます。(園長)

 

 

平成30年度の新学期がスタートしました。

4月11日の始業式(在園児の進級)に続いて、

 

今日(4/12)、新たな入園児を迎える入園式を終え、

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度がスタートしました。

 

心新たに気持ちの引き締まる思いで一杯です。

 

入園式のあいさつの中でも、本園の教育・保育への取り組みに、

 

保護者の皆様のご理解とご協力を改めてお願いした次第ですが、

 

このブログ等を通した情報発信にも取り組み、皆様のご期待にそうよう、

 

新職員も含め頑張る所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。(園長)

ひなまつり会を行いました。

先週末の金曜日(3/2)に、園内でひなまつり会を行いました。

 

 

DSC_0425

 

 

 

 

 

 

 

当園では、一年を通して、季節感を大切にした日本の伝統行事を楽しむよう、

園での活動に取り入れています。

 

 

また、子どもたちのおじいさまやおばあさまをお招きして、

 

 

DSC_0447

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に遊んでいただきながら子どもたちの成長を楽しんでいただく機会を、年に数回組み入れており、

 

 

今回のひなまつり会もその1つでした。

 

 

二部制で実施しましたが、100名ほどの方がご参加くださり、

 

 

DSC_0462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちとダンスや昔遊びを一緒に楽しんでいただき、

 

 

 

DSC_0473

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの健やかな成長を祝うことがました。

 

 

ご参加いただきました皆様はじめ、多くの方々に感謝申し上げます。(園長)

はばタンが神陵台幼稚園にやってきた

今日(2/21)、神陵台幼稚園にはばタンがやってきました。

 
当園では、今年度はじめて、兵庫県の農政環境部環境政策課が行っている事業「はばタンの環境学習」

 

を行いました。

 
この学習は、県の人気キャラクターである「はばタン」が、幼稚園にやってきて、

 

はばタンとお約束をして、子どもたちに環境にやさしい生活を呼びかけるものです。

 
当園では、①水を出したままで手洗いやうがいをしない ②テレビをつけっぱなしで本を読むなどしない

 

③傘でチャンバラなどをしない ④食べ残しをしない の4つの約束を子どもたちははばタンとしました。

 

はばタンとお約束をしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼントも貰ったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

私からは、子どもたちに「もったいない」の言葉を紹介し、お家でのもったいないをお家の方と話し合い、

 

「もったいない」のない生活をしようと呼びかけました。

 
身の回りにある何げない資源やものを大切にする心を、小さい頃から育むことは、

 

持続可能な社会を実現していくためにも必要なことです。

 

どうぞこの機会にいろいろな「もったいない」について話し合ってみてください。

 

そして簡単にできることから実行するようにしてください。(園長)

生活発表会

2月10日(土)、お天気はあいにくの雨模様でしたが、

 

乾燥気味の空気や連日の寒さが少し和らいだようにも感じました。

 
子どもたちが(ご家族の皆さんも)楽しみにしていた生活発表会を行いました。

 

DSC_5945

 

 

 

 

 

 
子どもたちは、絵本をはじめいろいろな物語のお話を聞くのが大好きです。

 

たとえ一度聞いた同じお話であっても、読み聞かせなどが始まると

 

子どもたちは目をキラキラさせてお話に集中します。

 

きっとお話に登場する、人や動物等と自分を一体化させお話の世界に入り込んでいるのでしょう。

 

日常の保育の中では、お話遊びによる表現活動等に集中して取り組むことがなかなかできません。

 

生活発表会は、子どもひとり一人が物語の登場人物になりきることを楽しみながら、

 

お友だちとも協力して自分の役割を果たすこと、更には発表する中で物語を作り上げることで

 

達成感などを味わってほしいと願いながら取り組んできました。

 

ひよこ組(満3歳)の「ぞうくんのさんぽ」

ひよこ組(満3歳)の「ぞうくんのさんぽ」

 

 

 

 

 

 

 

 

年少組の「3匹のこぶた」

年少組の「3匹のこぶた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年中組の「赤ずきん」

年中組の「赤ずきん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年長組の「白雪姫」

年長組の「白雪姫」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は、多くの保護者やおじいちゃま、おばあちゃまがご来園くださり、

 

子ども達の頑張りにたくさんの励ましをいただきました。ありがとうございました。(園長)

 

節分豆まきを行いました。

立春を過ぎ、暦の上では春となりましたが、今週も厳しい寒波が西日本を覆いそうとの予報が出ています。

 

インフルエンザもまだ終息しそうにもなく穏やかな春の訪れが待ち遠しく思われます。

 

 
さて、先週末(2/2)、園庭で全園児と「ふれあいひろば」に参加されたお友だちとで

節分の豆まきを行いました。

 

子ども達が自分で作成した鬼の面を、各自がかぶり鬼になりきってみんなに披露したり、

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各担任を鬼にみたてての豆まき練習など雰囲気が盛り上がったところで、今日の主役(鬼)が登場です。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚いて逃げようとする子や恐怖に泣き出す子もいましたが、「鬼は外」の掛け声を大声で言いながら、

必死に豆を鬼にぶつける子どもたち。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなでこわい鬼を退治して、大きな歓声が上がりました。

 

季節にかかわるいろいろな日本の伝統行事は、今後も大切にしていきたいものです。(園長)

新年明けましておめでとうございます。

今年の正月三が日は比較的穏やかな天候で、私はのんびりと過ごすことができました。

 
平成30年も自然災害や人災の少ない一年であってほしいと願うものです。

 
さて、園では三学期の始業式を今日(1/9)行いました。

 

 

新年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬休み中に入院を要するような大きな怪我や事故などの報告もなく、

 

子どもたちみんなが、元気に登園してくれたことを全職員で喜んでいます。

 

式のはじめこそ少し落ち着かない様子を感じましたが、

 

新年並びに朝のあいさつを元気よく大きな声で交わすとすっきりと落ち着いた雰囲気に変わり、

 

気持ちの切り替えができるように育っていると確信しました。

 

さあ、今年度のまとめの学期として、次年度のステップを意識しながら、

 

全職員で協力して取り組んでいきますので、ご理解ご支援をよろしくお願いいたします。(園長)

 

2学期の終業式

今日(12/20)、2学期の終業式を遊戯室で行いました。

 
全園児がそろっての式ですが、動き回ったりお友だちとおしゃべりするなどが一つもなく、

私や先生たちからのお話も集中して聞く子どもたち様子に、成長を感じました。

 

 

明日から1月8日までのしばらくのお休みですが、ケガや病気などしないで、楽しく新年を迎えてほしいです。

 

2学期は行事等も多く、多くの保護者の皆様のお世話になりました。本当に有難うございます。

 
どうぞ良い新年をお迎えください。
 

交通安全教室(親子学級)を開きました。

昨日(12/19)、垂水警察署交通課(交通安全協会)のご協力をいただき交通安全教室を開きました。
指導員の方から、手品や腹話術を使いながら、道路や交差点のわたり方のお話と園庭での実習で、子どもたちはしっかりと約束事(決まりやルール)を守ることの大切さを学んでくれました。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切な命を自分で守るよう行動させるための躾です。

 

子どもたちにとっては、私たち大人の行動こそがその手本となるものです。注意して行動していきたいと思います。ご家庭でもよろしくお願いいたします。(園長)

 

 

もちつき大会をしました。

先週末の金曜日(12/15)、園庭でもちつき大会をしました。

 

幸いにもこの時期としては、風もなく穏やかで温かなお天気のもとで

実施できました。

 
役員のお母さん方はじめ、つき手としてお手伝いくださったお父さん方のご協力をいただいて、

子どもたちは日本の伝統的行事を体験することができました。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

世界がグローバル化している今日です。

 

当然、日本もその中で通用していくように変わっていかなければなりませんが、

日本の伝統や文化は、「日本らしさ」を受け継ぐ意味で、今後も大切にしていきたいと思っています。

 

ご協力くださった保護者の皆さん、参観いただい保護者の方々、本当に有難うございました。(園長)